ハワイ新発見 〜楽園の島々をたずねて〜

SHOP情報

番組内で紹介されたSHOPの一覧です。

カウアイ島

観光

NTBGが管理運営するカウアイ島北部にある植物園、
「リマフリガーデン」

リマフリガーデン

名称
リマフリガーデン
URL:
http://ntbg.org/
営業日:
火曜日~土曜日
営業時間:
9:30am~4:00pmの間に、ビジターセンターでチェックイン。入場門は 4:00pm閉門。園は5:00pm終了。
ガイドツアー(英語のみ)は 10:00amチェックイン。
所要時間:
1時間~1時間半。※ガイドツアーは1時間半~2時間
入園料:
大人 (18歳以上) $20 ※同伴の子供は無料
ガイドツアーは大人$40
名称
Limahuli Garden Visitors Center
電話番号:
+1-808-826-1053
住所:
5-8291 Kuhio Hwy. Haena 96714

カウアイ島

観光

NTBGが管理運営するカウアイ島南部にある植物園、
「マクブライド&アラートンガーデン」

Southshore Visitors Center
マクブライド&アラートンガーデン

名称
マクブライドガーデン
URL:
http://ntbg.org/
営業日:
毎日
営業時間:
ビジターセンターより、1時間おきに送迎バスが発着(片道15分程度)
※バスの出発30分前までにチェックインが必要。
9:30am, 10:30am, 11:30am, 12:30pm, 1:30pm, 2:30pm, 3:30pm
ツアースタイル:
自由
入園料:
大人(13歳以上)$20、子供( 6歳-12歳)$10、5歳以下の幼児は無料
電話番号:
+1-808-742-2623
名称
アラートンガーデン
URL:
http://ntbg.org/
営業日:
毎日
営業時間:
ビジターセンターより、1時間おきに送迎バスが発着(片道15分程度)
※バスの出発30分前までにチェックインが必要。
9:00am, 10:00am, 11:00am, 正午, 1:00pm, 2:00pm, 3:00pm
ツアースタイル:
ガイド付きツアー
 
※文さんの日本語ツアーは事前に 電話 (808) 742-2623 もしくは tours@ntbg.org にメールで最低一週間前までに予約が必要。
三脚は使用できません。
入園料:
大人(13歳以上)$40、子供( 6歳-12歳)$15、5歳以下の幼児は無料
電話番号:
+1-808-742-2623
名称
Southshore Visitors Center
電話番号:
+1-808-742-2623
住所:
4425 Lawai Road, Poipu 96756 (across from Spouting Horn)

カウアイ島

観光

日系移民が開拓した町・
カパアタウン  KpaaTown

日系移民が開拓した町・カパア。ハイウエイ56号線には映画のセットのような時代を感じさせる古い建物が並び、レストランやカフェ、お土産店は観光客でにぎわっています。

カパアタウン KpaaTown

カウアイ島

SHOP

日系移民のクボタさんファミリーが経営する惣菜店
「ポノ・マーケット」

創業は1968年。もともとは肉屋でしたが、70年代にコンビニエンスストアを経て現在のお店のスタイルになったそうです。
新鮮な魚介類で作るポケをはじめ、ハワイアンフードがおいしいとローカルの間で評判。朝から混雑する人気店です。

ポノ・マーケット

名称
ポノ・マーケット  Pono Market
住所:
4-1300 Kuhio Hwy, Kapaa, Kauai, HI 96746
営業時間:
6:00am – 6:00pm(月~金)、6:00am – 4:00pm(土)
日曜休み
電話番号:
+1-808-822-4581

カウアイ島

SHOP

新鮮なローカルの食材を使った
スムージーやサラダが人気のカフェ

「JAVA KAI」

オーガニック、フレッシュ、デリシャスをコンセプトとした料理を目当てに、ツーリストはもとよりローカル客でにぎわっています。

JAVA KAI

名称
JAVA KAI
住所:
4-1384 Kuhio Hwy, Kapaa, HI 96746
営業時間:
6:00am~7:00pm 無休
電話番号:
+1-808-823-6887
URL:
http://www.javakai.com/

カウアイ島

宿泊

カウアイ島のランドマーク
「アロハビーチホテル」

島の玄関口のリフエ空港まで車で8キロ約20分。北へ向かうにも南、西へ向かうにも便利な、中間地点にあります。
この島のランドマークでもあり、ハワイ州でもっとも川幅の広いワイルア河にかかる橋を渡ってすぐ。河のほとりに建っています。
公園の北側、ホテルに隣接する場所には古代ハワイの神殿、ヘイアウがあります。土台の石が残っているほか、ペトログリフを見ることもできます。

アロハビーチホテル

名称
アロハビーチホテル
URL:
http://www.astonalohabeachhotel.com/

カウアイ島

観光

樹齢100年以上というユーカリの並木道
「ツリートンネル」

島の中心地・リフエタウンからハイウエイ50号線(カウムアリイ・ハイウェイ)を西へ向かい、マルヒア・ロードへ左折。アラートン・マクブライドガーデンへ向かう520号線へ入ったところに、通称ツリー・トンネルがあります。樹齢100年以上というユーカリの並木道が 2キロ以上にもわたって続いており、天気が良ければ木漏れ日の中を走り抜ける爽快感溢れるドライブが楽しめます。

ツリートンネル

カウアイ島

観光

ハワイの製糖業の発祥の地
オールドコロアタウン

ハワイ州のプランテーションと言えばサトウキビ畑ですが、そのハワイの製糖業の発祥の地が、じつはここカウアイ島の南部にある小さな町、コロアなのです。
サトウキビ産業がなくなったいまでは、往時の面影を残すヒストリカルな町として、訪れる観光客を楽しませています。

オールドコロアタウン

カウアイ島

観光

ハナレイタウン

プリンスヴィルを過ぎて、幹線道路の560号線を西に向い、大きな橋を渡るとそこはヒストリカルな町、ハナレイです。ハイウェイ沿い、500mにわたって時代を感じさせる町並みが続いています。

ハナレイタウン

カウアイ島

SHOP

カウアイ島に来たら立ち寄りたい
ハンバーガーショップ「ブッバ・バーガーズ」

チェーン店ですが、ハワイ州の中ではここ、カウアイ島にしかない、ローカルブランドです。

自慢のハンバーガーは肉の味で勝負のため、オニオンやレタスが入っていないのが特徴です。また、日替わりのスペシャルもおすすめ。撮影時はオノを使ったフィッシュバーガーでした。ハナレイの他、カパアやポイプなど、島内に4店舗あります。

ブッバ・バーガーズ

名称
ブッバ・バーガーズ
住所:
5-5161 Kuhio Hwy, Hanalei, HI 96714
電話番号:
+1-808-826-7839
URL:
http://www.bubbaburger.com/

カウアイ島

SHOP

ジョージ・クルーニー主演の映画の撮影も行われた
「タヒチ・ヌイ レストラン・アンド・カクテル・ラウンジ

映画「ファミリー・ツリー」で、主役のジョージ・クルーニーが、いとこ役のボー・ブリッジスと会うシーンが撮影されたお店です。
観光客はもとより、地元の常連客でにぎわうこの店は、別コラムで紹介する「ムービー・ツアー」のランチ場所にもなっています。ディナータイムは地元アーティストによるライブも楽しめます。

タヒチ・ヌイ

名称
タヒチ・ヌイ
住所:
5-5134 Kuhio Hwy, Hanalei, HI 96714
電話番号:
+1-808-826-6277
URL:
http://thenui.com/

カウアイ島

SHOP

鮮魚が売りで寿司カウンターもある、ローカル御用達
「ハナレイ・ドルフィン・フィッシュ・マーケット」

ハナレイの入り口に建つ、ランドマーク的レストラン。空港方面から町の入口の橋を渡ってすぐ右手。文字通りイルカのサインボードが目印です。

鮮魚が売りのこのお店は、ローカル御用達。ポケなど、鮮魚を使ったさまざまな惣菜が手に入るほか、レストランスペースでシーフード楽しむこともできます。本格的な寿司カウンターもあるので、カウアイ島の地魚を堪能してみては?

ハナレイ・ドルフィン・フィッシュ・マーケット

名称
ハナレイ・ドルフィン・フィッシュ・マーケット
住所:
5-5016 Kuhio Hwy, Hanalei, HI 96714
電話番号:
+1-808-826-6113
URL:
http://www.hanaleidolphin.com/

カウアイ島

SHOP

スペイン小皿料理とワインが売りのレストラン
「バラクーダ」

ハナレイセンター内にあるスペイン小皿料理とワインが売りのレストラン。夜の早いハナレイの町の中で、地元常連および観光客でにぎわう繁盛店です。
ちなみに、店名のバラクーダは、魚のことではなく、「Bar Acuda」(バー・アクーダ)を通して読んだ音からきています。事前の予約がおすすめです。

バラクーダ

名称
バラクーダ
住所:
5-5161 Kuhio Hwy, Hanalei, HI 96714
電話番号:
+1-808-826-7081
URL:
http://www.restaurantbaracuda.com/

カウアイ島

SHOP

日系人ハラグチファミリーの5代目、
リンジーさんが経営している

「ハナレイ・タロ・アンド・ジュース・カンパニー」

ハワイアンの主食・タロ。オアフ島をはじめ、タロ畑が姿を消していく中で、ここカウアイ島はハワイ州全体の8割強のタロを生産しています。

ハナレイタロ&ジュースは、この地に移民した日系人ハラグチファミリーの5代目、リンジーさんが経営しているお店。その昔お米を作っていた畑をタロイモに転作。お店のメニューを通じて、代々、守り続けてきた家族のレシピを観光客にシェアしています。

ハナレイ・タロ・アンド・ジュース・カンパニー

名称
ハナレイ・タロ・アンド・ジュース・カンパニー
住所:
5-5070 Kuhio Hwy, Hanalei, HI 96714
電話番号:
+1-808-826-1059
URL:
http://www.hanaleitaro.com/

カウアイ島

宿泊

「ウェスティン・プリンスヴィル オーシャン リゾート ヴィラ」

ハナレイまで車で5分。海に向かって突き出した断崖の上に建つ、プランテーション時代をほうふつとさせるエレガントなホテル。中庭の芝生エリアではフラ教室などのアクテビティはもちろん、太平洋のハリウッド、カウアイ島ならではのイベントとして、毎週水曜日の夜にはムービーナイトを開催。芝生に寝転がりながら映画を楽しむことができます。

ウェスティン・プリンスヴィルオーシャンリゾートヴィラ

名称
ウェスティン・プリンスヴィル オーシャン
リゾート ヴィラ
URL:
http://www.starwoodhotels.com/westin/property/features/
index.html?propertyID=5648&language=ja_JP

カウアイ島

観光

キラウエア灯台

カウアイ島の最北端。ハイウエィ560号線をハナレイからリフエ空港方面へ10分ほど走ったところにある灯台です。
回転式灯台で、この形のものとしては世界最大。ハワイを代表する日系人の故ダニエル・K・イノウエ議員の名前を冠して、正式名称は「ダニエル・K・イノウエ・キラウエア・ポイント灯台」と呼ばれています。野生動物の保護地区に指定され、海鳥の楽園となっています。

キラウエア灯台

カウアイ島

観光

手軽にロケ地巡りができるおすすめツアー
アイランドヘリコプター
JURASSIC FALLS LANDING ADVENTURE

カウアイ島の主な観光スポットを空から眺めるツアーに加えて、映画「ジュラシックパーク」の冒頭に登場するマナワイオプナ滝に着陸できる唯一のツアー。

アイランドヘリコプター

名称
アイランドヘリコプター
費用:
$71
所要時間:
75分~85分
電話番号:
+1-808-245-8588
URL:
https://www.islandhelicopters.com/reserv.html

カウアイ島

観光

手軽にロケ地巡りができるおすすめツアー
COCOPALMSTOUR

エルビス・プレスリー主演の映画「ブルー・ハワイ」のロケ地となったココ・パームスホテルのエキスパート、ボブ・ジャスパーさんがホテル内を案内する個人ツアー。

COCOPALMSTOUR

名称
COCOPALMSTOUR
費用:
$20 予約不要
営業日時:
月曜~木曜 午後2時
電話番号:
+1-808-346-2048
URL:
http://www.cocopalmstour.com/
Mail:
tourguy@hawaiian.net

カウアイ島

観光

手軽にロケ地巡りができるおすすめツアー
ナ・パリ・エクスプローラー  Na Pali Explorer
The Snorkel & Sightseeing Tour

島の西側、キキアオラ・ハーバーから出航し、ナ・パリ・コーストを目指す4時間半のツアー。ガイドの解説を聞きながら、沖からナ・パリ・コーストの景観を眺める。途中、スノーケリングも楽しめるほか、上陸はできないが、キングコングパイレーツオブカリビアンのロケ地としても知られるホノプアーチも海の上から見学できる。

ナ・パリ・エクスプローラー

名称
ナ・パリ・エクスプローラー Na Pali Explorer
費用:
大人$139 子供(5歳~12歳)$119
電話番号:
+1-808-338-9999
URL:
http://www.napaliexplorer.com/snorkel--sightseeing.html

カウアイ島

観光

手軽にロケ地巡りができるおすすめツアー
Kauai – Hawaii Movie Tours

ロバーツハワイが主催するムービーツアー。カウアイ島を舞台にした映画のロケ地をめぐる。※英語のみ

主なロケ地: ハナレイ桟橋、ハナレイ渓谷、キラウエア灯台、ワイルア滝、ハナマウラベイ、オパエカア滝、ココパームスホテル、アリオマヌビーチ

Kauai – Hawaii Movie Tours

名称
Kauai – Hawaii Movie Tours
費用:
大人$109 子供(4歳~11歳)$56.50
電話番号:
+1-800-831-5541
URL:
http://www.robertshawaii.com/kauai/tours/hawaii-movie-tours
Mail:
CustomerService@robertshawaii.com

カウアイ島

観光

アナホラ・マウンテンズ

カウアイ島北東部、アナホラ地区にそびえる山。
スピルバーグ監督の大ヒット作「インディージョーンズ、レイダース/失われた聖櫃(アーク)」の冒頭、パラマウント映画のロゴがオーバーラップしてこの山の映像にオーバーラップする形で登場する。
ハイウェイ沿いから臨むことができる。

アナホラ・マウンテンズ

カウアイ島

観光

ケエビーチ Ke'e Beach

カウアイ島北部。ハナレイタウンを過ぎて西へ向かうと、ハイウェイの終点、行き止まりにあるビーチ。ナパリコーストの北側の起点にもなっている。
とくに夕景が美しく、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ4作目の生命の泉のラストシーンのロケ地として知られている。

ケエビーチ

カウアイ島

観光

ウェットケーブ

ケエビーチの手前にあるウェットケーブ。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ4作目の生命の泉の入り口の場面で使われた。
ケーブは手すりがなく、足元は滑りやすいので注意が必要。また、蚊が多いので、Tシャツ、短パン、ビーチサンダルという服装はお勧めできない。

ウェットケーブ

カウアイ島

SHOP

30種類以上あるポケが人気の
「イシハラマーケット」

1934年に日系人のイシハラさんが開業したスーパーマーケット。現在は3世のレイさんが切り盛りしている。
おすすめは、30種類以上あるポケ。毎日、新鮮な魚介類を材料に作られるポケはローカルに人気。毎週金曜日の午前中には、限定メニューの0ラウラウが店頭に並ぶ。午後には売り切れてしまう人気商品。

イシハラマーケット

名称
イシハラマーケット
住所:
9890 Kahakai Rd, Waimea, HI 96796
電話番号:
+1-808-338-1751

カウアイ島

観光

ワイメアタウン日系人の足跡
「ワイメア戦争記念プール」

第二次世界大戦の終結を受け、日系人部隊として知られる442部隊と100部隊の帰還兵が中心となって戦没者の慰霊のために作ったスイミングプール。プール作りに従事した人々はほとんどが日系人のビジネスマン。毎週末を使って、ボランティアで1年半の年月をかけて完成させた。

ワイメア戦争記念プール

カウアイ島

観光

ワイメアタウン日系人の足跡
「ワイメア外国人教会」

1855年、George Rowell(ジョージ・ローウェル)牧師によって建立された教会。
向かって右、東側の墓地はほとんどがハワイアンや白人のものだが、西側はすべて日本人の墓石が並ぶ。ワイメア日本人教会が1935年に建立した無縁仏を弔う石碑が立っている。

ワイメア外国人教会

カウアイ島

観光

ワイメアタウン日系人の足跡
「ワイメアプランテーションコテージ」

ワイメアプランテーションカンパニーの従業員が実際に暮らしたコテージを移設したホテル。それぞれのコテージは、1910年から1930年までの間にワイメアやケカハの町のサトウキビプランテーションで実際に使用されていた。
独身の労働者やその上司、そしてマネージャーといった具合に、居住者のタイプによって1ベッドルームの小さなものから5ベッドルームまでさまざまな形のコテージがある。
往時の移民労働者の生活環境を実体験しながら、暮らすように泊まることができる。

ワイメアプランテーションコテージ

名称
ワイメアプランテーションコテージ
URL:
http://www.coasthotels.com/hotels/hawaii/waimea/
waimea-plantation-cottages/

カウアイ島

SHOP

ワイメアタウンのランドマーク的なステーキレストラン
「ラングラーズ・ステーキハウス」

テイクアウトのメキシコ料理店からスタートして30年目の歴史をほこるランドマーク的なステーキレストラン「ラングラーズ」。
おいしさの秘訣は、キアベの木と炭を使って肉をグリルしていること。キアベはとても固い木で、燃やすととても高温になり、ステーキのグリルに最適。日系移民の食文化を取り入れたメニューにも力を入れている。
プランテーション時代の日系移民労働者が使っていたブリキ製のお弁当箱に入ったランチ、カウカウティンランチが人気。

ラングラーズ・ステーキハウス

名称
ラングラーズ・ステーキハウス
URL:
http://www.wranglersrestaurant.com/

カウアイ島

SHOP

カウアイ島の玄関口 リフエ周辺の移民文化体験スポット
ラーメンに似た麺料理サイミンの名店
「葉村サイミン」

九州・博多からの移民、アイコさん、ススムさんの葉村夫妻が1951年に開業したサイミンの名店。
ラーメンに似た麺料理で、ハワイ州ではポピュラーなスナックフードの「サイミン」。そのの起源はプランテーション時代に、ふるさと日本のそばに似た料理を食べたいと思った日系移民が、手に入りやすかった中華麺を使って作ったのが始まりといわれている。
名物サイミンは、エビ出汁の効いた塩気の強いスープが特徴。

葉村サイミン

名称
葉村サイミン
住所:
2956 Kress St Lihue, HI 96766
電話番号:
+1-808-245-3271

カウアイ島

観光

カウアイ島の玄関口 リフエ周辺の移民文化体験スポット
「キロハナ・プランテーション」

サトウキビ農園の地主だったゲイロード・ウィルコックス氏が贅を尽くして建てたチューダー式の邸宅が、そのままの状態で博物館とギフトショップとして一般に公開されている。
1階中庭に面してレストランがあるほか、広大な敷地内をプランテーション列車を模した鉄道が走っていて、子供連れにもおすすめ。

キロハナ・プランテーション

名称
キロハナ・プランテーション
住所:
3-2087 Kaumualii Hwy, Lihue, HI 96766
電話番号:
+1-808-245-5608

カウアイ島

観光

カウアイ島の玄関口 リフエ周辺の移民文化体験スポット
「コロア・ラム・カンパニー・
 テイスティングルーム」

鉄道の駅の横にあるのはコロアラムカンパニーのテイスティングルーム。カウアイ島のサトウキビを原料としたラム酒の試飲ができる。
お気に入りのラムが見つかったら、隣りにあるギフトショップでお土産を買うことも可。

コロア・ラム・カンパニー・テイスティングルーム

名称
コロア・ラム・カンパニー・テイスティングルーム
URL:
http://www.koloarum.com/hours.htm

カウアイ島

観光

「ジャック・ハーター・ヘリコプター」

1962年にカウアイ島でヘリツアーを始めた老舗。
リフエ空港近くの事務所でチェックイン後、バスに乗ってヘリポートへ移動する。
約1時間のフライトで、ワイアレアレ山の滝や、ワイメアキャニオン、ナ・パリ・コーストといったカウアイ島の絶景ポイントをくまなく観光することができる。

ジャック・ハーター・ヘリコプター

名称
ジャック・ハーター・ヘリコプター
URL:
http://www.helicopters-kauai.com/

カウアイ島

SHOP

ワイメアタウン周辺のスポット
「カウアイ・クッキー・カンパニー
(カラヘオ)」

九州・福岡出身の2世ハシサカさんが、1965年に創業したカウアイ島を代表するクッキーカンパニー。新しくカラヘオの町にオープンしたベーカリー&キッチンでは、軽食を食べられるほか、40種類すべての商品が手に入る。

カウアイ・クッキー・カンパニー(カラヘオ)

カウアイ島

観光

ワイメアタウン周辺のスポット
「小名浜港航路灯(ポートアレン)」

ポートアレンの港に近いマリーナセンターの一角に、黄色いブイがモニュメントとして飾れている。実は、2011年に東日本を襲った大地震で、福島県いわき市の小名浜港から流出した航路灯で、7000マイルの距離を流され、約2年後の2013年の1月18日、ポートアレンの沖合を流れているところをアメリカ軍によって発見された。海流の関係で、本来は流れ着くはずのないものであったため、「カウアイ島の姉妹都市の福島県いわき市から流れ着いた運命のブイ」として、カウアイ島の日系人を中心に募金活動を展開。2014年5月19日より保存、展示されている。

小名浜港航路灯(ポートアレン)

カウアイ島

観光

ワイメアタウン周辺のスポット
「カウアイコーヒー・ビジターセンター」

カウアイ島を代表する産業のひとつがコーヒー。ハワイのコーヒーと言えばハワイ島コナが有名だが、実はカウアイ島が収穫高、作付面積ともハワイで一番。アメリカ最大規模の農園で、その一部はポートアレンまで広がっている。
サトウキビ農家が住んでいた家屋を改装したビジターセンターではコーヒーの試飲もできる。

カウアイコーヒー・ビジターセンター

名称
カウアイコーヒー・ビジターセンター
URL:
http://kauaicoffee.com/visit-kauai-coffee/find-kauai-coffee-company/

オアフ島

SHOP

ローカル御用達の人気のフードトラック
「カウカウグリル」

ハワイの言葉で食事を意味する「カウカウ」を店名に冠したこのトラックは、ローカル御用達の人気店。ランチタイムにはオフィス街の人々がランチを買いに行列ができる。
おすすめはボリューム満点のBBQベイビーバックリブやガーリックシュリンプ。平日、月曜日~金曜日の営業で、曜日によって出店場所が変わるほか、イート・ザ・ストリートなどのイベント営業も行っている。フェイスブックやインスタグラムのアカウント”kaukaugrill”で検索して、出店場所を確認するのがベスト!

カウカウグリル

名称
カウカウグリル
営業日:
月曜日~金曜日
出店場所:
曜日によって出店場所が変わる

オアフ島

SHOP

地元ハワイ産の有機食材にこだわって、
健康でおいしい料理を提供する
「ハワイアンフレッシュファーム」

オアフ島ノースショアのププケアにある農園を拠点に、レストラン、フードトラックを展開する。
地元ハワイ産の有機食材にこだわって、健康でおいしい料理を提供するのがコンセプトの人気店。ロードサイド営業はしていない。
各種イベント・ファーマーズマーケットへの出店のほか、エコツアーも企画しているので、公式サイト(英語のみ)およびフェイスブックをチェックしてみては。

ハワイアンフレッシュファーム

名称
ハワイアンフレッシュファーム
URL:
http://hawaiianfreshfarms.com/

オアフ島

SHOP

マンゴー料理を一年中楽しめるお店
「Mango Days Honolulu
マンゴーデイズ アット ホノルル」

地元ハワイ産をはじめ、その時期に旬の地域で獲れた新鮮な完熟マンゴーを材料にしたスイーツ、スムージー、カレーなど、マンゴー料理が一年中楽しめる評判のお店。
実店舗だが、店内の厨房がなんとフードトラックという変わり種。
将来的には店舗から飛び出して、イベントなどでのトラック営業も視野に入れているという。

マンゴーデイズ アット ホノルル

名称
Mango Days Honolulu
マンゴーデイズ アット ホノルル
住所:
1425 Makaloa St., Suite 1425M Honolulu
営業時間:
9:00~19:00
電話番号:
+1-808-253-8861
定休日:
日曜

オアフ島

SHOP

フィリピン料理のランチワゴン
「エレナズ Elena's Filipino Food Lunchwagon

ホノルル空港の西、ワイパフに拠点を持つフィリピン料理のランチワゴン。
フィリピン春巻きのルンピアや、パンシット(ビーフン)、ポークアドボフライドライスなどの定番をはじめ、メキシコ料理とのフュージョン、カリカリの皮目がおいしい焼き豚「レチョン」がローカルの支持を集めている。
通常はワイパフのトロピカーナスクエアで営業しているが、ビジネス街や各種イベントへの出張出店も行っている。

エレナズ

名称
エレナズ Elena's Filipino Food Lunchwagon
住所:
Tropicana Square
94-866 Moloalo Street #D4A Waipahu, Hawaii 96797
URL:
http://www.elenasrestaurant.com/

オアフ島

SHOP

ザ・グレート・フード・トラック・レース
見事、全米1位に輝いた
「アロハプレート ALOHA PLATE」

ラナイ島出身の兄ラナイさんと弟アダムさんが切り盛りするアロハ精神あふれるフードトラック。
アメリカの料理番組内での全米No.1を決める勝ち抜き戦、「ザ・グレート・フード・トラック・レース」で見事、全米1位に輝いた。優勝賞品としてもらったトラックと共に故郷のハワイへ凱旋し、昨年11月最終金曜日よりイート・ザ・ストリートに参戦。
アダムさんは、ラナイ島の2軒のフォーシーズンズホテルで9年間シェフを務めた経験の持ち主。お兄さんのラナイさんはオアフ島でのラジオDJやフードショーのMCをこなす有名人。
出店場所などの営業情報は、公式サイトもしくはフェイスブックページで。

アロハプレート ALOHA PLATE

名称
アロハプレート ALOHA PLATE
URL:
http://alohaplate.com/

オアフ島

宿泊

「イリカイホテル ILIKAI HOTEL & LUXURY SUITE

アラモアナ通りのアラワイ運河にかかる橋を渡ってすぐ。ワイキキビーチの入り口に建つ高級ホテル。海に向かって翼を広げたような外観で、眼下にはアラワイヨットハーバーが広がる。客室はほとんどの部屋がオーシャンビュー。キッチン付きなので、暮らすようにすごすことができる。
ワイキキトロリーが停車するほかバス停も近く、アラモアナショッピングセンターまでは徒歩5分。カカアコ地区まで車で5分の好立地。

イリカイホテル ILIKAI HOTEL & LUXURY SUITE

名称
イリカイホテル ILIKAI HOTEL & LUXURY SUITE
URL:
http://www.ilikaihotel.com/

オアフ島

SHOP

イリカイホテルの2階にある人気パンケーキ店
「シナモンズ」

カイルアの人気パンケーキ店のハワイ2号店。
2014年からイリカイホテルの2階、ハーバーに面したオープンテラスに開店した。屋外に用意された席では、ヨットハーバーを眺め風に吹かれながら朝食を楽しみたい。
グアバ・シフォンやレッド・ベルベットなどの定番パンケーキをはじめ、エッグベネディクトなど、カイルア店の人気メニューを手軽に食べることができる。

シナモンズ

名称
シナモンズ
住所:
1777 Ala Moana Blvd. #180, Honolulu
電話番号:
+1-808-755-9955
URL:
http://www.cinnamons808.com/

オアフ島

SHOP

イリカイホテルのメインダイニング
「サレントス トップ オブ ジ アイ」

イリカイホテルのメインダイニング。
最上階の30階からのながめは最高の一言。ダイヤモンドヘッドや海に沈む夕日、そしてワイキキの夜景をながめながら、ハワイテイストにアレンジされた地中海&イタリアンを楽しむことができる。
海側の席がとれれば、金曜夜のおなじみの花火を真横に観ながらのディナーも。

サレントス トップ オブ ジ アイ

名称
サレントス トップ オブ ジ アイ
住所:
 

オアフ島

観光

創業105年、昔ながらの
有機農法で育てた鶏の卵
「ピーターソンズ・エッグファーム」

ノースショアの手前、ワヒアワにあるエッグファーム。
アラン・ウォンをはじめ、ハワイの名だたるシェフがここの卵を目当てにわざわざ足を運ぶほか、ワイキキ市内での小売りはしていないため、一般のお客も車で買いに来る。
創業105年、昔ながらの有機農法で育てた鶏の卵は滋味があって絶品!

ピーターソンズ・エッグファーム

名称
ピーターソンズ・エッグファーム
住所:
 

オアフ島

観光

毎月最終金曜日に行なわれる
実店舗を持たないテントや
フードトラックが一堂に会する人気イベント
Eat The Street

毎月最終金曜日、カカアコ地区で開催される人気のフードイベント。実店舗を持たないテント営業や移動販売車、約50台がオアフ島の各地域から集結する。毎回、テーマが設定され、それにちなんだ一品をメニューに入れるのがルール。会場内では音楽の演奏やその回のテーマに合ったイベントも開催される。

Eat The Street

名称
Eat The Street
URL:
http://eatthestreethawaii.com/

オアフ島

SHOP

チャイナタウンの大人気ベトナム料理レストラン
「The Pig & The Lady ザ・ピッグ&ザ・レディー」

KCCファーマーズマーケットのテント出店からはじめ、フォーやバインミーが評判を呼び、「お店を開いてほしい!」とのお客さんの声に押されて、昨年、チャイナタウンに実店舗をオープンした大人気ベトナム料理レストラン。
オーナーシェフのアンドリュー・レさんは、ニューヨークの料理学校で学び、故郷ハワイに戻った後は、名店「シェフ・マブロ」でスーシェフとして修行。お母さんのローン・レさんの故国ベトナムの本格的な味付けにインスパイアされ、ベトナムを中心にタイなど南アジアのエッセンスを含んだ料理を提供している。

The Pig & The Lady ザ・ピッグ&ザ・レディー

名称
The Pig & The Lady ザ・ピッグ&ザ・レディー
住所:
83 North King Street, Honolulu, HI(チャイナタウン)
電話番号:
+1-808-585-8255
営業時間:
火〜金曜日 10:30am〜2:00pm
土曜日(ブランチメニュー)10AM〜2PM
URL:
http://thepigandthelady.com

オアフ島

観光

ホノルル美術館内の屋外スペースをパーティ会場として開放して行なわれるイベント
「アート・アフター・ダーク」(ホノルル美術館)

イート・ザ・ストリートと同じく月に一度、最終金曜日の夜にホノルル美術館で開催されているイベント。ホノルル美術館内の屋外スペースをパーティ会場として開放。DJブースやライブステージなど様々なエンターテインメントが行われるほか、屋台やバーコーナーも設けられている。
通常通り、展示室で作品を鑑賞することも可能。お洒落なローカルの支持を集めて、長蛇の列ができるほど好評を博している。

Eat The Street

名称
アート・アフター・ダーク」(ホノルル美術館)
日時:
毎月最終金曜日 18:00~21:00
場所:
ホノルル美術館(ホノルル・アカデミー・オブ・アーツ)
料金:
美術館の入場料 $10
URL:
http://www.honoluluacademy.org/events/art_after_dark

モロカイ島

観光

カラウパパ半島の歴史とダミアン神父の足跡をたずねる
カラウパパ ミュールツアー&ダミアンツアー
Guided Mule Ride & Historical Park Tour

片道片道4.8kmの断崖絶壁のトレイルを、ミュールに揺られて降り、ダミアン神父の足跡を訪ねるガイド付きツアー。朝8時から午後3時まで。

料金:$199 軽食付き ※英語のみ

ミュールツアー

名称
カラウパパ・ミュール・ツアー
電話番号:
+1-808-567-6088
URL:
http://www.muleride.com/rates.asp

モロカイ島

観光

Moana's Hula Hālau

アンティ・モアナのフラハラウ。通常、毎週月曜日の夜6時からカウナカカイのHome Pumehana(ホメ・プメハナ)で練習をしています。
基本的に練習を公開しているハラウ(教室)はありませんが、ここアンティ・モアナのハラウはオープンにしてくれています。
※連絡先電話番号はなく、予約などは必要ありません。が、あくまで好意で見学させてもらうものですので、その場の状況に合わせて相談してみてください。

Moana's Hula Hālau

名称
Home Pumehana
住所:
290 Kolapa Place, KAUNAKAKAI, HI 96748

モロカイ島

SHOP

ガイド役・荒川れん子さん おすすめグルメスポット!
若者に人気の雑貨屋兼アイスクリーム屋さん
「カモイスナックンゴー」

カウナカカイタウン、カモイ・プロフェッショナル・センター内にある雑貨屋兼アイスクリーム屋さん。放課後の時間になると島の若者でにぎわいます。案内してくれた荒川れん子さんも、フラダンスのレッスンの後に必ず立ち寄ったそうです。

名称
カモイスナックンゴー
(Kamoi Snack-N-Go - Dave's Ice Cream Shop)
住所:
28 Kamoi St. #800 Kaunakakai, HI 96748
営業時間:
月~金 10:00am~9:00pm  土 9:00am~9:00pm
日 12:00pm~9:00pm
電話番号:
+1-808-553-3742

モロカイ島

SHOP

ガイド役・荒川れん子さん おすすめ!
生活に必需品からお土産品や特産品も手に入る「フレンドリーマーケット」

カウナカカイタウンの目抜き通り、「アラ・マラマ通り」沿いのスーパーマーケット。生活に必要なものはすべてそろう、モロカイ島の住人にとってはなくてはならない場所です。島の名物、モロカイブレッドはもちろん、モロカイ産のコーヒー「コーヒーズ・オブ・ハワイ」の商品など、お土産品や特産品も手に入ります。

名称
フレンドリーマーケット
住所:
90 Ala Malama Ave, Kaunakakai, HI 96748
営業時間:
月~金 8:30am-8:30pm・土 8:30am-6:30pm・日定休
電話番号:
+1-808-553-5595

モロカイ島

SHOP

ガイド役・荒川れん子さん おすすめグルメスポット!
隣島からもモロカイブレッドを目当てに買いに来るお客さんが多いという人気店
「カネミツベーカリー」

島内はもちろん、オアフ島や隣島からもここのモロカイブレッドを目当てに買いに来るお客さんが多いという人気店。日系移民の創業者、シゲオさんとその奥さんドロシーさんの一族、カネミツファミリーが経営しています。れん子さん一押しの隠れメニューのホットブレッドは、夜7時から、お店の裏手の工場の窓口で買うことができます。

名称
カネミツベーカリー
(Kanemitsus Bakery & Coffee Shop)
住所:
79 Ala Malama Ave, Kaunakakai, HI 96748
営業時間:
水~月 5:30am~5:00pm 火定休
電話番号:
+1-808-553-5855

モロカイ島

SHOP

ガイド役・荒川れん子さん おすすめグルメスポット!
カウナカカイタウンのランドマーク
「モロカイバーガー」

町の中心0マイルポストの脇。450号線とアラ・マラマ通りの交差点にあるカウナカカイタウンのランドマーク的お店です。注文を受けてから作るローカルスタイルのハンバーガーは、島の人々の人気です。フライドチキンもおすすめです!

名称
モロカイバーガー
住所:
20 W Kamehameha V Hwy, Kaunakakai, HI 96748
営業時間:
月~土 7:00am~9:00pm 日定休
電話番号:
+1-808-553-3533
URL:
http://molokaiburger.com/

モロカイ島

SHOP

ガイド役・荒川れん子さん おすすめグルメスポット!
ハワイの島の名前がついた手づくりピザ
「モロカイピザカフェ」

モロカイバーガーの並びにあるピザ屋さん。子供たちの誕生日会など、島の人々の集まりでも人気のお店です。手作りのピザはすべて、ハワイの島の名前がついています。ビッグアイランドは、ベーコン、ハム、マッシュルーム、ブラックオリーブなど10種類の具がのったボリューム満点の一品。モロカイはシンプルなぺパロに&チーズです。ピザ生地を使った焼き立てのパン、ブレッドスティックも、小腹が減った時におすすめの一品です。

名称
モロカイピザカフェ
住所:
15 Kaunakakai Pl, Kaunakakai, HI 96748
営業時間:
月~木 10:00am~10:00pm 金・土 10:00am~11:00pm
日 11:00am~10:00pm
電話番号:
+1-808-553-3288

モロカイ島

SHOP

ガイド役・荒川れん子さん おすすめグルメスポット!
夜22時まで食事ができる「パドラーズイン」

早じまいのお店が多いモロカイ島の中でも、ディナーを食べることができる貴重なお店。月曜はチャイニーズ、水曜日はシーフードなど、日替わりのスペシャルメニューが人気です。毎日、夜6時半からはミュージシャンのライブ演奏を楽しみながら食べることができます。

名称
パドラーズイン
住所:
10 Mohala St, Kaunakakai
営業時間:
11:30am~10:00pm
電話番号:
+1 808-553-3300
URL:
http://molokaipaddlersinn.com/

モロカイ島

SHOP

プレートランチが人気
「マナエ・グッズ&グラインズ」

モロカイ島の東側エリアで唯一のプレートランチ&雑貨屋さん。早朝から開いているので朝食はもとより、プレートランチ目当てにローカル客でにぎわいます。ハラワ方面へのピクニックに行くときは、ここが文字通りラストチャンスショップなので、食べ物や飲み物の補給を忘れずに。

名称
マナエ・グッズ&グラインズ
住所:
8615 Kamehameha V Hwy, Kaunakakai, HI 96813
営業時間:
 
電話番号:
+1-808-558-8186

モロカイ島

観光

ハラワ滝ツアー
ハラワ・オハナ・ロイ・カロ

7世紀頃、南ポリネシアのマルケサス諸島から辿り着いた古代ハワイアンが、この地に住みつき、1200年以上にわたり栄えたハラワ渓谷。いまでも最古の竈や住居跡が残されています。この地に生まれ育ったハワイアン一族の49代目の語り部、アナカラ・ピリポさんの家族がガイドするツアー。

料金:$75 ※約6時間の行程 食事無し(ランチ持参) ※英語のみ 別途、料金が発生しますが、美弥子さんに日本語ガイドをたのむことも可。

ハラヴァ滝ツアー

名称
ハラヴァ滝ツアー ハラワ・オハナ・ロイ・カロ
電話:
+1-808-567-9202
Email:
halawamolokai@gmail.com
URL:
http://halawamolokai.com/

モロカイ島

宿泊

ハワイの言葉で「輝きの家」という名の一軒家
「ハレ オ リノ」

観光化が進んでいないモロカイ島では、ホテル以外にもコンドミニアムやレンタルハウスに宿泊するという手があります。美弥子さんの家の隣の敷地に建つこの青い家もレンタルハウス。もともとは島に唯一のパン屋さん・カネミツベーカリーのアンクルのお母さんが住んでいた家を、美弥子さんたちが譲り受け、リノベーションしたものです。「ハレ オ リノ」――ハワイの言葉で「輝きの家」という名の一軒家は、ベッドルームが3つ。バスルームが2つ。広いリビングダイニングにキッチンがついています。一軒丸ごと借りても一泊3名まで200$から。シェアハウスのように、一部屋ごとのレンタルも可能です。

ハレ オ リノ

名称
ハレ オ リノ
住所:
 
URL:
http://molokai.jimdo.com/

モロカイ島

観光

遺伝子組み換えでないパパイヤを栽培している「クムファーム」

マウナ・ロア・ハイウエイ(460号線)沿いの案内板が目印。この農園は、ハワイ州で唯一、遺伝子組み換えでないパパイヤを栽培していることでも知られています。フレッシュな野菜ももちろんですが、加工品も見逃せません。とくにフレッシュバジルを使ったペーストはパスタソースにもってこい。毎週、火・木・金曜日の朝9時から夕方4時までの営業ですが、タイミングが合えばぜひ、訪ねてみてはいかがでしょうか。

クムファーム(KUMU FARMS)

名称
クムファーム(KUMU FARMS)
住所:
1670 honoapiilani Hwy, Wailuku, HI 96793
住所:
http://www.mauitropicalplantation.com/kumu-farms2/

モロカイ島

観光

空港にほど近いクアラプウエリアに広がる唯一のコーヒー農園「コーヒーズ・オブ・ハワイ」

モロカイ島の名産の一つがコーヒーです。空港にほど近いクアラプウエリアに広がる唯一のコーヒー農園が「コーヒーズ・オブ・ハワイ」です。コーヒーチェリーは収穫からロースト、袋詰めまですべて手作業で行われています。マウイ、モロカイ、コナの豆を合わせたブレンドコーヒーやコーヒー豆の赤い外皮を原料にしたチェリーティー。そして数種類のコーヒーを集めたギフトパッケージまで、さまざまな商品があります。

コーヒーズ・オブ・ハワイ

名称
コーヒーズ・オブ・ハワイ
住所:
1630 Farrington Ave, Kualapuu, HI 96757
URL:
https://www.coffeesofhawaii.com/coffees/molokai

モロカイ島

SHOP

観光客にもローカル客にも人気の店
「クアラプウ・クックハウス」

観光客はもとより、ローカル客であっという間にテーブルが埋まってしまう人気店です。お客さんのお目当てはプレートランチやチキンカツなどですが、木曜日はスペシャル料理のテンダーロインステーキ。他にもシュリンプ、マヒマヒのグリルなどが人気メニューです。ちなみに、アルコールはメニューにありません。支払いは現金のみなので、要注意。

クアラプウ・クックハウス

名称
クアラプウ・クックハウス
住所:
Hwy 470 & Uwao St, Kualapuu, HI 96757
営業時間:
火~土 7:00am~8:00pm 月 7:00am~2:00pm 日定休
電話番号:
+1-808-567-9655

ラナイ島

宿泊

全米ベストビーチにも選ばれたことがある
ポエビーチを望む高台の5つ星リゾート

「フォーシーズンズ・ラナイ マネレベイ」

ラナイ島の南、全米ベストビーチにも選ばれたことがあるフロポエビーチを望む高台の斜面に建つ5つ星リゾート。
併設されたゴルフコースはジャック・ニクラウス設計で、12番ホールではビル・ゲイツ氏が結婚式を挙げたことでも知られる。敷地内には古代ハワイアンの住居の遺跡がある。

フォーシーズンズ・ラナイ マネレベイ

名称
フォーシーズンズ・ラナイ マネレベイ
URL:
http://www.fourseasons.com/jp/manelebay/

ラナイ島

観光

水中には手つかずの自然が残さた
ダイビングの人気のスポットへ

「トリロジー・オーシャンスポーツ・ラナイ」

ラナイ島は海洋保護区に指定されているため、水中には手つかずの自然が残されている。
中でも人気のスポットが、カテドラル1と2。いずれも、溶岩が固まったダイナミックな地形が特徴で、天井や壁の部分の隙間から差し込む陽光がステンドグラスのような美しい光景を見せる。
ダイビングサービスは、トリロジーがサービスしており、直接の予約の他、フォーシーズンズホテルのコンシェルジュサービスを通じても予約することが可能。

トリロジー・オーシャンスポーツ・ラナイ

名称
トリロジー・オーシャンスポーツ・ラナイ
URL:
http://www.scubalanai.com/

ラナイ島

観光

マウイの首長の娘プウペヘと、
ラナイ島の戦士マカケハウの悲恋の言い伝えのある

「プウペヘ(スイートハート・ロック)」

フロポエ湾の外側に位置する巨岩。マウイの首長の娘、プウペヘと、ラナイ島の戦士、マカケハウの悲恋の言い伝えから、スイートハート・ロックと呼ばれ、観光スポットとなっている。
対岸の崖の上からの眺めは絶景。
周辺は、ハワイの絶滅危惧種の野鳥「ウアウ」(ハワイシロハラミズナギドリ)の生息地としても知られ、地面に巣穴を見ることもできる。

プウペヘ(スイートハート・ロック)

ラナイ島

観光

ラナイ島の歴史や遺産が一目でわかる
「ラナイ・カルチャー&ヘリテージセンター」

ラナイ島の中央、ラナイシティにある博物館。
古代ハワイアンの到来から、サトウキビプランテーション時代を経て、パイナップルの一大産地へ――
文字通り、ラナイ島の歴史や遺産が一目でわかる展示施設になっている。

ラナイ・カルチャー&ヘリテージセンター

名称
ラナイ・カルチャー&ヘリテージセンター
住所:
730 Lanai Ave # 126, Lanai City, HI 96763
電話番号:
+1-808-565-7177
URL:
https://www.lanaichc.org/

ラナイ島

観光

カウマラパウ湾

島の西側に開けた商業港。かつてはここから世界に向けてバナナが輸出された。
さえぎるものがなく水平線に沈む夕日を眺めることができるサンセットスポットでもある。

カウマラパウ湾

ラナイ島

宿泊

「フォーシーズンズ・ラナイ
  ザ・ロッジ・アット・コエレ」

標高490メートル。ノーフォーク松に囲まれたラナイハレ山の麓に建つリゾートホテル。ロビーや客室には英国調の調度品がしつらえられ、落ち着いた山小屋の趣がある。
池を囲んだ中庭も美しく、オリエンタルな東屋やオーキッドハウスが点在している。
島唯一の町、ラナイシティまでは車で5分。

フォーシーズンズ・ラナイ ザ・ロッジ・アット・コエレ

名称
フォーシーズンズ・ラナイ ザ・ロッジ・アット・コエレ
URL:
http://www.fourseasons.com/jp/koele/

ラナイ島

観光

ラナイシティ

サトウキビプランテーションで働くために移民した日本人によって造られた。町の建設が始まったのは1923年。プランテーションハウスや道、上下水道などのインフラ設備は、すべて日本人の石工や大工の手によるものだという。

パイナップルアイランドと呼ばれた当時の名残りを今に伝えるドール公園を囲むように、郵便局、銀行、ギフトショップ、レストラン、カフェ、アートギャラリーなどが軒を並べる。
総人口の9割にあたる約3000人の人々が暮らしている。

ラナイシティ

ラナイ島

SHOP

ポケ丼の名店
「オハナ・ポケ・マーケット」

マグロやカツオの刺身を醤油や生姜などの調味料と和えたハワイのお惣菜、ポケを温かいご飯の上に乗せたポケ丼の名店「オハナ・ポケ・マーケット」。
レギュラーでももちろん大満足ですが、牛肉の佃煮が載ったデラックスポケ丼は絶品。

オハナ・ポケ・マーケット

ラナイ島

SHOP

ベストオブラナイに2年連続で選ばれた
「カフェ565」

プレートランチやハンバーガーといった軽食の名店。なかでもピザやサンドイッチが美味しいと評判。
ピザとアジア料理部門のベストオブラナイに、2年連続で選ばれた。

カフェ565

ラナイ島

SHOP

ローカルでにぎわっている人気店
「ブルー・ジンジャー・カフェ」

早朝からローカルでにぎわっている人気店。
プレートランチやロコモコも人気だが、サイミンや、フライドハニーチキンもはずせません。

ブルー・ジンジャー・カフェ

ラナイ島

観光

伝説や神話の残る白砂の美しいビーチ
「ポリフアビーチ」

島の北端にある白砂の美しいビーチ。ハワイの言葉で入り江を意味するポリと、卵を意味するフアを語源とする。
ハワイで初めてウミガメが上陸した場所という伝説や、火山の女神ペレが終の棲家となるハワイ島へ旅する途中に立ち寄ったという神話が残っている。

ポリフアビーチ

ラナイ島

観光

沖に貨物船が座礁している海岸
「シップレックビーチ」

ラナイ島の舗装道路はわずかに50キロ足らず。残りの640キロにわたる道路は未舗装で、信号もないため、4WDでなければ走行できない部分も多いが、そんな未舗装道路を走っていく観光スポットのひとつがここ。別名、シップレックビーチだ。
その名の通り、沖に貨物船が座礁している海岸で、ラナイ島の周囲は遠浅な所が多く、昔から航海の難所として知られていた。
ビーチからは、65年前にこの地で難破した貨物船「リバティ号」をながめることができる。

シップレックビーチ

ラナイ島

観光

ラナイハレの稜線に沿ってつづく遊歩道
「マンロートレイルルックアウト」

ホテルの裏側にそびえる標高1027メートルの山、ラナイハレの稜線に沿って山頂までつづく20キロあまりの遊歩道。
でこぼこ道を4WDの車で進むと、10分ほどで展望台へ到着。海を隔てて右側にマウイ島、左にモロカイ島を眺めることができる。
展望台からの雄大な眺めは一見の価値あり。

マンロートレイルルックアウト

ラナイ島

観光

カウボーイ=パニオロ体験を楽しめる
「ラナイ・ウエスタン・アドベンチャー」

ザ・ロッジ・アット・コエレから車で5分ほどのところにある牧場では、カウボーイ=パニオロ体験を楽しむことができる。
最初に馬の乗り方のレクチャーをうけたら、インストラクターの誘導で赤土の大地を尾根に向かって馬に揺られていく。

ラナイ・ウエスタン・アドベンチャー

ラナイ島

観光

自然農法を取り入れ、地産地消に取り組む
「アルベルタ農園」

モロカイ島の警察官だった日本人のお父さんと、モロカイ生まれモロカイ育ちのドイツ系ハワイアンのお母さんの間に生まれたアルベルタさんが運営する農園。
10年ほど前から、可能な限り自然農法を取り入れて、地産地消に取り組んでいる。
フォーシーズンズホテルのコンシェルジュを通じてファームツアーの申し込みも受け付けている。

アルベルタ農園

マウイ島

宿泊

ヨガのためのリトリート
「ルメリア マウイ」

アップカントリー・パイアの山側に建つヨガ・リトリート。120年前のプランテーション従業員宿舎を改装した青緑色の低層建物の中に、客室や自然食レストラン、ヨガルームが備えられている。
中庭にはバナナやスリナムチェリーなど、食べることのできる植物が植えられ、敷地内には有機栽培の農園もある。 ヨガのためのリトリートなので、ホテルのようないたれりつくせりのサービスはないが、電話やテレビもないシンプルな生活で、心と体のリズムをとりもどすことができる。
ヨガ経験者はもちろん、ヨガ未経験、もしくはヨガを目的としない宿泊客でも泊まることができる。

ルメリア マウイ

名称
ルメリア マウイ
住所:
1813 Baldwin Ave, Makawao, HI, 96768, United States
電話番号:
+1-855-579-8877

マウイ島

SHOP

パイアタウンのランドマーク的お店
「パイアフィッシュマーケット」

パイアタウンのT字路の角に建つ、ランドマーク的お店。店名通り、新鮮な魚介類を使った料理が評判だ。
名物はオバマバーガー。サワラのグリルをワサビバターで和えた絶品。お試しあれ。

パイアフィッシュマーケット

名称
パイアフィッシュマーケット
URL:
http://www.paiafishmarket.com/

マウイ島

SHOP

100%オーガニックの胚芽入り小麦粉で作ったピザ
「フラットブレッド」

100%オーガニックの胚芽入り小麦粉で作ったピザが評判。
店内中央にある石釜では、次々に熱々のピザが焼き上がる。人気はハワイのローカルフード、カルアポークとパイナップルのピザ。

フラットブレッド

名称
フラットブレッド
URL:
http://www.flatbreadcompany.com/
FlatbreadMaui2010.html

マウイ島

SHOP

老舗のオーガニックスーパー
「マナフーズ」

自然食や有機野菜、惣菜から化粧品類に至るまで、オーガニックにこだわった品ぞろえは、人気のホールフーズをしのぐ内容。
滞在中の食料調達はもとより、お土産を買う場所としてもはずせない。

マナフーズ

名称
マナフーズ
URL:
http://manafoodsmaui.com/

マウイ島

観光

ナディアさんが教えるヨガ教室
「マウイヨガシャラ」

ナディアさんが教えるヨガ教室。
生ギターの演奏と歌に合わせてアーサナ(ポーズ)をとる独特なスタイルで人気。
観光客でもビジターとして参加することができる。

マウイヨガシャラ

名称
マウイヨガシャラ
URL:
http://www.maui-yoga.com/

マウイ島

観光

地元マウイ産のパイナップルブランド
「マウイゴールドパイナップル」

100年以上の歴史がある、地元マウイ産のパイナップルブランド。ハレアカラの山肌に広がる畑で太陽をいっぱいに浴びて育つパインは甘くてジューシー。
ツアーに参加すれば、パイナップル畑の見学をすることができる。

マウイゴールドパイナップル

名称
マウイゴールドパイナップル
URL:
http://www.pineapplemaui.com/history.php

マウイ島

観光

ヴァンヘイレンの元ヴォーカル、
サミー・ヘイガーのラム工場
「ハリイマイレ蒸留所」

ヴァンヘイレンの元ヴォーカル、サミー・ヘイガーのラム工場。マウイゴールドパイナップルを原料にしたウォッカを製造していたマークさんの腕にほれ込んだサミーさんが、マウイのサトウキビからとれるブラウンシュガーを原料としてラム酒を造れないかと持ちかけたことでラム酒もつくることになった。
パニオロブランドのウイスキーと合わせて、アップカントリーのお土産におすすめ。

ハリイマイレ蒸留所

名称
ハリイマイレ蒸留所
URL:
http://www.haliimailedistilling.com/

マウイ島

SHOP

ハワイの食のトレンドを決定づけたHRCの名店
「ハリイマイレゼネラルストアレストラン」

ハワイの食のトレンドを決定づけたHRC=ハワイリージョナルキュイジーヌの名店。
地元ハワイ産の食材を使った地産地消の料理を提唱したHRCの創設メンバー12名の一人、カリスマ女性シェフのビバリー・ギャノンが腕を振るう。

ハリイマイレゼネラルストアレストラン

名称
ハリイマイレゼネラルストアレストラン
URL:
http://bevgannonrestaurants.com/

マウイ島

観光

マカワオタウン

ハリイマイレからさらに山側へ向かう途中にあるヒストリカルタウン。ハワイのカウボーイ、パニオロの町として栄え、現在はレストランや土産物、ブティックが立ち並ぶ、古き良き時代の魅力がギュッとつまった場所だ。

マカワオタウン

マウイ島

観光

人気レストランのオーナーが運営するオーガニック農園
「オオファーム」

マウイ島の西海岸・ラハイナにある人気レストランのオーナーが運営するオーガニック農園。
肥沃な土地は農業や牧畜に適していて、周辺には有機農業をうたうさまざまな農園がある。
ファームツアーに参加すれば、園内をガイドしてもらえるだけでなく、最後に新鮮な有機野菜などマウイ産の食材を使ったランチを楽しむことができる。

オオファーム

名称
オオファーム
URL:
http://www.oofarm.com/

マウイ島

観光

クラマルタウンセンターで毎週土曜日朝7時から開催
「クラファーマーズマーケット」

クラマルタウンセンターで毎週土曜日朝7時から開催されている。オーガニック野菜をはじめ、コーヒー、肉、プレートランチなど、クラ周辺の農園や牧場で採れた、地元産の新鮮な食材が並ぶ。

クラファーマーズマーケット

名称
クラファーマーズマーケット
URL:
http://www.upcountryfarmersmarket.com/

マウイ島

観光

「マウイ・オールスターズ」

番組内で紹介した山内良和さんが経営するツアー会社。スターゲイジングツアーについての詳細は、以下のURLから。

マウイ・オールスターズ

名称
マウイ・オールスターズ
住所:
http://www.mauiallstars.com/stargazing/index.html

マウイ島

観光

ハレアカラクレーター

ハレアカラ山の標高2700m地点にある直径 11.25 km、幅 3.2 km、深さ約800 mの巨大クレーター。
先史時代のハワイアンの聖地として知られ、アポロ計画のリハーサルや、映画2001年宇宙の旅のロケ撮影が行われた場所でもある。

ハレアカラクレーター

マウイ島

観光

銀剣草

ハワイとヒマラヤでしか見られないと言われる高山植物です。銀色の葉先が剣に似ていることからこの名がついた。

銀剣草

マウイ島

観光

ハレアカラ山頂

ハレアカラ山頂

マウイ島

観光

ホオキパ

世界中のウインドサーファーが憧れる聖地。マウイ島のノースショア、パイアを抜けた先に位置する。
ビーチと並行に貿易風が吹き付ける気象条件が、ウインドサーフィンにとって最高の環境。

ホオキパ

マウイ島

SHOP

海上がりに立ち寄りたい! マウイ島B級グルメ
オガちゃんのおすすめは"しょうゆチキン"
「クアウストア」

パイアを抜けてホオキパに向かう途中、唯一のお店。
その前身は、日系人が経営していたクアウマート。オーナーの死去によって一時期クローズしていたが、二年前から新しいオーナーを迎え、名前もクアウストアに変わって再オープンした。
オガちゃんのおすすめは、ストア時代からの好物、「しょうゆチキン」。甘辛しょうゆ味のチキンが、マリンスポーツ後のお腹にもってこい。

クアウストア

名称
クアウストア
住所:
701 Hana Hwy, Paia, HI 96779
電話番号:
+1-808-579-8844
URL:
http://www.kuaustore.com/

マウイ島

SHOP

海上がりに立ち寄りたい! マウイ島B級グルメ
オガちゃんのおすすめはB級感あふれる"ホットドッグ"
「マアラエア・ジェネラルストア」

もともとは日系人の漁師さんが経営していた雑貨店ですが、オーナーが代わってお洒落な雑貨店として再オープン。
おすすめは、B級感あふれるホットドッグ。ハンバーガー類もおいしい。

マアラエア・ジェネラルストア

名称
マアラエア・ジェネラルストア
URL:
http://www.maalaeageneralstore.com/

マウイ島

SHOP

海上がりに立ち寄りたい! マウイ島B級グルメ
オガちゃんのおすすめは"アサイボウル"
「チョイス」

ラハイナで人気のヴィーガンレストラン。
新鮮な有機野菜を使った料理が評判で、健康志向のローカル客でにぎわっている。
オガちゃんのおすすめはアサイボウル。海上がりに小腹が空いた時に、チョイスのアサイボウルでリセットして、もう1ラウンド!

チョイス

名称
チョイス
URL:
http://www.choicehealthbar.com/

マウイ島

SHOP

海上がりに立ち寄りたい! マウイ島B級グルメ
パイやハンバーガーが美味
「レオダス・キッチン・アンド・パイ・ショップ」

ラハイナから南東に10分ほど走った街道沿い、オロワルにあるパイと軽食のお店。パイももちろんだが、ハンバーガーが美味。

レオダス・キッチン・アンド・パイ・ショップ

名称
レオダス・キッチン・アンド・パイ・ショップ
URL:
http://www.leodas.com/

マウイ島

観光

マアラエア
おすすめはモロキニ島への半日ピクニックツアー
「プライド・オブ・マウイ」

マウイ島のマリンレジャーの中でも、海中の美しさで評判なのがモロキニ島へのピクニック船を運航。
おすすめは半日ピクニックツアー。マアラエアの港から出発する船は、片道1時間弱でモロキニ島へ到着する。船上では朝食、昼食が提供されるほか、船の上から海へ飛び込むスライダーなどの遊具もあって、ダイバーでなくとも楽しめる。

半日ツアー料金(スノーケル): 料金大人$101  子供$67
※ダイビング参加希望(事前予約・Cカード保有者のみ)は上記に1タンク$52、2タンク$76が加算される。

プライド・オブ・マウイ

名称
プライド・オブ・マウイ
日本語窓口:
Japan@prideofmaui.com
電話番号:
+1-808-868-8083
URL:
https://www.prideofmaui.com/japanese

マウイ島

宿泊

マアラエアの宿泊施設
「コンドミニアム・ラウロア」

<料 金> 306・106号室
夏期 (4/15〜12/14
 1-2名様 160ドル/泊
 3-5名様 180ドル/泊
冬期(12/15〜4/14)
 1-2名様 220ドル/泊
 3-5名様 240ドル/泊

● 最大5名まで宿泊可能。最低宿泊日数は4泊。
● 10日以上宿泊の長期滞在の方、割引きあります。
● 清掃代100ドルとハワイ州税13.25%が加算されます。

コンドミニアム・ラウロア

名称
コンドミニアム・ラウロア
予約申し込み:
juone@maui.net
電話番号:
+1-808-281-2211 日本語可

マウイ島

宿泊

カアナパリの宿泊施設
「シェラトン・マウイ・リゾート・アンド・スパ」

西マウイで遊ぶなら、カアナパリに拠点をかまえるのが無駄のない過ごし方。
白砂が美しいカアナパリビーチの西端。ウミガメで有名なブラックロックのすぐ前に建つリゾートホテル「シェラトン・マウイ・リゾート・アンド・スパ」。
目の前にはモロカイ島、ラナイ島をのぞみ、夕暮れ時には美しい夕陽が島の向こうへ沈んでいく光景をみることができる。
ショッピングモールのホエーラーズビレッジへは海沿いに徒歩10分。ラハイナまでは車で10分という好立地。

シェラトン・マウイ・リゾート・アンド・スパ

名称
シェラトン・マウイ・リゾート・アンド・スパ
URL:
http://jp.sheraton-maui.com/kabeach.htm

マウイ島

観光

ラハイナ

カメハメハ大王が一時、首都を置いたことでも知られる、歴史ある町。ギフトやブティックなどのショップ、レストランなどが集まり、夕暮れ時は観光客でにぎわう。

ラハイナ

マウイ島

SHOP

マウイ産の新鮮な食材を使った料理が評判
「パシフィコ・レストラン」

ラハイナのビーチフロントに建つレストラン。ハレアカラ山クラ高原の専用農園「オオファーム」で栽培する有機野菜をはじめ、マウイ産の新鮮な食材を使った料理が評判。

パシフィコ・レストラン

名称
パシフィコ・レストラン
URL:
http://pacificomaui.com/

マウイ島

観光

大仏のある浄土宗のお寺
「ラハイナ浄土ミッション」

ラハイナのマラワーフに面したビーチ際に建つ日本の寺。
明治元年にマウイ島に渡った移民1世が中心となり建立した。
現在の住職、原源照さんは、在住52年。1963年に彼の地に渡り、以来半世紀以上をマウイ島のラハイナで暮らしている。
大仏は明治100年にあたる1968年、移民100年の先人たちをたたえるためのもの。釣鐘も移民100年の鐘という銘が入っている。

ラハイナ浄土ミッション

名称
ラハイナ浄土ミッション
住所:
12 Ala Moana St.,Lahaina, Hawaii 96761 U.S.A.
電話番号:
+1-808-661-4304

マウイ島

SHOP

毎週土曜日開催のファーマーズマーケット
「ラウニウポコ・ファーマーズ・マーケット」

毎週土曜日、朝8時から正午まで開催しているファーマーズマーケット。
道路わきのスペースに6張ほどのテントが並ぶ、こぢんまりとしたものだが、地元の農家が作った野菜や果物、加工品が並ぶ。

ラウニウポコ・ファーマーズ・マーケット

名称
ラウニウポコ・ファーマーズ・マーケット
住所:
Kai Hele Ku St at Honoapiilani Hwy, Lahaina 96761

ハワイ島

観光

コナ・ヘリテージコリドー

フアラライ山の中腹、ハワイ州道11号線から北に分かれて平行に走る約9マイルの州道180号線の別名。日系人が開墾したコーヒーベルト地帯で、コーヒー産業に従事した日系人の町、ホルアロア、カイナリウ、ケアラケクアを通るためにヘリテージコリドーと呼ばれる。

コナ・ヘリテージコリドー

ハワイ島

SHOP

ホルアロアタウンのランドマーク的お店
「木村商店」

ホルアロアタウンのランドマーク的お店。
山口県周防大島出身の1世から数えて4代目のレネさんがオーナー。2014年で創業100年の歴史がある。
もともとは雑貨屋としてスタートしたが、収穫したコーヒー豆を入れるカゴなど、ハワイアン民芸品「ラウハラ」のショップに転進。ローカルはもとより、観光客でにぎわっている。

木村商店

ハワイ島

観光

ホルアロアタウン
「コナ本願寺」

コナ本願寺

ハワイ島

観光

ホルアロアタウン
「ドクトル林邸」

日系移民のためにキャリアをなげうち、その生涯を捧げたドクトル林の自宅跡。会津生まれで、アメリカに渡り医学を勉強し、帰国の途中で立ち寄ったハワイ島で、日系移民の貧しい姿にふれ、この地に骨をうずめた。

ドクトル林邸

ハワイ島

宿泊

ホルアロアタウン
「イナバ・コナホテル」

1926年創業。ピンクの外観が特徴的な日系人経営のホテル。豪華な設備はないが、古き良き時代を思い起こさせるクラシックな宿として根強い人気がある。町の中心に位置し、ホルアロア観光の拠点としてアクセス至便。

イナバ・コナホテル

ハワイ島

観光

ホルアロアタウン
日本人墓地

日本人墓地

ハワイ島

観光

ホルアロアタウン
「移民センター」

地域の集会場、移民センター。日系移民たちの力で作られた。

移民センター

ハワイ島

SHOP

店内ぶ日本の古いレコードや、本、
雑貨などがディスプレイされている
「ザ・ケアウホウストア」

日系移民のササキ・ヨシスケさんが、1919年に開業した「佐々木商店」がその前身。創業者のヨシスケさんの後を継いだ息子さんが2009年に他界。引き継ぎ手がなく、閉店を余儀なくされていたのを、現在のオーナーが昔の面影を残したままに修復し、2011年に再オープンした。
建物はもとより、ドアや窓、ショーケースなどは熟練の大工だったヨシスケさんが作ったオリジナルのまま。日本の古いレコードや、本、雑貨などがディスプレイされている店内は、まるで博物館のよう。

ザ・ケアウホウストア

ハワイ島

観光

アメリカ合衆国国家歴史登録材に指定された
「大福寺」

正式名称、白峰山大福寺は、1914年、児玉介石によって開かれた。本尊は釈迦如来像。本堂部分はコアの木などハワイの素材を使って作られている。
1994年にアメリカ合衆国国家歴史登録材に指定された。

大福寺

ハワイ島

観光

「ホノコハウマリーナ」

ホノコハウマリーナ

ハワイ島

観光

「マサシのネイチャースクール」

正司さんが経営するツアー会社。番組中で紹介したイルカ、マンタのツアーについては、下記リンクから。

マサシのネイチャースクール

名称
マサシのネイチャースクール
住所:
http://www.minshuku.us/

ハワイ島

観光

ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ

ハワイ州道200号線――マウナケアとマウナロアという2つの山を馬の背に見立て、その真ん中の鞍の部分を西から東へ貫いているので、別名「サドルロード」と呼ばれる。
全長53マイル(84.8km)。この道ができたおかげで、コナ〜ヒロ間を片道約1時間半で走破できるようになった。
名称の由来は、先の大戦時の献身的な活動でハワイの日系人の地位を大きく変えた、故・イノウエ議員の名から。

ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ

ハワイ島

SHOP

1907年に創業した日系水産会社
「スイサンフィッシュマーケット」

早朝6時からはその日揚がったマグロのセリを見学することもできる。鮮魚の小売りもやっているが、おすすめは10種類以上あるポケ。玄米か白米を選んで、トッピングのポケをオーダーすれば、ポケボウルのできあがり。
ヒロハワイアンホテルからも歩いて5分のところにあるので、朝の散歩がてらたずねてみるのもおすすめ。

スイサンフィッシュマーケット

名称
スイサンフィッシュマーケット
住所:
93 Lihiwai St Hilo, HI 96720

ハワイ島

SHOP

コーヒーが安く手に入ると観光客に人気の
「KTAスーパーストア」

1916年、日系移民の谷口コウイチ、タニヨ夫妻が谷口商店としてオープンしたのが始まりのスーパー。お弁当やポケなどの惣菜の他、コーヒーが安く手に入ると観光客に人気。

KTAスーパーストア

名称
KTAスーパーストア
URL:
http://www.ktasuperstores.com/

ハワイ島

観光

パレスシアター

1933年開館の映画館。ノスタルジックな建物の中で映画を観ていると、まるでタイムスリップしたかのような不思議な感覚がわいてくる。
海岸沿いのクレスシネマが閉館してしまったため、現在は、町唯一の映画館となってしまった。NPO団体が寄付金をベースに運営している。
劇場主催の上映と、外部の主催者が場所を借りて上映する2つのケースがあり、前者の場合は入場料は一律、一般8ドル、学生・シニアが7ドル。

パレスシアター

名称
パレスシアター
URL:
http://www.hilopalace.com/index.php

ハワイ島

SHOP

東日本大震災に関するブースもある
「太平洋津波博物館
(パシフィック・ツナミ・ミュージアム)

自然災害への備えを啓蒙する目的で、ヒロタウンを襲った過去2度の大津波の被害状況と生存者の証言、写真データを展示している。
その他にも、地球上の大きな津波被害をまとめたコーナーが設置されている。東北地方に甚大な被害をもたらした東日本大震災に関するブースもある。

太平洋津波博物館(パシフィック・ツナミ・ミュージアム)

名称
太平洋津波博物館
(パシフィック・ツナミ・ミュージアム)
URL:
http://www.tsunami.org/index/index.html

ハワイ島

SHOP

ヒロが生んだハワイの名物“ロコモコ”
「カフェ100」

1984年にロコモコの登録商標を取得している”元祖”ロコモコのお店。お店の名前は、沖縄出身の創立者、リチャード・宮城(ミヤシロ)さんが、日系人で構成される100部隊出身だったことに由来している。
現在は、1984年に事業を引き継いだ三世のゲイル・宮城さんがオーナー。オリジナルのロコモコの他、さまざまな変り種ロコモコを食べることができる。

カフェ100

名称
カフェ100
URL:
http://www.cafe100.com/

ハワイ島

SHOP

サダオさんお薦め
ローカルが通うロコモコのおいしいお店
「ドンズグリル」

これぞローカル御用達レストラン。
オーナーシェフのドンさんが、安くておいしい料理をヒロの人々に提供したいという思いで1988年9月に開業した。名物「ロコモコ」は日本風のパン粉が入ったレシピのハンバーグがおいしい。
ほかにもロティサリーチキンや、ミックスプレートなど、味とボリューム満点の料理がそろう、ヒロっ子が口をそろえてお薦めするお店。

ドンズグリル

名称
ドンズグリル
URL:
http://www.donsgrillhilo.com/

ハワイ島

SHOP

地元の人々から愛されるファミリーレストラン
「フレディーズ」

地元の人々から愛されるファミリーレストラン。
ロコモコはオリジナルの他、ハンバーグの代わりにチキンカツが乗ったチキンカツロコが美味。
店内左奥にはレストランスペースがあり、右側はテイクアウトとイートインの両方が可能なカジュアルスタイル。

フレディーズ Freddy's

名称
フレディーズ
住所:
454 Manono St Hilo, HI 96720
電話番号:
+1-808-935-1108

ハワイ島

SHOP

お母さん秘伝のレシピを守り続けるロコモコ
「K's ドライブイン」

日系人のデイル・カドタさんが経営するドライブイン。
お母さん秘伝のレシピを守り続けるロコモコは、地元のお客さんに人気。美味しさの秘訣はパン粉を使ったハンバーグパテに、自家製グレイビーソース。同じく、お母さん特製のサイミンもはずせない一品。

K's ドライブイン

名称
K's ドライブイン
URL:
http://www.ksdrivein.com/

ハワイ島

宿泊

「ヒロハワイアンホテル」

ヒロ湾に面した静かな場所に建つホテル。すぐ目の前には散歩に最適な小島「ココナッツアイランド」や、リリウオカラニ公園がある。

リリウオカラニ公園は1900年代に日系人の手によって造られた日本式庭園。ヒロタウンまで車で5分。空港までわずか3キロと交通の便もよく、キラウエア火山への観光拠点としても便利。

メインダイニングのクイーンズ・コート・ダイニング・ルームでは朝食、ランチはもとより、ローカルに人気のディナーもおすすめ。とくに、隠れた名物としてローカル客で大賑わいなのが週末のハワイアンシーフードブッフェ(5:30pm~9:00pm)。スノークラブやタコポケ、アヒのポケや刺身はもちろん、カルアピッグ、ラウラウ、チキンロングライスなどおなじみのハワイアンフードがところ狭しと並ぶ。ハウスワインとビールやノンアルコール飲料も込みで1人 $44+Tax はお得。

ヒロハワイアンホテル

名称
ヒロハワイアンホテル
URL:
http://www.castleresorts.com/Home/accommodations/
hilo-hawaiian-hotel

ハワイ島

SHOP

サダオさんイチオシ
ヒロタウンのおいしいもの

「コズミックコーン」

ローカル御用達のアイスクリーム&プレートランチ店。
サダオさん一押し。
人気の秘密はボリュームとローカル好みの味付け、そして安さ。チキンロングライスが人気の一品。

コズミックコーン

名称
コズミックコーン
住所:
317 Waianuenue AveHilo, HI 96720
電話番号:
+1-808-935-6311

ハワイ島

SHOP

ヒロタウンのおいしいもの
ハワイアンサイズのいちご大福
「Two Ladies Kitchen」

ストロベリー餅=いちご大福が人気のお店。お祖母さんのお餅の味を伝えたいと、89歳の叔母さんトミ・トケシさんとノーラ・内田さんの二人で10年前に始めたことが店名の由来。
味は和風ですが、サイズはハワイアン!

Two Ladies Kitchen

名称
Two Ladies Kitchen
住所:
274 Kilauea Ave, Hilo, HI 96720
電話番号:
+1-808-961-4766

ハワイ島

SHOP

ヒロタウンのおいしいもの
パンケーキのおいしい
「ハワイアンスタイルカフェ」

ハワイ島の西、ワイメアタウンの名店の二号店がヒロに出店しています。一押しは、やはりパンケーキ!そしてカルアハッシュです。ポケとカルビの二色丼、サーフアンドターフも絶品。

ハワイアンスタイルカフェ

名称
ハワイアンスタイルカフェ
URL:
http://hawaiianstylecafe.com/

ハワイ島

SHOP

ヒロタウンのおいしいもの
「The Big Island Candies
(ビッグアイランドキャンディー)

ヒロ観光ツアーで必ず立ち寄ると言ってもいい、お菓子の名店。近頃はホノルルにも支店ができて、日本人にも知られるようになってきたが、1977年創業の歴史あるお店。定番のショートブレッドクッキーの他、チョコレートが人気。

The Big Island Candies(ビッグアイランドキャンディー)

名称
The Big Island Candies
(ビッグアイランドキャンディー)
URL:
https://www.bigislandcandies.com/

ハワイ島

観光

レインボー滝

レインボー滝

ハワイ島

観光

「イミロア天文学センター」

ハワイ大学ヒロ校付属の科学館として2006年に誕生。ハワイの言葉で「探検」「探究」を意味する「イミロア」の文字通り、ハワイアンの文化や自然科学を楽しみながら学ぶことができる施設。とくに、ハワイアンにとっての宇宙創造を理解するために重要なマウナケア山について、知識を深めることができる。
無料の日本語音声ガイドサービスも用意されていて、家族連れで楽しめるおすすめスポットだ。

イミロア天文学センター

名称
イミロア天文学センター
URL:
http://www.imiloahawaii.org/

ハワイ島

観光

サーストン・ラバ・チューブ

約500年前にできたと言われている溶岩トンネル。噴火によって流れ出た溶岩の外側は空気で冷やされ固まるが、中にはまだ熱い溶岩が流れている。その溶岩が流れきったあとの空洞がラバチューブだ。
トンネルの中はとても神秘的な光景で、不思議なパワーを感じさせられるパワースポットとしても有名。

サーストン・ラバ・チューブ

名称
サーストン・ラバ・チューブ
URL:
http://www.gohawaii.com/jp/big-island/regions-neighborhoods/kau/nahuku-thurston-lava-tube/

このページの先頭へ