ニュース 番組へのメッセージ

報道ライブINsideOUT

←番組詳細に戻る

67件中 10件づつ(1ページ目)表示

正月はよかったです。

にょっき:2017/02/19(日)23:00

投稿遅くなりました。正月の池澤さとし先生のインタビューがとっても良かったです。早く家に帰れた時は良質な特集が組まれて大変興味深く見ています。これからも頑張ってください。

東京都改革の討論について

デコポン:2017/02/15(水)21:39

小池都知事に是非やってもらいたいことg
都政の政策論は1番大切ですがそれに関わる議会議員が腐ってるのでは安全安心はできない
特に現自民党議員の反省だけでは大改革は不可能
小池さんの新組織に期待するしかない。

北原照久 様

夢追い人:2017/02/15(水)13:41

港町横浜!常に時代の先端を行く街に相応しい北原さん。2020年へ向けどんな発想で、どんな楽しい街作りを考えていらっしゃるのでしょう!とっても楽しみです。
教育、文化、街おこし等、そこに住む人たちが、夢と希望と感動いっぱいの、ワクワクできる社会を創って欲しいものです。
北原さん、その為の一役、大いに期待しています。

報道ライブINsideOUT

リーマン・シスターズ:2017/01/31(火)22:08

リーマンショックで世界景気が低迷し、2012年頃から拡大したのは世界の株価チャートで読み取れる。景気回復は世界同時進行で進んだ。アベノミクスでの雇用拡大とは言い切れまい。
日本は震災等で回復は遅れた。世界に対し大々的に金融緩和・原発安全宣言をすれば期待で円安・株高になる。宣伝効果はあった。一年程度の景気拡大はそれだけでも出来る。景気停滞は消費増税でなく宣伝効果が薄れたのかもしれない。ただし、原発安全宣言後も福島は混乱し第三の矢は出てこない。また、少子高齢化・団塊大量退職での人手不足は昔から懸念されていた。
企業にも家計にも金を使えと言う。このような事を言う時点で失敗だろう。また、異次元緩和でアメリカよりもユーロ圏よりもマネー供給は多い。歪んだ金融の副作用はこれから出てくる。
自世代の景気拡大の為に将来リスクを無視してないか? 失敗は認められないだろうが将来リスクも真面目に考えて欲しい。

報道ライブINsideOUT

伝説の投資家馬笛賭:2017/01/25(水)21:45

アメリカ大統領発言でソフトバンク・トヨタ等 世界の名だたる企業が対米投資を表明している。一方、日本はアベノミクスで円安誘導・企業減税しても投資話は余り聞かない。更に円安・減税を進めても新たな投資は余り見込めないだろう。
 企業は投資以上の利益が得られる事を見越し投資する。アメリカは人口も増加し、エネルギも食料も豊富な投資に値する国。日本は人口減少に突入し、資源も無く、アジアの中心から離れ地理優位性も無い。
日本は金融政策での見かけの高景気では無く、投資に値する魅力的な国にしなければならない。中国の失策(南シナ海等軍事強化・不自由貿易)での日本再浮上を待つのでなく、独特の文化、先進国としての技術優位性、女性・高齢者の高い労働意欲・世界有数の海等の隠れた資源がある。三本目の矢(成長戦略)はどうしたのだろうか? また構造改革が進まないが日本伝統の政官財仲間政冶を続けている余裕は無い。

報道ライブINsideOUT

下流老人:2017/01/24(火)18:41

米国はリーマンショックからの金融緩和の縮小に動いている。ユーロ圏は出口を探っているようだ。一方、日本は緩和縮小の気配も無い。アベノミクス以降 通貨供給量は増え続け米国・ユーロ圏よりも多いらしい。一部学者はインフレにならないのが不思議と言っている。もともと緩和状態だった日本の異次元緩和は景気高揚には無意味に思える。
 実際の目的はインフレ誘導だろう。見かけの収入が上がれば税率は高くなり、保険等の徴収も多くなる。また、各種給付も過剰債務も目減りし国庫は改善される。インフレでの見えない増税をインフレ税というらしい。アベノミクス支援者はインフレが好景気を導くとしたが数ある理論の一つにすぎない。今までの4年を見る限りインフレ誘導が好景気に繋がってはいない。国が得すれば損をするのは国民。そして経済弱者だろう。
 国の財政が改善しても国民が困窮しては国は貧しくなる。もう政策転換すべきではないか?

報道ライブINsideOUT

オサムちゃん:2017/01/04(水)10:49

スーパーカー特集、新春初番組に相応しいテーマです。
ゲストもビッグ、“サーキットの狼”の作者『池沢早人師』氏の登場。因みにマンガ連載時代のお名前は平仮名で“さとし”でした。少年ジャンプの連載がキッカケでのスーパーカーブームですが、そもそもスーパーカーとは何ぞや、と言う事です。1977年に空前のブームが巻き起こりました。このスーパーカーの定義と言うと、まず最高速度が早い、スタイルが良い点が上げられます。しかし本当にこれだけでしょうか。実はブーム以前より、似たクルマでスポーツカー成るものが存在しました。確かに両車は共通点が有りますが、一番の相違点はそれが持たらす“色気”が有るか否かに掛かっています。工業製品、特に自動車は乗り物としての実用性の他に、嗜好性は大変重要な要素です。こんなエキゾチックな魅力に老若男女はハマってしまったのでしょう。

報道ライブINsideOUT

理数系出身者:2016/12/23(金)22:19

アベノミクスは‘インフレ目標を定め、国債を中央銀行が買い、通貨供給増で不況から抜出す’というリフレ論なるものを基にしているらしい。しかし一理論。常に状況分析する必要がある。
インフレで経済が変われば得する者・損する者がいる。アベノミクスは、14年の消費増税迄は成功だったと言う者もいる。当時は世界がリーマンショックからの回復途中で、日本も震災・欧州危機の円高等で回復が遅れ、回復のエネルギが溜っていた。一年程度の高景気を創るのは容易だったろう。今もトランプラリーでドル高・株高が進み同様の状況になっている。
庶民は潜在的にインフレ懸念で消費を控える。インフレに強い業種及び過剰債務がある国はインフレを望む。今はチキンレースをしている。インフレが勝てば生活が苦しくなる庶民は多いだろう。インフレが負ければ国の債務は更に増える。どっちも駄目。日本は大胆な構造改革・成長戦略に邁進するしかないだろう。

報道ライブINsideOUT

島国日本:2016/12/20(火)21:48

日本のイメージは平和・安全・おもてなし等だろう。
しかし、最近イメージが悪化しているように思う。パリ協定批准出遅れ。核兵器禁止条約反対。集団自衛権容認。報道自由度ランク低下等々
欧米はクリミア半島問題でロシアに経済制裁をしている。シリアでも対立している。米国はハッキングでプーチン批判。日露会談では領土・制裁の言及無く、共同開発で融和を強調。欧米と対立するロシアと日本の首脳が、満面の笑みで握手する姿を世界はどう見るだろうか?やはり制裁破りとみなすだろう。
 ただ、米新大統領はプーチンを絶賛している。この際、米露が和解しオコボレに預りたいものだ。時として外交も予期せぬ事が起きるが、日本のイメージ低下は計り知れない。
 パワーバランス外交で無く、核廃絶・安保柔和で自由・平和を強調し、ロシアを窘めて共同開発を打上げ、欧米露和解に貢献するなら真に‘地球儀を俯瞰する外交’だが望むべくもない。

報道ライブINsideOUT

朋昌:2016/12/18(日)22:15

 高齢ドライバー事情を一元化して論じられないのは言わずもがなですが、当人側にとってみれば更新か返納かの2択に集結されるものと言えるでしょう。
 更新するにしても『現状維持の意識』では済まされない世情の中にあるし、返納して生活が閉塞しては本末転倒。後悔しない選択を建設的にできる枠組み作りが不可欠です。
 交通過疎地と交通過密地との更新基準を相違化させる、運転支援機能車両限定免許やパーソナルコミューター限定免許の新設といった要素を加えて運転面の不安を1つでも取り除ける呈示がなされたら、と思います。