紀行・教養 番組詳細

世界豪華客船紀行

写真:世界豪華客船紀行

 

  • 次回以降の内容
  • 過去のラインナップ

放送時間

毎週木曜日 よる8時00分~8時54分

世界豪華客船紀行2時間スペシャル
「ヨーロッパの歴史と文化に触れる、ライン川古城巡りクルーズ」
4月26日(土) よる8時00分~9時54分

番組にメッセージを送る 番組へのメッセージを見る

番組紹介

豪華客船で世界各地を巡るクルーズの旅。
オールスイートの豪華客船、アミューズメントパークとして魅力満載のアメリカ型クルーズシップ、帆船型スモールシップなど、
その快適なキャビンやエンタテイメント施設、多彩な食事などクルーズライフの魅力を存分にご紹介。
寄港地の美しい街並みや観光地などもたっぷりとご紹介します。

出演者・スタッフ

ナレーション:磯部弘

このページの先頭へ

次回以降の内容

第36回「東洋に見る西洋の輝き、世界遺産の街並みと幻想的な世界」(4月24日放送)

世界豪華客船紀行

イタリアの魂とぬくもりを伝える客船コスタ・ビクトリア。
ヨーロッパの優雅さとアメリカスタイルの快適さが融合する船内は、2013年冬にリニューアルしより洗練されたインテリアに変身。そのコスタ・ビクトリアで香港から中国とベトナムを訪れる船旅ならではのアジアの魅力満載クルーズをご紹介。多彩な魅力と活気あるアジアの金融センター香港の出港前には、東洋のラスベガスと呼ばれる発展目覚ましいマカオを訪れ最新事情もご紹介。クルーズは東洋の真珠と名高い中国 海南島、世界遺産にも登録され約3,000の島々や奇岩が幻想的な景観を創り出しているベトナムのハロン湾を巡ります。

世界豪華客船紀行2時間スペシャル
「ヨーロッパの歴史と文化に触れる、ライン川古城巡りクルーズ」(4月26日放送)

goukakyakusen_special_line.jpg

数々の素晴らしい風景を楽しみながら、ヨーロッパで最も重要な水路であるライン川836kmを下るリバークルーズ 。スイス・アルプスの玄関口で、フランス、ドイツ、スイス3国の国境が接しているバーゼルから、フランスアルザス地域圏の首府ストラスブール、数え切れないほどの古城と、伝説のローレライ岩を眺めながらロマネスク様式の教会や歴史的遺産の多いケルンへ。そして絵画のように美しい湖や運河のある街アムステルダムを目指します。クラシックエレガントな雰囲気の船内では、5つ星ホテルの快適で質の高いサービスで優雅な時間を過ごします。大型客船とは一味違ったリバークルーズの醍醐味を心ゆくまでお楽しみください。

第10回「ヨーロッパを貫く交易路 中世の佇まいを感じるドナウ河リバークルーズ」(5月1日放送)

世界豪華客船紀行

一年で最も輝くクリスマスシーズンに、中央ヨーロッパを貫く大河ドナウ沿いの港をヨーロッパ随一の優雅なリバークルーズシップAMAリラで巡ります。
コースは「ドナウの真珠」ブタペストから音楽の都・ウィーン、ザルツブルグそしてドイツのレーゲンスブルグ、ニュールンベルグまでまさにドナウ河のハイライトです。
見どころは河畔の素朴な街々のクリスマスマーケットと川岸に点在する古城、そして川面に映るクリスマスイルミネーションが贅沢な時を演出します。
船内にはメインラウンジやバー、ジャグジー、ギフトショップなどが配備され、お食事も豊富な食材を使い、現地のチーズやワインなども提供されます。洋上とは異なり左右に広がる美しい景色をドナウの流れのようにゆったりとご覧ください。

このページの先頭へ

過去のラインナップ

第1回「エリザベス女王即位60周年記念 豪華クイーン・エリザベス号で魅惑の地中海クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 豪華客船の名にふさわしい英国が誇る『クイーンエリザベス号』のクルーズをお届けします。
172年の歴史をもつ船会社のキュナードラインが2010年に就航させた新クイーンエリザベス号。伝統と格式を受け継ぐ内装は古き良き大航海時代にタイムスリップしているかのようです。ホワイト・スター・サービスと呼ばれる世界最高峰のサービスとクラスごとの専用のメインダイニングでのフルコースディナー。
自慢の図書館は2階建てで6,000冊もの蔵書数を誇ります。船は母港サウサンプトンより、一路大西洋を南下し、英国領ジブラルタルに寄港し、地中海のマヨルカ島を経て建築家ガウディを生んだ街であり西地中海のクルーズ船の一大基地バルセロナを目指します。

第2回「陽気なイタリアンシップで巡る、神話と遺跡のエーゲ海」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 クルーズの航路の中で特に人気のエーゲ海を訪れます。
白壁の建物が目に眩しい、断崖絶壁のサントリーニ島や迷路のような街並みと美しいビーチが広がるミコノス島、トルコのイズミールなど美しい自然と謎めいた神話や伝説の舞台となった島々をイタリアのカジュアルな客船コスタアトランチカ号で巡ります。
盛りだくさんな楽しい船内イベントや陽気でオシャレなサービスの船内と共にギリシャ神話の神々や英雄に思いを馳せ、古代ギリシャの遺跡や文化を堪能するクルーズをじっくりご堪能ください。

第3回「秋の味覚紀行 ぱしふぃっくびいなすの日本一周クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 世界一周も可能な日本の豪華客船『ぱしふっくびいなす』に乗船し、今回は横浜から神戸、天草、唐津、鳥取、室蘭、石巻と秋の日本一周クルーズをご紹介いたします。
日本列島の起伏に富んだ海岸線や島々、表情豊かな日本の魅力をゆったりと列島を巡りながら感じていただける人々の暮らしに根付いた風景など表情豊かな日本の魅力をゆったりと映像でお楽しみください。
今回は味覚紀行と題し、船内グルメはもちろん、各寄港地で特産の海の幸、山の幸を存分にご紹介。被災地石巻のさんま料理もあります。船内での安心日本語サービスや大浴場などリラックスできる日本船の魅力をお届けします。

第4回「大型アメリカンシップ リバティ・オブ・ザ・シーズで巡る地中海クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 2007年5月就航の16万トンの巨大なアメリカンシップに乗船する、地中海クルーズをお楽しみください。
今回の航路はスペイン・バルセロナからコート・ダジュールやイタリアの沿岸の寄港地を各駅停車のごとく毎日寄港し、イタリア・ナポリに向かいます。船内はまるでアミューズメントパークのような施設がいっぱいです。洋上最大のウォーターパークやファミリープール、大人のソラリウム、シアター、カジノ、パレードなど各世代が楽しめる大型アメリカンシップと、ヨーロッパの街並みをどうぞお楽しみください。

第5回「イタリアの大型カジュアル船で巡る東地中海クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 2012年5月に就航したばかりのイタリアンテイストの新造船「MSCディヴィーナ」はイタリア船ならではの陽気でフレンドリーなサービスと寛ぎを提供してくれるカジュアルシップ。
最新設備を誇り洗練されたイタリアン・デザイン、そしてイタリア料理をはじめとするシェフ自慢の料理の数々。優雅な雰囲気の中にも気取らないイタリアンスタイル。より快適に、よりリラックスした船旅を楽しむことができます。
寄港地は東西の文化の交差点として発展してきた東地中海。
ギリシャのカタコロンではオリンピック前に聖火の採火式を行うヘラ神殿がある世界遺産のオリンピア遺跡、トルコのイズミールではエーゲ海最大級のエフェソス遺跡、アジアとヨーロッパの2つの大陸がまたがる都市トルコのイスタンブール世界遺産の歴史地域、アドリア海の真珠ドブロブニクでは世界遺産の旧市街などをご紹介します。
サンマルコ広場を見下ろすベニスの出港、アヤソフィアとブルーモスクを望むイスタンブールの入港シーンは圧巻です。
クルーズファン人気の地中海の文明をたどる魅惑のクルーズをご紹介します。

第6回「雄大な大自然と神秘のオーロラに出会うノルウェーフィヨルドクルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 生活航路としてノルウェー沿岸を走るクルーズフェリー「トロルフィヨルド」。
ノルウェー西部へ人や物資を運ぶ生活に不可欠な航路として100年以上親しまれてきた定期船です。世界で最も美しい航路と謳われ、観光客船としてヨーロッパ人の間で人気を博しています。
中世ハンザ都市同盟の面影を残す世界遺産の町ベルゲンを出発し、アールヌーボの街並みが美しいオーレスン、中世の面影を残す歴史的建造物の宝庫トロンハイム、北極圏最大の町トロムソ、ヨーロッパ最北端の岬ノールカップの玄関口ホニングスヴォーグ、ロシアとの国境近くに位置する港町キルケネスを寄港します。船上から間近に見るフィヨルドや素朴な港町、そして船上から神秘なオーロラに出会う旅。
今回は、ノルウェー南部のベルゲンから北部のキルケネス間約2500キロの船旅をご紹介します。

第7回「南欧3ヶ国とモロッコを巡る大航海・北アフリカエキゾティッククルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 最先端のイタリアンデザインとテクノロジーが融合したおしゃれなMSCマニフィカで西地中海の各地を訪ねます。
イタリア最大の港町ジェノバから、スペイン アンダルシア地方のマラガ、バルセロナ、
大航海時代を代表するポルトガルのリスボン、アール・デコ建築と北アフリカの要素が融合したカサブランカなど一般のツアーでは訪れにくい魅力的な寄港地を巡るクルーズをご紹介します。
様々な文化、宗教、民族がクロスオーバーした歴史ある街と陽気で楽しいイタリアンシップの楽しい船内を存分にご堪能ください。

第8回「カジュアル船で巡るアメリカ・カナダ 秋の東海岸クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 肩ひじの張らないアメリカらしい雰囲気を味わえるカジュアル船 カーニバルグローリーで紅葉の北アメリカ東海岸をクルーズします。
船は自由の女神像を眺めながらニューヨークを出港し、ボストンやカナダのセントジョン、ハリファックスなど歴史ある18世紀の街並みが残る港を巡ります。大都会とアメリカ大陸の雄大な自然の対比を堪能できるコントラストに富んだクルーズです。船内はカジュアル船とは思えない、1日8食以上提供される食事やラスベガス級のエンターテイメントなどとても充実しています。
ジーンズでもフォーマルでも楽しめるクルーズの模様をを是非ご覧ください。

第9回「人気リゾート・ハワイの大自然とパワースポットを巡るハワイ4島クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

日本人に最も人気の高いリゾートであるハワイ4島を巡るプライド オブ アメリカ。
バラエティに富んだ8つのレストラン、10のバーラウンジ、巨大シアターで繰り広げられるラスベガス・スタイルのショーなど船上の見所も満載。
オアフ島を出港し、世界最大級の火山ハレアカラと神秘的な渓谷マウイ島、世界遺産のハワイ火山国立公園のあるハワイ島、アメリカのグランドキャニオンにも引けを取らないワイメア渓谷のカウアイ島などハワイのダイナミックな大自然を体感しながら各島々のパワースポットも紹介。
中でもカウアイ島にある断崖絶壁が広がるナ・パリ・コーストはクルーズのハイライト。
船旅で出会う、知られざるハワイの魅力を紹介します。

第10回「ヨーロッパを貫く交易路 中世の佇まいを感じるドナウ河リバークルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

一年で最も輝くクリスマスシーズンに、中央ヨーロッパを貫く大河ドナウ沿いの港をヨーロッパ随一の優雅なリバークルーズシップAMAリラで巡ります。
コースは「ドナウの真珠」ブタペストから音楽の都・ウィーン、ザルツブルグそしてドイツのレーゲンスブルグ、ニュールンベルグまでまさにドナウ河のハイライトです。
見どころは河畔の素朴な街々のクリスマスマーケットと川岸に点在する古城、そして川面に映るクリスマスイルミネーションが贅沢な時を演出します。
船内にはメインラウンジやバー、ジャグジー、ギフトショップなどが配備され、お食事も豊富な食材を使い、現地のチーズやワインなども提供されます。洋上とは異なり左右に広がる美しい景色をドナウの流れのようにゆったりとご覧ください。

第11回「LA発大自然を体感 メキシカンリビエラクルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

日本で建造された中で最大の客船として2004年にデビューしたサファイア・プリンセスで行くメキシカンリビエラクルーズを紹介。
サファイア・プリンセスは、クルーズ中に遊びきれないほどのアクティビティや施設が充実、メインダイニング・ルームは5ヵ所も設けられ、大型船にも関わらず小型船を思わせる落ち着いた雰囲気の中でお食事をお楽しみいただける豪華客船です。
ロサンゼルスを出発点にメキシカンリビエラクルーズが目指すのは太陽の国・メキシコ。メキシカンリビエラとよばれるメキシコ太平洋沿岸の美しいビーチと民俗芸能やホエールウォッチングを体験したりと様々な野生生物との出会いが楽しみなクルーズを紹介します。

第12回「22万トン・世界最大の客船で行く常夏の西カリブ海クルーズ」 続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

洋上初、本物の草木がそよぐ緑の公園「セントラル・パーク」、回転木馬のある3世代が楽しめる昔なつかしい遊園地「ボード・ウォーク」、水がテーマの円形劇場「アクアシアター」、船上サーフィン、アイススケートリンク、ロッククライミングなど、22万トンの世界最大客船ならではの充実した施設を誇るオアシス・オブ・ザ・シーズ。
さらに、4層分が吹き抜けとなった船上のメインストリート「ロイヤル・プロムナード」には動くバーが登場。またピザやバーガー、カフェ、パブ、ファッションやギフトの店が軒をつらねます。船会社が所有するハイチ・ラバディーのプライベートビーチではマリンスポーツをしたり、のんびりビーチでくつろいだり、バーベキューランチを楽しんだり、ジャマイカ・ファルマスではダンズリバーの滝登りなどを体験、メキシコのコスメルではトゥルム遺跡を訪れマヤ文明の痕跡を辿ります。
オアシス・オブ・ザ・シーズで行く常夏の西カリブ海クルーズの魅力をたっぷりご紹介します。

第13回「日本最大の客船 飛鳥Ⅱで巡るオセアニアクルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

全室が海側バスタブ付きで日本船ならではの和のおもてなしを提供する日本最大の豪華客船飛鳥Ⅱ。旬の素材を生かした本格和食を毎日楽しめたり、最上階前方のビスタラウンジでのんびり本を読んだり、明るいカフェで一休みしたり、大浴場で大海原を眺めながらリラックスしたりと優雅な時間が過ごせます。
番組では冬の日本を離れて、ベストシーズンの南の地を巡る飛鳥クルーズの中でも高い人気を誇る「オセアニアクルーズ」を紹介。オーストラリア、ニュージーランド、ニューカレドニアに寄港し、世界遺産の大自然や南半球の美しい都市、氷河が創り出した海の世界遺産フィヨルドをクルーズ、そして南国リゾート地を巡る美しく温暖なオセアニアクルーズをご紹介します。

第14回「ドバイ・アラビア半島 神秘のアラビアン・ナイトクルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

世界一高いビル「バージュ・カリファ」など近代的な街並みを誇る世界的な観光地・ドバイを中心に、UAEの首都アブダビ、自然豊かなオマーンの首都マスカットなどアラビア半島の各都市とペルシャ湾をイタリア船のコスタアトランチカでクルーズします。
イタリアの映画監督、フェデリコ・フェリーニ監督の作品にちなんでネーミングされた12層のデッキとムラーノグラスのインテリアなどベニスをイメージした美しい船内を堪能しつつ、日本人には馴染みの薄い中東のイスラム文化圏の各都市をたっぷりとご紹介。新旧のイスラム文化が織りなす魅惑に満ちた中東クルーズをお楽しみください。

第15回「美しき南フランスとスペイン、地中海・世界遺産周遊クルーズ」 続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

音楽をコンセプトに造られたイタリアンカジュアルシップ「コスタ・パッシフィカ」で西地中海に浮かぶ3島を周遊し世界遺産を巡る、クルーズならではのコースをご紹介します。4隻の姉妹船の良いところだけを集めて改善・デザインされた結果、心地よさとユニークなセンセーションを起こす建築的スタイルの壮大な混合体となった船内は見事で、魅力的で、愉快!活気あふれる内装は音符などの装飾で明るいイメージ。サムサラ・スパではオリエンタルのしきたりと魅惑的な雰囲気を備えた完璧なリラクゼーションの時間を提供します。

第16回「新造船"MSCプレチオーサ"盛大な命名式と地中海クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

イタリアを代表する大女優ソフィア・ローレンがゴッドマザーとなり命名した新造船
"MSCプレチオーサ" プレチオーサとはイタリア語で「貴重な」という意味。
最高のエレガンス、快適性、サービスを備え、地中海に華を添えます。ジェノバ港での盛大な命名式の様子もご紹介します。
船はそのままイタリア、チュニジア、スペイン、フランスを巡る魅惑の地中海クルーズへ。プレミアムクラスのMSCヨットクラブは上質とプライバシーを望むお客様のための「船の中にある船」。
豪華な設備とサービスだけでなく、最新鋭のクルーズ客船に備わった数々のエンターテインメント施設も自慢です。

第17回「日本発着 アジアクルーズ サン・プリンセスで航く横浜~韓国 
癒しの旅」
   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 米国船社の明るさと、日本人向けのキメ細やかなサービスが融和したクルーズ初心者にオススメなスペシャルコースをご紹介します。
日本発着でも気分はインターナショナル。船内に一歩足を踏み入れた時から、明るく楽しい外国船の雰囲気が満ちていて、多彩なアクティビティーと豊富な食の選択肢に誰もが心満たされます。
見どころ満載の寄港地では1泊してゆっくり観光。
最高のリゾート、一流のエステ、本格的なカルチャースクール、日常から解放された無限の楽しみを体験できるサン・プリンセスの日本・韓国クルーズです。

第18回「コスタ・マジカで航く 絶景!エーゲ海クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 一流のデザイナーと建築家が力を注いで創り上げた傑作、コスタ・マジカ。
11のバー、4つのレストラン、4つのプール、その他船内全てのパブリックスペースに、イタリアン・ツーリズムの魅力と気品を感じさせる装飾や内装が施されています。
ローマ広場を眼下に見ながら出港するベニス、エーゲ海を象徴する断崖絶壁に建ち並ぶ白い家のサントリーニ島、アドリア海の真珠と呼ばれる街ドブロブニクの城壁、船上から見る景色は陸からは決して見る事のできない特別なもの。
迫り来る圧巻の光景に胸躍る最高のコースをご紹介します。

第19回「イタリアンシップで巡る美と食の日本一周クルーズ」  続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 「コスタ・ビクトリア」は洗練された外観を持ち、イタリアの魂と温もりを伝える客船。
船内は優雅さと快適さが融合しており、美しい眺望を楽しむことができるコンコルドプラザやプール、カジノやバー、シアター、テニスコート、スパなどの設備を完備、多彩なサービスで充実したクルーズライフを堪能できます。
便利な横浜港発着で日本の景勝地を巡り、地の美味しい食を堪能する「コスタ・ビクトリア」で航く日本一周クルーズをご紹介します。
イタリアンシップならではの陽気な船内イベントでは最高の笑顔があふれます!

第20回「ラグジュアリー客船「ポール・ゴーギャン」で航く 楽園タヒチ、フレンチポリネシアンクルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 フレンチ・ポリネシアを巡るラグジュアリー客船「ポール・ゴーギャン」。
その名をもらった画家のように、タヒチを愛し、タヒチを知り尽くした客船で巡る、どこまでも青い海の爽やかさと人々の温かさに触れる最高の休日をご紹介いたします。
南国の熱気と香りが漂うゴーギャンの絵画の世界を船内でも感じられることでしょう。
タヒチの文化に秀でた、美しい女性クルー「レ・ゴギンズ」達の伝統の歌や踊りのポリネシアン・ショー。
レイや花冠作りなど、タヒチの伝統文化を学ぶことも出来るクルーズ。
美しい景色とゆったり流れる時間を楽しむタヒチクルーズは、ハネムーナーには特に人気が高い、エレガントでロマンチック、夢のようなクルーズです。

第21回「大型エンターテインメントシップで自由に遊ぶ、地中海フリースタイルクルージング!」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 初夏のラテンの風を浴びる地中海ゴールデンルートは、スペイン、フランス、イタリアの人気寄港地を網羅!
人気パフォーマンスグループ、ブルーマンの船上公演、洋上初のアイスバー、ボウリング場など、お楽しみ満載のエンターテインメント客船「ノルウェージャン・エピック」。
船内アクティビティには大人も子供も大満足まちがいなし!
船内にある17か所のレストランは、自分らしい服装を楽しみながら、好きな時間に食事ができるフリースタイル。
また、一人旅に最適なシングルキャビンやシングルルーム専用の共有ラウンジもあり、新しい出会いがあるかもしれません・・・。
のんびりと気ままなに自由な旅をお楽しみ頂ける、欲張りな貴方にお届けするスペシャルクルーズ!!

第22回「オールスイート六つ星客船で贅沢な旅 サンクトペテルブルクと北欧バルト海クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 創設以来、世界一のクルーズラインとなることを常に目標とし、数多くの賞を受賞してきたシルバーシークルーズ。
今回は、そのシルバーシークルーズが誇るラグジュアリー船「シルバーウィスパー」をご紹介します。
1人のスタッフがお客様1.3人をケアするという質の高いおもてなしと洗練されたサービスで、世界最高峰と賞賛され続ける落ち着いた雰囲気。
全室大理石のバスタブが付いたスイートルーム仕様で、シャンパンとフルーツは毎日補充。
各スイートのアメニティーは、「ブルガリ」「フェラガモ」「ニュートロジーナ」から選ぶという、それぞれのスタイルでお寛ぎいただけます。"

第23回「英国の気品漂う 壮麗な新客船「ロイヤル・プリンセス」で巡る地中海クルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

2013年6月デビュー、プリンセス・クルーズ史上最大の客船、3代目「ロイヤル・プリンセス」。
海上から40メートルの高さに設置されたガラス張りの回廊や椰子の木、噴水を擁するプール、洋上初のテレビスタジオ、洗練されたダイニング&バーなど、全てが豪華絢爛。この豪華客船で、地中海の風光明媚な寄港地を旅します。
初代ロイヤル・プリンセスのゴッドマザーと3代目ゴッドマザーの命名式の様子も番組内でお見せします!

第24回「ショートクルーズを満喫!!「スーパースター・ヴァーゴ」で楽しむアジアンリゾート」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

フレンチはもちろん、中華、和食、イタリアン、東南アジアにインド料理、船内で世界の料理を堪能できるスーパースター・ヴァーゴ。
家族で楽しめる無料のエンターテインメントをはじめ、本場ラスベガススタイルのショーなどエキサイティングなナイトタイムに酔いしれること間違いありません。屋外デッキでは、きらめく陽光を浴びてアクティブに楽しむのも、気ままにのんびり過ごすのも、それぞれのスタイルで自由に楽しめます。また、常時日本人スタッフ、又は日本語の話せるスタッフが乗船しており、安心してクルーズライフを満喫できます。
短期でクルーズライフの魅力が堪能できる東南アジアクルーズを余すところなくご紹介します。

第25回「圧巻の大氷河を楽しむ!大自然とネイティブアメリカン文化に触れるアラスカクルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

大自然アラスカの魅力は船旅でこそ最大限に引き出されます。
プレミアムシップ、ホーランドアメリカラインの「オーステルダム」で航くアラスカクルーズの絶景ゴールデンルートをご紹介します。白と濃紺のトラディショナルな船体、船内はアンティークや美術品で飾られ、古き良き遠洋航海時代を思わせます。きめ細やかなサービスと落ち着きのある快適な船内から見る世界遺産グレーシャーベイの大自然。ホエールウォッチングの他、アラスカの動物たちに出会ったり、ネイティブアメリカンの文化に触れる寄港地体験。
ゆったりとした優雅な時間を楽しむクルーズの醍醐味と大自然を満喫できる大人気のクルーズです。

第26回「風と太陽を感じて海原を航く、本格帆船で巡るエーゲ海クルーズ」 続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

クラッシックな外観と船内、そしてアクティブな遊び方を満喫できる帆船「スター・クリッパー」。フランスに本部を置く美食家集団「ラ・シェーヌ・デ・ロティスール」監修のもと、洋上でも本格的な料理が提供されます。命綱をつけてマスト・クライミングに挑戦するなど、帆船ならではの愉しい経験もできます! 舳先に張られた網の上でのお昼寝は極上のひととき。 美しいエーゲ海の島々を優雅な帆船で巡るクルーズは時代をさかのぼったかのような錯覚に陥ることでしょう。

世界豪華客船紀行2時間スペシャル
「ヨーロッパの歴史と文化に触れる、ライン川古城巡りクルーズ」
   続きを読む | 閉じる

goukakyakusen_special_line.jpg 数々の素晴らしい風景を楽しみながら、ヨーロッパで最も重要な水路であるライン川836kmを下るリバークルーズ 。スイス・アルプスの玄関口で、フランス、ドイツ、スイス3国の国境が接しているバーゼルから、フランスアルザス地域圏の首府ストラスブール、数え切れないほどの古城と、伝説のローレライ岩を眺めながらロマネスク様式の教会や歴史的遺産の多いケルンへ。そして絵画のように美しい湖や運河のある街アムステルダムを目指します。クラシックエレガントな雰囲気の船内では、5つ星ホテルの快適で質の高いサービスで優雅な時間を過ごします。大型客船とは一味違ったリバークルーズの醍醐味を心ゆくまでお楽しみください。

第27回「水の都ベニスから紺碧の海に浮かぶギリシャの美しい島々をアイランドホッピング」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 歴史の流れを感じながら、ギリシャの島々を巡る船旅の魅力をたっぷりとご紹介します。青い海に輝く太陽、白壁の家々、絵はがきのような景観の代表格であるサントリーニ島、ミコノス島、ロドス島...。
船旅だからこそ楽しめる憧れのギリシャの島々。美しい海だけではなく船上からの風景も見逃せません。古代文明に触れ、ロマンチックな気分に浸る、理想のクルーズへご招待いたします。

第28回「アジアのダイナミズムを体験!アジア4か国 南シナ海クルーズ」 続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 アジアが誇るカジュアルシップ『スーパースター・アクエリアス』でアジア4ヶ国を周遊します。
台湾第二の都市高雄から出港、香港とフィリピンのマニラに寄港。更に2012年に、アメリカの旅行雑誌『トラベル+レジャー』で世界最高の島と評価されたフィリピンのボラカイ島でビーチリゾートを堪能。そして最終寄港地はマレーシア領ボルネオ島のコタキナバル。オラウータンの保護センターなどボルネオの豊かな自然もご紹介します。
船内では中華料理、タイ料理、日本料理、アジアン料理レストランなどの肩肘張らないフリースタイルダイニングと本格的なショー、カジノ、足つぼ、タイマッサージなどニューアジアンスタイルの船旅を是非ご覧ください。

第29回「初秋のニューイングランド・カナダプレミアムクルーズ」   続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

欧米で最も有名な「ベルリッツ社」が発行するクルーズガイドで4ツ星プラス評価を受けた格調と気品のあるプレミアムシップ『セレブリティ・サミット』。
著名なシェフ、ヴァン・シュターデン監修による美食と落ち着いた内装、ハイセンスな吹き抜け、大きく広いガラスを多用した屋内プール、スパなど広いパブリックスペースがあり常に人気投票で上位にランキングされている客船です。今回はアメリカのニューヨークからボストンなどニューイングランドの各寄港地に加えフランスの雰囲気漂う世界遺産の街ケベックシティを訪れます。紅葉初期のフレンチカナダのゆったりした船旅を是非ご覧ください。

第30回「最新鋭のNYスタイルシップで行く 南の楽園カリブ海クルーズ」  続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行 ニューヨークをコンセプトにした新造船「ノルウェージャン・ブレイクアウェイ」。最新鋭の船内、特にアクティビティ施設には驚きを隠せません!超一流のエンターテインメントに29箇所もある飲食施設。船のコンセプトでもあるニューヨークを出発してカリブ海をクルージング。寄港地のご紹介はもちろん、充実の船内飲食施設をランキング方式でご覧いただきます。これぞ最新!!
他には類を見ない魅力的な空間をたっぷりとお楽しみください。



第31回「海から眺める日本の美。『にっぽん丸』で航く済州島、海峡花火と阿波踊り」  続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

「美味なる船」の異名を持つ、にっぽん丸。ワインのセレクトは、ソムリエ田崎真也監修。GODIVAのチョコレートドリンク「ショコリキサー」は無料です!朝、昼、夜、夜食、バラエティ豊かなお食事は目で見ても美味しいはず。寄港地の済州島では韓流ドラマ「チャングムの誓い」のロケ地を訪ねます。
関門海峡での贅沢な花火鑑賞、船長を筆頭に、クルーも乗客も参加する阿波踊り。家族三世代、新婚ご夫婦などにおすすめの、楽しい船旅を存分にご紹介いたします。


世界豪華客船紀行2時間スペシャル
「ヘミングウェイが愛したカリブ海 キューバクルーズ」
  続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

街には郷愁を感じるコロニアル風の建築物が並び、どこからともなく流れてくる陽気な音楽に人々が集い、踊る音楽の国。ヨーロッパの壮麗な建築物とは異なり、優しく、素朴な印象で、今尚走っている50年代のレトロなアメリカ製のクラシックカーが街に溶け込み、まるでタイムスリップしたかのようなキューバに世界中の人が魅了され、虜になってしまうでしょう。文豪ヘミングウェイが生涯の約三分の一を過ごしたのもキューバです。小説『老人と海』の舞台となったコヒマル村やカクテル"モヒート"で有名なヘミングウェイが通ったレストラン、「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」もご紹介します。
また、フランス式の近代的都市計画が取り入れられ、2005年世界文化遺産に登録された、「南部の真珠」と称される美しい旧市街シエンフエゴスの街も訪ねます。
特別なクルーズをたっぷりとお楽しみください。

第32回「フランススタイルの贅沢アジアクルーズ」  続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

ガストロノミック・シップ(食通の船)という異名を持つカンパニー・デュ・ポナンの新造船、「ル・ソレアル」で行くアジアクルーズ。フランス人デザイナーによるスタイリッシュなパブリックスペースとキャビン、毎晩繰り広げられる本格的フレンチディナーとフランス産ワインの夕食。小型船ならではの良さとフランス唯一のクルーズ会社というプライドが本来の船旅を楽しむ配慮とゆっくり流れる時間を提供してくれます。鹿児島から那覇、台湾の基隆、香港までの船旅です。基隆の幻想的な夜の街並みなど、アジアの良さを再発見できるクルーズをご紹介します。

第33回「世界最大の帆船で愉しむ大人リゾート、南カリブ海クルーズ」  続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

世界最大の5本マストの帆船「ロイヤル・クリッパー」。本格帆船での航海は色々な客船に乗られた方も、初めての方も、忙しい日常を離れ心からリラックスできること間違いなしです。舳先のネットで寝転んだり、マストクライミングを楽しんだり、フルセイルの船を海から撮影するプログラム"フォトテンダー"など、帆船ならではの楽しみがいっぱいです。南カリブ海のウィンドワード諸島の自然や世界遺産を魅力的な本格帆船と共にたっぷりとご紹介いたします。究極の大人リゾートを存分にお楽しみ下さい。

第34回「大型アメリカンシップで巡るアジア3か国周遊クルーズ」  続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

目抜き通り"ロイヤルプロムナード"では賑やかなパレード、複数のレストラン、プールやアイススケートなどのアクティビティと、「マリナー・オブ・ザ・シーズ」の船内はまるで洋上の街です。ドリームワークスのキャラクターがテーブルにやって来る朝食で童心にかえってみませんか?クルーズの楽しみのお食事は、3層吹き抜けの巨大なレストランでの無料フルコース料理、予約制の本格イタリアンにステーキハウス、特に無料ビュッフェでのアジアンフードは人気です。人気のビーチリゾートや世界遺産を訪れるアジア周遊コース。三世代での船旅にピッタリな客船と寄港地をご紹介いたします。

第35回「神秘なる冬の地中海、美しき客船で絶景の孤島を訪ねる旅」  続きを読む | 閉じる

世界豪華客船紀行

クルーズファンの間で「世界一美しい客船」と囁かれるMSCファンタジア。
スワロフスキー・クリスタルの階段から透き通る天井の向こうに星明かりの空を眺めたとき、きっと船旅の魔法のような魅力を体感していただけるでしょう。
豪華なMSCアウレア・スパ、5つのレストラン、4つのプール、12のハイドロマッサージプール、ゆったりと休日を過ごすことを目的にした今回のクルーズはイタリア ジェノバから西地中海、モロッコ、カナリア諸島、そしてマデイラ島へ大西洋のヨーロピアンリゾートをたっぷりとご紹介。バトラーサービスがつく特別エリア、MSCヨットクラブでは目を見張るようなオーシャンビューが見渡せるガラス張りの展望ラウンジでご自身を再発見できるクルーズをお楽しみください。

このページの先頭へ

番組へのメッセージ

合計36件 最新の5件を表示

クリスタルクルーズ

toro:2014/01/17(金)21:09

クリスタルクルーズ、放映されていますか?5月にクリスタルシンフォニーに乗る予定なので、見たいです。

質問なのですが、

ようちゃん:2013/11/15(金)10:42

いつも楽しく、優雅な気分になりながら拝見させて頂いています。
11/14の番組内で8:36頃に流れていた曲のアーチスト名と曲名を知りたいのですが、宜しくお願いします 。

初めてのクルーズの選び方は?

ゆかこ:2013/11/12(火)22:56

いつも楽しみに拝見しています。いよいよわが夫婦も定年を迎えます。初めてのクルーズはいったいどこに行ったら一番良いのでしょうか?船の大きさや種類はどのように選べばいいのでしょうか?初心者のためのクルーズ選びを是非特集してほしいです。

ありがとう

小学生のころから船キチ:2013/09/29(日)09:00

小学生のころから船が大好きで、フェリーや客船の書籍等を購入していました。当時1970年代は今のように日本ではクルーズが注目されていないため書籍等も少なく、テレビで動く映像が視聴できることなど夢にも思いませんでした。
毎週楽しみにしています。

再放送を!

MSC:2013/08/20(火)09:54

再放送、ネット配信、またはDVD販売など、また見れるようにして下さい!

このページの先頭へ

週間番組表 BS11 番組一覧

番組一覧曜日別番組一覧

BS11 公式通販サイト BS11 公式SNS BS11 YouTube公式チャンネル