見逃し配信スタート!昭和の名曲

ニュース 番組へのメッセージ

リベラルタイム

←番組詳細に戻る

89件中 10件づつ(1ページ目)表示

カゴメの歴史を聞いて

キャサリン:2017/10/10(火)11:33

先日、カゴメの創業からの歴史を初めて知り、とても興味深く拝見しました。
企業としての役割など、改めて社会貢献の意味を考えさせられました。いつも、トマトジュースや野菜ジュースを飲んでいますが、これからはもっと大事に味わおうと思いました。

カゴメのお話

シザ:2017/10/04(水)09:11

昨晩、カゴメのお話を聞いた後だけに、今朝の野菜ジュースの味はひとしおです。長生きするには健康でいたいもの。これからも美味しくいただきます。

時代を見据え攻守のバランス良い経営を

モーレツ世代:2017/09/13(水)17:16

是枝会長の回を拝見。番組内で是枝会長が「いまはICTの時代、企業は構造改革をしていく必要がある」と仰っていたが、まさにその通り。最近は資料のやりとりもデータで行い、インターネット上にアップしておけば、社内で共有することも可能な時代だ。10年前では想像できなかったことが、いまでは現実になっている。そんな時代では、旧態依然とした経営では生き残れない。「不易流行」という言葉通り。生き残っていくには、会社には何が必要で何が不要なのか、ということを考えなくてはならない。大事なのは株主か、経営者か、はたまた社員達か。日本的経営の本質もここにある。欧米的経営では社員はただの労働力。チェスのポーンでしかない。対して日本的経営では社員は財産だ。大事に扱い、時には小よく大を制すこともある、将棋の歩といえる。とはいっても「24時間、戦えますか」とは聞けないが。

マイクレ愛用してます

NAGANO,Yuki:2017/08/03(木)15:10

宮島さんのすんなり耳と頭に入る話し口に、このままショッピングのご案内が始まるのかしら?と勘違いをするほどでした(笑)…そんな事はなく、終始マジメにお話をされていて、健康食品の成り立ちから、パッケージ表示の説明など、見ていて分かりやすい構成でした。

ファンケルと言えばお化粧品!と勝手なイメージを抱いていましたが、なんでもセブンイレブンでサプリが買えるとか。試してみたいと思います。

意外な枝野さん

モヤイ:2017/07/25(火)23:46

深刻なお顔しか見たことがなかったので、
枝野さんは怖い感じの人だと思ってました。
でも、ゆっくり話を聞いてみると、すごくわかりやすい。
2週連続で出演されていたのですね。
先週は見逃してしまったのですが。。。
再放送があれば見たいです。

憲法改正の重み

高森:2017/07/05(水)13:05

古賀さんの憲法改正を目的としない考え方もっともです。今の自民党では埋没しかねない考え方でしょう。
このような意見を聞くことができ、うれしく思いました。

第9条は日本の宝

ジェイ:2017/07/05(水)00:11

大事なことです。
古賀氏のおっしゃるとおり9条は日本の宝だが、
皆が十分な知識を持っているわけではない。
知識のない人は、正しい知識を持った上で、
なぜ守るべきなのかを考えなければならない。
ましてや安倍政権への好き嫌いだけで態度を決めてはいけない。
より本質的な議論をするべきだ。

明日は朝セブン!

ななこ:2017/06/28(水)00:18

最近コンビニに行くと、高齢の店員さんがいる。
対応が丁寧なので、こちらも失礼のないように話そうという気になる。
やり取りが丁寧になると、いつもより気分よく店を出られる気がするから、セブンイレブンがシニアを積極的に採用しているなら、私はセブンイレブンを利用したい。

朝は、会社まで最短距離で行くとセブンイレブンの前を通らないけれど、
朝セブンも試してみたいし、明日は少し遠回りしてみようかな。


ところで、ホーチミンの店舗の写真には、混雑具合に驚いた。
あのデザインが気に入ったので、日本でも似たデザインの店舗ができると嬉しいです。

セブンイレブンのプロ意識を感じた

泰之:2017/06/26(月)16:55

良いお店は良い従業員が作る。
だから身を削ってまで人件費を潤沢にする。
という話が印象に残りました。
面白かったです。

地域に寄り添うコンビニ

いかの塩辛:2017/06/26(月)16:41

「セブンイレブンの未来戦略Ⅱ」「共存共栄」を観て、セブンイレブンの社長が環境づくりに着目しているとは思わなかった。
 毎年増えるセブンプレミアム商品は、個人差はあれど好評で商品でお客を引き寄せているイメージがあったからだ。
 しかし、実際に働いている従業員の都合を把握することで、そのお店が何を求めており、どういったモノが消費者に喜ばれるのかを考えて動いており、すごいと思った。
 ただ、地域住民が従業員として働いているなら、地元に住む従業員ならではの観察眼と検品作業がすばらしいことか、もう少し伝えて欲しいと感じました。
 ですが、古谷社長が細かな所まで気遣い、「共存共栄」を考えていることにすごく感動しました。老若男女から愛されるセブンイレブンは、こういう消費者に寄り添うことができるからこそ愛されているんだと改めて気付かされました。
これこそ、