見逃し配信スタート! BS11アニメ公式 Teitter

アニメ番組詳細

番組紹介

出演者・スタッフ

過去のラインアップ

第1話  続きを読む | 閉じる

世界中の問題を、各国で協力して解決するための"世界会議"。
その席上で、若くエネルギッシュなアメリカがリーダーシップをとる。
しかしあまりに個性的なアメリカの提案をうけ、出席者たちはそれぞれに意見を出しあい、会議は混乱におちいっていく。

第2話  続きを読む | 閉じる

WWⅠ時に、ドイツはイタリアへ向かい進んでいた。
彼は、イタリアがかつて地中海の覇者であったローマ帝国の子孫であるため、警戒しながら境界を越える。
その道中、明らかに怪しげなトマトの箱を見つけてしまった。

第3話  続きを読む | 閉じる

ドイツに捕らわれたイタリアは、もち前の能天気な性格から、
捕らわれの身である自分の世話をしてくれる彼にすっかりなつき、WWⅠ後も何かとドイツを頼りつづけていた。
やがてWWⅡが始まり、イタリアは友達になろうとドイツを誘う。

第4話  続きを読む | 閉じる

趣味は空気を読んで、発言を控えることであるという日本。
そんな日本はドイツから、仲間となるイタリアを紹介されることに。文化・歴史など色々な意味で
尊敬すべき相手と聞き及んでいるだけに、日本はまだ見ぬイタリアとの初対面に心を躍らせる。

第5話  続きを読む | 閉じる

青い空、白い雲、輝く海。ひょんなことから美しい南の島でくつろぐこととなったイタリア、ドイツ、日本の三人。
波打ち際を走り回りはしゃぐイタリア、黙々と作業をするドイツ、果物ややしの実を見つけて微笑む日本。
それぞれがのんびりとした時間を過ごす浜辺には、大きくSOSの文字が書かれていた。

第6話  続きを読む | 閉じる

南の島で遭難してしまい、焚き火を囲むイタリア、ドイツ、日本の三人。
静かな夜の浜辺に、穏やかな時間が流れる。そんな三人を見つめる連合の五人。
騒々しく監視を開始した彼らは、やがて三人に対抗し、アメリカの発案でキャンプファイアーを始める。

第7話  続きを読む | 閉じる

ドイツに兄のロマーノを紹介するイタリア=ヴェネチアーノ。
ヴェネチアーノとは反対に、怒りっぽく口の悪いところがあるロマーノにどう接すればよいか、ドイツは悩む。
一方ヴェネチアーノは、ロマーノにドイツを好きになってもらおうと、ドイツのよいところを次々と並べていく。

第8話  続きを読む | 閉じる

イタリアがつかまった!
つかまえたアメリカ、イギリス、フランスの三人は嬉々としてドイツに連絡をする。
しかしイタリアは捕らわれの身にも関わらず持ち前のヘタレっぷりを発揮。
ドイツも三人も、イタリアの思いもよらない行動の数々に呆れたり凹んだり、ショックをうけたり・・・・・・。

第9話  続きを読む | 閉じる

各国の役割分担を決めるため、連合会議が始まった。
リーダーシップをとるアメリカが、颯爽とみんなの役目を読み上げる。
しかし相変わらず個性的すぎるアメリカの提案にイギリスが反対したのをきっかけに、
それぞれが自分の意見を主張しはじめ、会議はあらぬ方向へ進んでいく。

第10話  続きを読む | 閉じる

連合の二次会議にひとりだけ呼んでもらえなかったフランス。
フランスはくやしさのあまり泣き崩れるものの、少し納得しそうになってしまい、慌てて過去の栄 光の記憶を振り返る。
かつてフランスで活躍した数々の英雄を思い出し、自信を取り戻そうとするが、常に邪魔をする人物の姿があった。

第11話  続きを読む | 閉じる

長年の夢だったちびたりあと一つ屋根の下に住むこととなった神聖ローマ。
しかし次第に家の周りは不穏な雰囲気に。
ある日の朝、ちびたりあとハンガリーが起きると、家には彼らとオーストリアの三人しか居なかった。
訳の分からないまま、いつも通り掃除をするちびたりあに、神聖ローマは話しかける。

第12話  続きを読む | 閉じる

「イギリス、お前に伝えたいことがある」
どんよりと落ち込み、やつれたフランスが、重々しく切り出した。
そのあまりの内容にイギリスは絶句する。性質の悪い冗談かと笑い飛ばせば、フランスは至って真剣だ。
ビビるイギリスに、フランスは思い詰めた様子であるものを差し出した。

第13話  続きを読む | 閉じる

ドイツに破れ、地面に倒れ伏すイギリス。
悔しさにリベンジを誓うイギリスは、他の国に知られていない最強の武器を使うことにした。
魔法陣にドイツ人形をくくりつけ、黒マントに身を包み、全力でドイツを呪うべく、イギリスは自信満々に号令を掛けた。
果たしてイギリスの魔術は成功するのか!?

第14話  続きを読む | 閉じる

あなたはドイツとなって、スーパーで買い物をしています。
あなたは運良くソーセージをしこたま入手することが出来ました。しかしそこからが問題だったのです!
ドイツの視点で日々の暮らしを描いた日常シミュレーション「ドイツジンシミュレーター」、続きは見てのお楽しみ!!

第15話  続きを読む | 閉じる

イタリア、ドイツと同盟を組み、新たに彼らの文化に接することとなった日本。
見知らぬ文化に驚き、ときに理解に苦しみつつも、二人との交流を通し徐々に馴染んでいく。
イタリアと共にドイツから特訓を受ける日本。
しかし日本の必死の努力も、イタリアのヘタレな言動でおかしなことになっていく。

第16話  続きを読む | 閉じる

ある日、体のあちこちの痛みに耐えつつ歩く中国が出会った、見慣れない子供。
日本と名乗ったその子供を中国は一目で気に入り、なにくれとなく世話を焼き始める。
日本は中国の教える様々なことを覚え、順調に大きくなっていく。
中国は日本の目覚ましい成長を、鼻を高くして見守っていた。

第17話  続きを読む | 閉じる

よく晴れた日に、アメリカは倉庫掃除をしようと思い立つ。
リトアニアが手伝いを申し出るのも断り、ひとり暗い部屋に入っていく。
そこは百年以上も掃除をしていない、年代物でいっぱいの物置きだった。
何度掃除しようとしても出来なかったその部屋を、今日こそは綺麗にしてやるとアメリカは意気込む。

第18話  続きを読む | 閉じる

浜辺でのんびりと焚き火を囲むイタリア、ドイツ、日本の三人。
しかし不穏な気配を察し、ドイツと日本が身構えながら立ち上がると、連合の五人が崖の上から彼らを見下ろしていた!
アメリカの号令で飛び出した中国の猛攻に、為す術も無い三人。
イタリアが白旗を振って泣きじゃくる最中、大きな地鳴りが響き始めた。

第19話  続きを読む | 閉じる

アメリカが連合会議を始めようとすると、中国がひとり遅れて会議室に入ってきた。
遅刻したもののマイペースを貫く中国は、イギリスに迷惑がられるのも気にせず会議室に仲間を呼び込み、
何かを作り始める。連合会議が続けられる中、室内には工事音が鳴り響く。
そして彼らの背後に出来上がったのはなんと!?

第20話  続きを読む | 閉じる

倉庫掃除を始めたアメリカは、古いマスケット銃を見つけた。
銃身についた傷に、深く眠っていた記憶がよみがえる。
土砂降りの雨の中、震える手でマスケット銃を構える青年の頃のアメリカ。
その銃口の先には、苦悶の表情を浮かべたイギリスがいた。
まさにその時、アメリカは自由を選ぼうとしていたのだった・・・・・・。

第21話  続きを読む | 閉じる

世界一小さい身体ながら、心も目標も大きなシーランド。
世界会議へ出かけ、みんなと仲良くしようとスイスやロマーノに挨拶するのだが、なぜか返事をしてくれない。
不思議に思いつつ、更に日本に挨拶しても、遠くから会釈を返すだけ。
愛想のないみんなの態度に拗ねつつも、シーランドはふと気付いたことがあった。

第22話  続きを読む | 閉じる

オーストリアの家を出ることを決めたものの、ずっと言い出せずにいた神聖ローマだったが、
とうとうちびたりあに別れを告げた。
突然の別れに驚いたちびたりあは、立ち去ろうとする神聖ローマを泣きながら呼び止めた。
神聖ローマが振り返ると、ちびたりあは自分の代わりに持っていて欲しいとあるものを手渡す。

第23話  続きを読む | 閉じる

スイスを兄のように慕う少女・リヒテンシュタインは、ある日、長い髪をばっさり切ってしまう。
リヒテンシュタインの髪に気が付いたスイスは驚き、強い調子で問い詰めるが、
彼女が自分のマネをしていると聞き、思わず納得してしまう。
だが、そこには一つ落とし穴があった。

第24話  続きを読む | 閉じる

スイスとリヒテンシュタインがスーパーに出かけると、オーストリアと出会う。
オーストリアはふたりを昼食に誘ってきた。気まずい雰囲気でテーブルを囲む三人。
そんな中、食べこぼしたリヒテンシュタインの口元をスイスが拭った。
そのスイスの仕草にオーストリアが幼少時代を思い出した時、突然プロイセンが乱入してきた!

第25話  続きを読む | 閉じる

アメリカを訪ねて田舎道を歩く若き日のイギリス。
ヨーロッパでフランスに邪険な扱いをされ荒んでいたが、幼いアメリカの大歓迎をうける。
上機嫌になったイギリスは、得意の手料理をふるまうのだが・・・。

第26話  続きを読む | 閉じる

バズビーズチェア。
それはイギリスの持つ呪いの椅子。その椅子に座った者は短期間で亡くなってしまうとの噂だ。
イギリスはアメリカを呪ってやろうと連合会議の椅子をバズビーズチェアにすり替え、アメリカを待っていた。
しかしそこに、やって来たのはロシアだった!

第27話  続きを読む | 閉じる

連合会議でアメリカが、ドイツの日誌を取り出した!
五人はドイツの秘密を探ろうと、意気揚々と日誌を覗き込む。
しかし読んでみると、イタリアを助けるために西へ東へ奔走し、必死に頑張るドイツの日々が浮き彫りになる。

第28話  続きを読む | 閉じる

いつものように浜辺でくつろぐイタリア、ドイツ、日本の三人。寝ていたイタリアは突然起き上がると、あるものを作り始めた。
そんな中、崖の上に現れたのは連合の五人。中国の猛攻に三人はあっさり捕まってしまい、イタリアは泣きじゃくる。
するとどこからともなく、鈴の音が響き始めた。

第29話  続きを読む | 閉じる

連合会議から自宅に帰ったロシアを出迎えるリトアニア・エストニア・ラトビアの三人。
彼らはロシアにおびえつつも、怒らせないよう色々と気を使う。
しかし、素直すぎる性格が災いし失言を繰り返すラトビアに、リトアニアはハラハラしっぱなしで・・・・・・。

第30話  続きを読む | 閉じる

日本の家に遊びにきたイギリス。馴染みのない日本の風景や文化にとまどいつつも興味津々。
だが、彼を迎える日本は、なぜか心配そうにイギリスを見るのだった。
違和感を感じつつも、日本にすすめられ、露天風呂に向かったイギリスは、そこで出会った湯客と楽しい時間を過ごす。

第31話  続きを読む | 閉じる

学園ヘタリアの壁新聞のテーマは各国のクリスマス。
イタリア、ドイツ、日本の三人は面白い記事を書こうと、さっそく取材に出かける。
みんなから色んなクリスマスのイベントや過ごし方を聞いて回る三人。
そんな中、三人を追いかけるように見え隠れする一つの影があった。

第32話  続きを読む | 閉じる

ある晩、寝苦しさに目覚めたドイツ。うなされつつ目を開けた先には、奇妙な男が立っていた。
かつての地中海の覇者・ローマ帝国であると名乗ったその男は、激しく警戒するドイツにもやたらと馴れ馴れしい。
頭を抱えるドイツにもかまわず、自分勝手に語り続けるのだった。

第33話  続きを読む | 閉じる

アフリカに来たイタリアとドイツ。数で勝るイギリスとアメリカに追いかけられ、一息ついた二人。
能天気なイタリアは、呆れつつも心配するドイツの隣で、にこやかに流れ星に願い事をした。
呆れかえったドイツはイタリアをテントに押し込んで、ひとり見張りに戻る。

第34話  続きを読む | 閉じる

連合会議に参加するべく、早足に廊下を歩くアメリカ。
珍しく一番乗りだと張り切り、後から来たみんなに余裕のそぶりを見せ付けてやろうと意気込む。
しかし、会議室をのぞくと、そこには既にイギリスが!!イギリスは黒板に向かい、何かを描いているようだが・・・・・・。

第35話  続きを読む | 閉じる

そろそろ会議を始めようと、日本が声を掛ける。しかしイギリスは奇妙な違和感を覚えて、会議室のメンバーを数えた。
すると、八人いるはずの室内に居たのは七人!
ホラーな展開に焦り、謎の残りひとりを探し騒然とした瞬間、室内に大きな物音が響いた。

第36話  続きを読む | 閉じる

楽しいクリスマスの後、アメリカはどんよりと沈んでいた。
大きなイベントを終え、やる事のない長い冬をどう乗り切ればいいかと悩んでいたのだ。
一方日本は、大掃除など大晦日の準備に大忙し。
まずはおせち料理の材料を買いに行こうと、犬を連れ、小雪の降る外に出た。

第37話  続きを読む | 閉じる

ロシアとドイツが友達に。
ロシアがドイツの家を訪ねたりする日々の中、いつしかイタリアは、ドイツが自分の事を忘れてしまう不安に駆られてしまう。
どうすれば良いか、分からないイタリア。そんなイタリアに、フランスが教えてくれたアドバイスとは・・・。

第38話  続きを読む | 閉じる

掃除中に日本が拾った手紙。それはイタリアがドイツに宛てたものだった。
ドイツがロシアと友達になった今、ドイツが自分を忘れてしまうのではないか。
そんなイタリアの不安な気持ちを知ったドイツは、丘の上にポツンと座るイタリアの元に向かうのだった。

第39話  続きを読む | 閉じる

新大陸にフィンランドがスウェーデンと一緒に作った別荘。
その近くに、今まで見たことのない、不思議な男の子が現れる。
その話を聞いたフランスとイギリスは、その男の子はもしや自分たちの仲間ではないかと喜ぶ。
はたしてその男の子の正体とは?

第40話  続きを読む | 閉じる

新大陸の男の子・アメリカが果たして、どちらの弟かと言うことを巡り、延々と競い続けるフランスとイギリス。
ここは本人に決めてもらおうと、幼いアメリカに詰め寄る二人。
自慢の料理でアメリカを誘うフランスに対し、イギリスには対抗できるものがなく・・・・・・。

第41話  続きを読む | 閉じる

ある日、暇をもてあましたフランスは、ドイツの噂を流してやることにした。
イギリスを引き連れて、どんどん噂を広めていくフランス。
ドイツの噂があまりにうまく広まったことに、味をしめたイギリスが、今度はイタリアの噂を流そうと フランスに提案する。

第42話  続きを読む | 閉じる

ロシアには姉と妹がいる。姉はしっかり者のウクライナ、妹はとっても美人のベラルーシ。
それぞれ「ちょっと」変わったふたりをロシアが紹介する。
流石のロシアも姉と妹にはいつもと勝手が違うようで、振り回されぎみな日々が徐々に明らかに・・・・・・。

第43話  続きを読む | 閉じる

昔は姉のウクライナや他のみんなと一緒に大きな家に住んでいたロシア。今はひとりになって、少しだけ寂しい日々だ。
一度は離れた妹のベラルーシは、やっぱりロシアの傍に居たいと言ってくれるのだが、
その愛情表現はすこしだけ変わっていて・・・・・・。

第44話  続きを読む | 閉じる

スイスはリヒテンシュタインに自分を守るための方法を教えようと、自宅講習を開始した。
知らない人間には気をつけろと口を酸っぱくするスイス。
その熱心な指導に応えて、リヒテンシュタインも真面目に耳を傾けるのだが、どうしても気になることがあった。

第45話  続きを読む | 閉じる

その昔、家も周りも荒れて、食べるものも満足になく、ボロボロだったリヒテンシュタイン。
その彼女を助けたのが、隣にいたスイスだった。
ある朝、夢で当時を思い出したリヒテンシュタインは、何故あの時見返りも期待せず助けてくれたのかとスイスに尋ねた。

第46話  続きを読む | 閉じる

イギリスの周りで、フランス風の長くて美しい髪形が大流行した頃。
サラリと長髪をかきあげて自慢をしてくるフランスに、イギリスは反発しつつも、羨ましくて仕方が なかった。
水溜りに映った自分の姿をまじまじと見つめて、イギリスは自分の短い髪に手を伸ばす。

第47話  続きを読む | 閉じる

ある日、ポーランドの家を訪ねたフランスとイギリス。
大きくなってきたドイツに対抗するため、仲間になろうと誘いにきたのだ。
ソファーに座って向かい合い、真剣な表情でポーランドの意見を求めるふたり。
しかし当のポーランドは一風変わっていて・・・・・・。

第48話  続きを読む | 閉じる

苦しそうにベッドに横たわるイギリス。
慌てて走ってきたアメリカがイギリスの部屋に飛び込んだ時、目の前にいたのはなんと死神だった。
新開発のパンジャンドラムの製作中に重傷を負ったらしいイギリスは、もう息も絶えだえだ。
アメリカは涙交じりに声を掛けるが・・・・・・。

第49話  続きを読む | 閉じる

百年単位で引きこもっていた日本。アメリカの誘いを受け、消極的な姿勢ながらも文明開化への道を歩き始めた。
日本は家に遊びに来たフランスの文化を取り入れてみようと考える。
不思議なフランスの動作をいぶかしみつつも、見様見真似で覚えようとして・・・・・・。

第50話  続きを読む | 閉じる

今日はアメリカンなゲームを教えてやると言って、文明開化真っ只中の日本を訪ねたアメリカ。
『テーブルターニング』で何でも占えるのだと自信満々なアメリカに促されて質問をしてみる日本。
驚き、すっかり信じた日本は、アメリカに自分の悩みを打ち明け始める。

第51話  続きを読む | 閉じる

ビデオ片手に、アメリカが日本の部屋にやってきた。
怖いビデオを観たいがひとりだと怖すぎるのだとアメリカに懇願され、日本は困惑気味ながらも一緒に観ることに。
震えながらスイッチを入れるアメリカを見て、本当に怖いのかもしれないと日本は内心ドキドキする。

第52話  続きを読む | 閉じる

アメリカと間違われてばかりのカナダ。今日も会議の会場でアメリカと勘違いしたイギリスに話しかけられた。
フランスにも特徴が無いと言われてしまい、悔しさに拳を震わせながらも、返す言葉が無かった。
そんなカナダに、戸惑いがちに声を掛けてきたのは・・・・・・。

番組へのメッセージ

合計817件 最新の5件を表示

お願いします!

とあるヘタリア好き:2017/10/29(日)16:32

ヘタリアは世界史の勉強になりますし、
ギャグ要素が面白いので
楽しみながら学習できます!

再放送お願いします!

再放送してくれ(迫真)

ショタコン腐男子:2017/10/15(日)16:46

ヘタリア(の特にBL要素が)大好きです!
再放送してください!!
欲を言うなら一期から放送して欲しいです!
お願いします!

再放送してください!

トマト:2017/08/28(月)17:36

アニメが終わってしまってから
ヘタリアが好きになりました。
同じ人も沢山いるはずです。
どうか再放送してください!
お願い致します!

お願いします…!

温子:2017/03/16(木)20:23

ヘタリアがまた見たいです。
私のように思う人は沢山いるはずです!皆ヘタリアが大好きなんです!
歴史や地理の勉強にもなります!!
何年間も待ち続けてきました…。
何期でもいいですから…!!お願いします!

大ファンです

モソ:2017/01/04(水)19:50

ヘタリア再放送お願いしますm(__)m