見逃し配信スタート!BS11  CM「視点を変える篇」メイキング映像も公開中!

スポーツ 番組詳細

番組紹介

学生柔道最高峰の大会。大学の歴史とプライドを賭け、大学ナンバーワンを決める無差別団体戦。男子では、一昨年に筑波大学が東海大学の連覇を「7」でストップ。昨年は東海大学がその悔しさをバネに優勝旗を奪還した。
今年は、4月の全日本選抜でリオ五輪100㎏級銅メダルの羽賀龍之介を破り、日本のエースに上り詰めたウルフ・アロン(東海大4年)、100㎏超級で準優勝を果たした景浦心(かげうらこころ/東海大4年)と、重量級の実力者を揃える東海大学が優勝候補。バルセロナ五輪銀メダリストの小川直也を父に持つサラブレッドの小川雄勢(おがわゆうせい/明治大3年)はじめ重量級が揃う明治大学、昨年決勝で東海大学に苦杯をなめた日本大学、古豪の国士舘大学、天理大学、筑波大学といった強豪校が東海大学に挑む。
女子5人制では、今年も山梨学院大学と環太平洋大学のライバル対決に注目。過去5年において4度決勝で激突。山梨学院2勝、環太平洋2勝と、まさに女子は2強時代。現在山梨学院が大会3連覇中。後塵を拝している環太平洋の巻き返しなるか。

男子解説:山田利彦
女子解説:浅見八瑠奈
実況:四家秀治

過去のラインアップ

「平成28年度 全日本学生柔道優勝大会」

「全日本学生柔道優勝大会」は学生日本一を決める大学対抗団体戦。今年度で、男子65回、女子は25回を数える。
男子の注目は、昨年8連覇が絶たれ、雪辱に燃える東海大学。ほか前年の優勝校・筑波大学、さらに明治、天理、国士舘などの強豪校も虎視眈々と勝機を窺う。女子は3連覇達成に燃える山梨学院大学に、東海大、国士舘大、帝京大など力の拮抗する有力校がひしめき、混戦が予想される。
これまで幾多の名勝負を繰り広げてきた、大学柔道最高峰の大舞台。今年はどんなドラマが待っているのだろうか。

男子解説:金丸 雄介
女子解説:中村 淳子
実況:四家 秀治

番組へのメッセージ

合計2件 最新の5件を表示

柔道に期待

セイジ:2013/06/23(日)14:32

日頃の鍛錬の成果を十二分に発揮し、目標の成績を達成できるよう応援します。巷では暴力行為など話題にされておりますが、自分が嫌だと思うことは、高確率で他の人も嫌だと思うので、反面学習をさせていただいていると思うことで将来的に良い方向に向けばよいのではないでしょうか。今後に期待して、応援します。頑張れ柔道!

応援・期待

セイジ:2013/06/23(日)14:23

頑張れ柔道・心、技、体