BS11

見逃し配信スタート!

ニュース・経済

報道ライブ インサイドOUT

写真:報道ライブ インサイドOUT  
放送時間
毎週月~金曜日 よる8時59分~9時54分
(金曜日:寺島実郎の「未来先見塾」~週刊寺島文庫~)

次回以降の内容

4月23日(月)
「どうする国会・総裁選 石破茂氏の本音」

ゲスト:石破 茂(元自民党幹事長 / 衆議院議員)

セクハラ疑惑で財務省の事務方トップが辞任するなど失態続きの安倍政権。「総辞職」や「解散」などの言葉も飛び交いはじめた今、ポスト安倍の有力候補と言われる自民党の石破茂元幹事長をスタジオに招く。
最近の世論調査では、「次の総裁にふさわしい人物」として安倍首相を上回る評価の石破氏だが、森友問題や加計問題などへの政府の対応をどう見ているのか? さらに、自衛隊の日報問題で注目される「文民統制」の在り方や憲法改正についてなども聞き、石破氏の本音に迫る。


4月24日(火)
「首相案件の真偽解明は? 安倍官邸の実像に迫る」

ゲスト:江田 憲司(衆議院議員 / 元首相秘書官)、中北 浩爾(一橋大学大学院社会学研究科 教授)

加計学園による獣医学部新設を巡り、愛媛県職員と元首相秘書官の柳瀬唯夫氏の面会を記録した愛媛県作成の文書が、政府内でも見つかった。
県と今治市が国家戦略特区に申請するまでの経過と、文書内容には合致する部分も多い。「記憶」を頼りに面会自体を否定し続ける政府側は、いまや苦しい立場。はたして「首相案件」の真偽は?
首相と密接な関係にあり、政権運営や政策で助言する「首相秘書官」の役割を読み解き、‟安倍官邸主導"の実像に迫る。


4月25日(水)
「あっと驚く!? 連休明け5月政局」

ゲスト:龍崎 孝(ジャーナリスト)、角谷 浩一(政治ジャーナリスト)

「森友・加計・日報」と不祥事連鎖で危機感が強まる与党。これまで外交で支持率回復を図ってきた安倍首相だが、日米首脳会談をはじめ5月の外遊の成果も期待はできず。内閣支持率が危険水域へと近づく中、様々な不祥事も何一つ解決していない......安倍首相がとるべき真の信頼回復策とは?
一方、綻ぶ安倍政権を野党は新党結成で追い込むことができるのか?内閣総辞職や解散総選挙を唱える識者も出始めた今、重要な局面が予想される連休明け5月の政局を占う!


4月26日(木)
「激動政局 連鎖する疑惑・不祥事の連鎖」

ゲスト:金井 辰樹(東京新聞編集局次長・政治担当)、鈴木 哲夫(ジャーナリスト)

かつてないほどの異常事態となっている安倍政権。今年1月末に今国会に入って以来3か月で国会で取り上げられた政権の主な疑惑や不祥事は「財務省による森友学園の文章改ざん」「イラク派遣自衛隊日誌隠蔽」そして「財務事務次官のセクハラ疑惑」など13件に上り、その数は日々更新している。しかし、それらの疑惑・不祥事の多くは今も全貌解明にはほど遠く、また責任の所在も判然としないという有様。なぜこれ程の異常事態になっているのか?その原因は何なのか?そして今後、政権はどこへ向かうのか?政治報道の最前線にいる東京新聞・金井辰樹氏とジャーナリスト・鈴木哲夫氏の2人が混迷する政局を読み解く。


4月27日(金)
「デジタルエコノミーの光と影」

ゲスト:辻村 清行(早稲田大学商学学術院客員教授)、羽田 昭裕(日本ユニシス総合技術研究所所長)

ビックデータやAI(人工知能)などのデジタル技術を使いこなし、経済活動を行う「デジタルエコノミー」が広がっている。アメリカではGoogle,Apple,Facebook,Amazonの頭文字を取った「GAFA」という造語が経済紙や経済雑誌で話題になっており、これにMicrosoftを加え、「GAFA+M」とも呼ばれている。この5社はデジタル技術を駆使し、世界のトップ企業となり「第四次産業革命」を成し遂げた。しかし容易にビッグデータを手に入れ利用できるために、データを悪用する事例も増えてきた。ビッグデータ時代における課題とは何か?元NTTドコモ副社長の辻村清行氏と日本ユニシス総合技術研究所所長の羽田昭裕氏に聞く。

番組紹介

「よりわかりやすく よりジャーナリスティックに」。

平日月曜日から木曜日まで、新キャスターの岩田公雄と川口満里奈が視聴者の生活に即した生の声を紹介しながら、各界の第一級の専門家や政治家、オピニオンリーダーの方々をゲストとしてお招きし、「よりわかりやすく、よりジャーナリスティックに」語りあう新生『報道ライブ インサイドOUT』。

国内外の政治・経済・スポーツ・健康・医療を中心に、「知りたい事を聞きたい人に」シャープに切り込み、物事の要所(ツボ)を押さえた“ツボにキク(効く&聞く)テレビ”をお届けします。


未来先見塾 金曜日:寺島実郎の「未来先見塾」~週刊寺島文庫~
ニュースの背景などについて通常の報道番組では紹介しにくい世界の構造変化にまで立ち入り、その本質を探る対談番組。
各界の第一人者をゲストに招き、政治、経済、国際情勢、地方創生、科学技術など現代人に必須のテーマを徹底討論します。

企画・製作協力:(社)寺島文庫
http://www.terashima-bunko.com/

サポーター会員募集中!詳しくは寺島文庫HPをご覧ください。
http://terashima-bunko.com/bs11/bs11-supporter.html

「第9期 寺島文庫リレー塾2018(前期)」塾生募集
http://www.terashima-bunko.com/bunko-project/relay.html

出演者・スタッフ

insideout2018_cast01.jpg
岩田公雄
月~木曜日
メインキャスター
insideout2018_cast01.jpg
川口満里奈
月~木曜日
サブキャスター
寺島 実郎
寺島実郎
金曜日
キャスター
中西 真貴
中西真貴
金曜日
アシスタント

過去のラインアップ

※タイトルをクリックすると内容が開きます。

放送日
4月16日~20日
4月9日~13日
4月2日~6日

番組へのメッセージ

合計11件 最新の3件を表示

大好きだった「インサイドアウト」が戻ってきた!

あかたつお:2018/04/20(金)23:24

ようやく、私が大好きだった「インサイドアウト」(二木さんや鈴木さんがメインキャスターだった時代)が戻ってきてくれたと思います。
露木・別所両キャスター時代に失ってしまったもの(これは、個人の努力ではなく番組全体の問題)は決して小さくないと思いますが、この番組はやはり、「他の番組にはあまり出演されないゲストと経験豊富なジャーナリストによるライブ」がとても大事たと思います。
来週のラインナップは、とても豪華なので、大変期待しています。
今後も頑張ってください。

リニューアルに関する雑感

ルーラル:2018/04/17(火)18:34

今春のリニューアルは、大成功でしたね。とにかく岩田さんの「わかりやすさ」「テンポの良さ」「雰囲気作りの巧み
さ」が成功の要因だと思います。他局のミヤネ屋などで
培われた実力が、そのままこの番組にも反映されていると
思います。前任者の別所さんも悪くはありませんでしたが、
時事問題に対する「咀嚼率」が岩田さんの方が抜群に高い
ですね。あと、裏番組のBSフジ「プライムニュース」は
反町キャスターが退任してしまい、まるっきり別番組に
なってしまい、全くおもしろくなくなってしまいました。

「インサイドアウト」にとっては今この時期が、視聴者を
繋ぎとめる大チャンスです。ぜひぜひ「チャンスの前髪」を
掴みとってください!ちなみにリニューアル後で一番おもし
ろかった回は「小沢一郎氏出演」の日でした。

岸本、小池よくわかって満足

じゅげむ:2018/04/12(木)11:06

ゲストのタイムリーな話も司会の二人の進行も過不足なく、よい時間を過ごすことができました。 ありがとう。

関連商品

本

会員サービス