ニュース・経済番組詳細

番組紹介

今の日本社会が抱える様々な課題を1ヶ月に渡って真摯に考えていきます。
月間テーマを設定し、様々な角度から識者の考えを伺います。

出演者・スタッフ

渡辺 美喜男(リベラルタイム編集長)
田代 沙織

次回以降の内容

「東京オリンピックへの道Ⅳ"オリンピックの文化的意義"」(1月24日放送)

ゲスト:下村 博文(自民党幹事長代行 元文部科学相)

1月は『東京オリンピックへの道』と題してお送りしています。第四週目のテーマは『オリンピックの文化的意義』です。
オリンピックと言えば最近は経費抑制の話ばかりが報道されますが、日本の将来における意義、後世に遺す競技場などの文化的意義については報道されていません。オリンピックの文化的意義を元文部科学相で自民党東京都連会長も務める下村博文さんに伺います。

過去のラインアップ

「東京オリンピックへの道Ⅲ"オリンピックのあるべき姿"」(1月17日放送)

ゲスト:松浪 健四郎(日本体育大学理事長)

1月は『東京オリンピックへの道』と題してお送りしています。第三週目のテーマは『オリンピックのあるべき姿』です。2020年東京五輪・パラリンピックは経費削減のため、東京都が会場の見直しなど検討していました。経費面に注目が集まりがちですが、多くの観客が集まる競技場の整備は、日本の建築技術の素晴らしさ、スポーツ人口の底辺拡大につながるのではないでしょうか。スポーツに関わりの深い日本体育大学の松浪健四郎理事長にお話を伺います。

「東京オリンピックへの道Ⅱ"日体大とオリンピック"」(1月10日放送)

ゲスト:松浪 健四郎(日本体育大学理事長)

1月は『東京オリンピックへの道』と題してお送りしています。第二週目のテーマは『日体大とオリンピック』です。
日本体育大学はリオオリンピックに28人の日本代表選手を送り出しました。日体大は体育の指導者を育成するなかで、オリンピアンを数多く輩出しています。日体大とオリンピックの関係について、松浪健四郎理事長に伺います。

「東京オリンピックへの道Ⅰ"1964年の遺産"」(1月3日放送)

ゲスト:松浪 健四郎(日本体育大学理事長)

小池百合子東京都知事が問題視して見直し対象となっていた2020年東京オリンピック・パラリンピック3会場は、すべて従来通りの案に納まりました。いよいよ東京五輪開催まであと3年です。そこで1月は『東京オリンピックへの道』と題してお送りします。
第一週目のテーマは『1964年の遺産』です。前回の東京五輪では日本のインフラが整備され、開催のメリットは大きなものでした。次回の開催では日本経済をどう浮揚させるのか。元衆議院議員で、1968年に行われたメキシコシティオリンピックのレスリング候補選手でもあった日本体育大学の松浪健四郎理事長に伺います。

「経済再生への道Ⅳ"一億総活躍社会"」(12月27日放送)

ゲスト:加藤 勝信(一億総活躍 働き方改革担当相)

12月は『経済再生への道』と題してお送りしています。最終週のテーマは『一億総活躍社会』です。「ニッポン一億総活躍プラン」では、名目GDP(国内総生産)600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロの実現を目標に掲げています。国内に住むすべての人が社会で活躍することができれば、豊かな日本が作られるでしょう。一億総活躍のためにどんな手段をとるのか、加藤大臣に伺います。

「経済再生への道Ⅲ"働き方改革"」(12月20日放送)

ゲスト:加藤 勝信(一億総活躍 働き方改革担当相)

12月は『経済再生への道』と題してお送りしています。第3週目のテーマは『働き方改革』です。安倍政権では多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するための働き方改革を進めています。長時間労働の是正や、同一労働同一賃金など、さまざまな課題にどのように取り組んでいくのか。加藤勝信働き方改革担当相に伺います。

「経済再生への道Ⅱ"観光で変わる"」(12月13日放送)

ゲスト:菅 義偉(内閣官房長官)

12月は『経済再生への道』と題してお送りしています。第2週目のテーマは『観光で変わる』です。
政府観光局によると、今年1月から10月までの訪日外国人数は2011万3000人となり、初めて2000万人を突破しました。これを追い風に、インバウンドのさらなる拡大に向けて日本政府はどのような対策をするのか。菅官房長官に伺います。

「経済再生への道Ⅰ"どうなる?TPP"」(12月6日放送)

ゲスト:菅 義偉(内閣官房長官)

日本経済が活気を取り戻すために、いまどのような経済対策が必要なのでしょうか?12月は『経済再生への道』を探ります。
第1週目のテーマは『どうなる?TPP』です。
11月17日に安倍首相は米ニューヨークでトランプ次期大統領と初めての会談を行いました。トランプ氏の自宅で行われた会談は1時間半に及びました。選挙期間中から環太平洋経済連携協定(TPP)の脱退を表明していたトランプ氏とはどのような話をされたのでしょうか。安倍政権が重視するTPPの行方なども含め、菅官房長官に伺います。

番組へのメッセージ

合計72件 最新の5件を表示

子どもに夢を、老人に健康を

スポーツマン:2017/01/17(火)23:39

東京オリンピックは問題が山積み。
一番盛り上がったのは招致が決まった時だった。
いまは楽しみにする気持ちも薄れてしまった。
早く解決して、夢のある大会にしてほしい。
子どもたちにもオリンピックの素晴らしさを見せたい。

働き方改革に期待!

斉藤さん:2016/12/22(木)13:40

加藤勝信氏の話を聞いて、政府が働き方改革について、本格的に力を入れているのだと分かった。模索中ではあるものの、政府が進めようとしている改革の方向性も納得できる。

しかし、企業側の意識が変わらなければ、結局はグレーゾーンの中で働き手に不利な状況が続けられるだろう。まずは大手企業がお手本となって変えていくべきだ。
働き方を改善し、生産性を上げ、経済を活性化させるという一連の流れに期待したい。

Uターンに期待

田舎者:2016/12/16(金)08:53

観光立国という話だったが、
地方の古民家を再生して民泊にするという方策は、
観光客も呼べるが若者のUターンが期待できる。
田舎者にとって、見慣れぬ外国人というのは
やや恐ろしい存在ではあるが
出ていった若者達が帰ってくるのは嬉しい。
この葛藤はあるが、ぜひもっと進めてほしい。

菅官房長官

いとう:2016/12/15(木)00:44

トランプが次期大統領になると決まって、この先どうなるのだろうと、あれこれ不安な今日この頃ですが、菅官房長官の冷静な一言一言に、きっとこの先何があっても大丈夫という気持ちになりました。

千葉の魅力!

ザ・ピーナッツ:2016/11/10(木)13:53

 これまで千葉には特に縁がありませんでしたが、千葉駅の新駅舎オープンや駅ビルの開業、駅周辺の開発など話を聞いて、千葉に住みたくなりました。東京までの通勤にも便利ですし、住むにもいい環境だと思います。まずは千葉駅の新駅舎がオープンする11月20日の後に、千葉方面を観光してみようと思います。
 来週の品川駅も今後どう変わるのか、楽しみです!