ニュース・経済 番組詳細

山口義行の中小企業新聞

写真:山口義行の中小企業新聞

 

  • 次回以降の内容
  • 過去のラインナップ

放送時間

【次回放送日時】
11月26日(水)よる11時00分~0時00分

番組にメッセージを送る 番組へのメッセージを見る
  • 番組プレゼント

番組紹介

日本の会社の99.7%は中小企業。中小企業の動向は、日本経済を左右する屋台骨です。
そこでこの番組では、中小企業に特化し、多彩な角度から中小企業論の第一人者、立教大学の山口義行教授が、
「わかりやすく、明るく」、そして何よりも生活者、中小企業者の目線と現場感覚でお送りします。
また、毎回、元気な中小企業を現場感覚で紹介し、その秘訣をひも解いていきます。

出演者・スタッフ

山口義行(立教大学経済学部教授)
アシスタント:菅野由花
レポーター:大橋優子

櫻井浩昭(株式会社ストラテジック代表取締役)

このページの先頭へ

次回以降の内容

「消費増税先送りと解散総選挙!~中小企業の今後は~」(11月26日放送)

ゲスト:二木啓孝(BS11解説委員)

安倍首相が衆議院を解散し、来月総選挙が行われます。首相は来年10月からの消費税10%を先延ばしして、「アベノミクスの評価で国民に信を問う」としています。しかし、4月の消費税増税以降、消費を中心に日本の景気が低迷しています。また政府・日銀はさらなる金融緩和政策を10月31日に決定し、円安・株高が進んでおり、中小企業は円安による輸入材料の高騰などで経営が悪化しています。この間、政府税制調査会では中小企業をめぐる税制を「改正」して、中小企業に新たな増税を求める案も浮上しています。総選挙を経て、今の経済と政治の流れをどのように見るのか、消費税の在り方、そして真にあるべき中小企業税制とは...などについて議論を深めていきます。第2部では、貸しおしぼり業を継いだ2代目社長が、おしぼり業界にあらたなイノベーションを興した、これまでに迫ります。

このページの先頭へ

過去のラインナップ

「中小企業の国際貢献はいま!」(10月22日放送)

ゲスト:髙井良一(タイワ精機代表取締役社長)
岩切敏(JICA国内事業部長)

いま、中小企業の海外進出が注目されています。特に経済発展が著しいアジアを中心に進出、輸出入、外国企業との生産・販売・技術の業務提携を行う企業が増えています。海外進出は、自社の市場開拓だけではなく、途上国への国際貢献という視点が大切です。そこで、海外進出の現状や成功させるためのポイントと、可能性と課題・リスクなど、具体的な事例を紹介しつつ、日本経済の基本である中小企業の今後について考えていきます。今回からリニューアルした第2部、「大橋優子の挑戦する経営者たち」では名古屋に本社を構えるタイルメーカーをご紹介。イタリアから直輸入のタイルで顧客を魅了。その販売戦略に迫ります。

「自治体と中小企業のコラボで地域を元気に!」(9月24日放送)

ゲスト:牧野光朗(長野県飯田市長)
金丸弘美(食環境ジャーナリスト/地域活性化アドバイザー)

地方の空洞化が心配される中で、自治体と中小企業が連携、共同して地域のの活性化に貢献する事例が全国に増えています。今回はその中のひとつ、長野県飯田市を取り上げ、地域活性化の秘訣、ポイントを探ります。地域の活性化には中小企業はもちろん、市民団体、住民を巻き込んだ故郷を大切にする意識が大事です。スペシャリストのゲストとともに考えていきます。第2部では、東京・立川にある「壽屋」さんを紹介。もとは町のおもちゃ屋だった「壽屋」さんが、今では世界が注目する「フィギュア」作成、製造、販売までする企業に成長。成長に至った経緯を社長に聞く。

「節約ビジネスのいま」(8月27日放送)

ゲスト:星山道弘(株式会社日本温浴研究所代表取締役)
高橋大介(株式会社パソコンファーム代表取締役)

いま「節約ビジネス」が注目を集めています。「節約ビジネス」は、エコを中心に経費の節減や不要になった資源を回収し、リサイクルやリユースなどを手掛けるビジネスです。いままで掛かっていた経費を節減するだけでも、企業の経営基盤が強化され会社は蘇ります。番組ではそのような事例を具体的に紹介しながら、「節約ビジネス」の今後や課題について、中小企業の視点で考えていきます。第2部の実践経営塾では、建設用ドリルで日本はもちろんのこと、アジア・中東・アフリカに向け販売を行う会社を紹介します。

「消費増税後の経済・政治そして中小企業」(6月25日放送)

ゲスト:石井啓一(衆議院議員・公明党政務調査会長)
櫻井充(参議院議員・民主党政策調査会長)

4月消費税が5%から8%になり、中小企業経営者は苦しい経営を迫られています。一方、政府税制調査会は「税制改革」の中で、中小企業への増税を求めています。「税制改革」の中身は軽減税率廃止、外形標準課税導入、減価償却の定率法廃止、繰越控除制度の縮小、中小企業経営者の給与所得控除の引き下げなどがその柱です。日本の産業は中小企業が支えています。その中小企業の整理淘汰、再編を進めようとの背景がみえますが、中小企業の実態とはかけ離れた論議で、逆に成長戦略の中に中小企業を位置付ける支援策が重要です。番組では与野党の政策責任者をゲストに招き討論します。

「学生が挑戦!企業の経営課題の解決策!」(5月28日放送)

ゲスト:和田成史(株式会社オービックビジネスコンサルタント代表取締役)

中小企業は取引先拡大、人材確保、技術向上、事業継承などさまざまな経営課題を抱えています。また中小企業は、自社の経営課題について客観的に判断する機会にめぐまれていません。第三者の視点で課題を見つけて解決することで、改めて自社の価値を認識するきっかけにもなります。そこで番組では学生たちが与えられた課題にそって企業訪問し、経営課題の解決策をプレゼンします。プレゼンにより、個別企業の問題から共通する課題へと普遍化し、問題意識を共有できるように考えていきます。

「中小企業経営者と地域起こし」(4月23日放送)

山口義行の中小企業新聞

ゲスト:坂井彦就(株式会社三楽園代表取締役社長)
酒井雅敏(株式会社大塚青木商店専務取締役)

地域経済の不振、人口の減少、高齢化に伴う人口構成の変化などにより、「地域の雇用力の低下」、「商店街の衰退」、「まちなか空洞化」、「コミュニティの希薄化」など、地方、大都市を問わず共通する地域の問題が多様化、深刻化しています。特に中小企業にとって地域は存在の基盤であり、地域の安定・強化は経営基盤強化のためにも重要です。いま地域の社会的課題解決に取り組む自主的で持続性のある活動が期待され、企業が持つ経営資源やネットワーク、ビジネス的手法や考え方は、活動の自立性・持続性に適していることから、地域に根ざす中小企業の地域貢献活動への参加が期待されています。地域起こしの実例を紹介しながら考えていきます。

このページの先頭へ

番組へのメッセージ

合計8件 最新の5件を表示

3月の放送

こっこー:2014/03/27(木)00:14

毎月、山口先生の番組をたのしみにしています。
今回の事業継承も、興味深いテーマでした。年間30万人もの雇用が失われているとは、ショックでした。
ゲストの方とレギュラー陣との掛け合いもテンポ良く、来月も楽しみにしてます。

あったか椅子

みどり:2014/01/24(金)11:19

低温やけどを防ぐって、嬉しいです。痔の人にも朗報でしょう。
バス停に欲しいです。駅前は人数が多くて無理だけど、母の施設からのバス待っている時寒いので。(でも、バス会社はそんなお金ないでしょうね。椅子さえないもの。)

西武信用金庫に学ぶ地域金融機関の在り方を見て

ジ・オ:2013/07/25(木)00:11

当番組をみさせていただき、大変、刺激になりました。
我々中小企業は、仕事の問題、人の問題、資金の問題
この繰り返しの中で、成長しているように思えます。
まず、営業販路を開拓し、ある程度の顧客(仕事)が出来ると
今度は、それを遂行していく人材が必要になります。
人材の獲得、育成、事業の拡大を行う為には、資金(資本)が
必要になります。地域に根ざした、当金融機関のあり方の
一端を知ることができ、勇気づけられ、また新たな一歩が
踏み出せそうです。
ありがとうございました。

若者を活かせ!

やす:2012/12/03(月)12:44

先月の第一部の人材採用については非常に参考になりました。
山口氏を支える、桜井氏、柳田氏が素晴らしい!毎月楽しみにしています。

山口さん&みなさん、がんばってください!

トントン:2012/11/29(木)16:20

9月の畳屋さんの話は面白かったです。番組の進行そのものは少々ぎこちなく、そういう意味では見づらいですが、スマートにまとめてビュンビュン飛ばすビジネス番組が多いなか、ゆったりしていて私は好きです。

そして11月。番組進行もスムーズになってきたように思います。山口さんの、金融政策でのインフレ目標に否定的な考え方に同感です。経済政策と雇用政策(雇用形態の改善も含め)をしっかりと行い、「結果としてのインフレ」を導くのが政治の役割と思います。

毎月、楽しみに見ています。まわりの人(Facebookなどで)にも勧めています。これからもがんばってください。

このページの先頭へ

週間番組表 BS11 番組一覧

番組一覧曜日別番組一覧

BS11 公式SNS BS11 YouTube公式チャンネル