オーバー・ザ・レインボー

オーバー・ザ・レインボー

© 2006 MBC. All Rights Reserved.

番組紹介

”スターになりたい!”華やかなショウビズ界で出会った4人の運命的な恋と野望!
若手実力家 チ・ヒョヌ×Fly to the sky ファニのスター競演。全16話。

出演者・スタッフ

クォン・ヒョクジュ役 ・・・ チ・ヒョヌ
マ・サンミ役 ・・・ ソ・ジヘ
レックス役 ・・・ ファニ
チョン・ヒス役 ・・・ キム・オクビン

過去のラインアップ

【各話あらすじ】

第1話  続きを読む | 閉じる

rainbow01_01.jpg   rainbow01_02.jpg
新居に引っ越して来たヒョクジュ一家は、ニュージーランドから来たヒスと出会い、一緒に暮らすことになる。
そんななかヒョクジュは、喧嘩で怪我をした生徒の代わりに、ダンス大会に出場することに。
見よう見真似で練習を始めるものの、うまく踊れない。
そんなヒョクジュを救ったのは、歌手を目指しているヒスだった。
しかしダンス大会当日、時間になってもヒョクジュは会場に現れず・・・。

第2話  続きを読む | 閉じる

rainbow02_01.jpg    rainbow02_02.jpg
ダンス大会以来、"ダンスをやりたい"という気持ちが芽生えたヒョクジュは、ダンスの練習を始める。
2年後、レックスは大スターに、ヒョクジュは小さなステージに立つダンサーになっていた。
一方、ヒスはオーディションを受け続けるも、落選続き。
ようやくこじつけたプライド企画の録音テストでも思うような結果が出ず、歌手になる夢を諦めてしまう。
そしてダンサーとしての道を選んだヒスに、チャンスが巡ってくる。

第3話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第3話   オーバー・ザ・レインボー第3話
ヒョクジュはレックスのダンスパートナーになって練習するヒスが気になって仕方がない。
一方のヒスも、本番でステップを間違ってしまう。
このままでは終われないヒスは、レックスに電話をし・・・。
クラブで社長や客が見ている前で、再びレックス相手にダンスを踊る。
ダンサーを変えようとしていた社長も、ヒスのダンスを認める。
利用されたことに腹を立てたレックスは怒りに任せ車を動かし、偶然居合わせたサンミに怪我を負わせてしまう。
数日後、交通事故の賠償としてサンミは、プライド企画社の練習生になりたいと訪ねてくる。

第4話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインバー第4話   オーバー・ザ・レインボー第4話
ニュージーランドで撮影を無事に終えたヒスだったが、倒れた父のことが気になり滞在期間を延長することに。
レックスもまた滞在期間を延長し、二人は行動を共にする。レックスの普段とは違う一面を見て、ヒスの心は揺れ動く。
一方、韓国に残りサンミにダンスを教えるヒョクジュ。
電話に出ないヒスに苛立ち、思わずサンミにやつ当たってしまう。

第5話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第5話   オーバー・ザ・レインボー第5話
レックスの新作発表で自分の紹介があると聞き、ヒスは張り切る。
しかし、流れたミュージックビデオには自分の顔が全く写らず愕然とする。
テレビでミュージックビデオを見ていたヒョクジュは会場に駆けつけ、ヒスを慰めるのだが・・・。

第6話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー 第6話   オーバー・ザ・レインボー 第6話
デビューに向け、ダンスの練習を受けるヒス。
だが常務は、まだまだ未熟な点が多いヒスのデビューには反対だった。
社長は常務から、ヒスとバックダンサーであるヒョクジュと付き合っていることを聞き、2人を呼び出す。
いきなり呼ばれたヒョクジュは、ヒスの将来を考え、サンミを恋人だと紹介する。
ヒスもまた、自分の目標はデビューではなくスターになることだから、バッグダンサーとは付き合わないときっぱりと話す。

第7話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第7話   オーバー・ザ・レインボー第7話
レックスは社長と選曲の問題で言い争いになる。
そして社長は反発するレックスに対し、従わないのであればサンミの事故の件をバラすと脅迫する。
サンミは、チェ社長が自分のことでレックスを脅かしていることを知りプライドを辞めると話す。
一方、ヒョクジュはメンバーたちと、自分たちも歌手になろうと決意する。

第8話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第8話   オーバー・ザ・レインボー第8話
契約を済ませたヒョクジュたちは、ギャングスターという名前で活動を始める。 サンミは再びおかず屋で働いていた。
ヒョクジュはサンミにメンバーたちのコーディネーターになってほしいと頼み・・・。

第9話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第9話   オーバー・ザ・レインボー第9話
チームのメンバーと一緒にビーチで遊ぶヒョクジュとサンミ。
夜、テントの前でお酒を飲みながら、サンミはレックスのファンだった時、かわいくもない自分にレックスが笑ってくれただけで幸せだったと語る。
一方、CM出演を拒み続けるレックスに見かねたチェ社長は、サンミを呼び出す。

第10話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第10話   オーバー・ザ・レインボー第10話
レックスとヒスのことが記事になり、チェ社長はレックスにヒスと別れろと話す。
レックスを選ぶか成功を選ぶかで悩むヒスは...。
一方記者会見を見ていたヒョクジュは決心を固め、チェ社長に会いに行き、自分だけじゃなくギャングスターのメンバー全員と契約をする条件でプライドの所属になることを決める。

第11話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第11話   オーバー・ザ・レインボー第11話
レックスがサンミに、自分のマネージャに拉致された過去を打ち明ける。
レックスとヒスはそのことがきっかけで喧嘩になってしまい・・・。
そんななか、ギャングスターがデビューの日を迎える。
控え室で準備をしているヒョクジュにヒスからの励ましの携帯メールが来るのだが・・・。

第12話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第12話   オーバー・ザ・レインボー第12話
デビューステージを大成功で終わらせたギャングスターにインタービューの要請が殺到する。
一方、ヒスはリハーサルの後、プロデューサーがいない隙を見てこっそり自分の歌のCDを伴奏だけのCDに入れ替える。
ヒスは、自信満々でステージに上がるが、すぐに声が出なくなってしまう。
さらに、そんな姿がインターネットで出回ってしまい・・・。

第13話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第13話   オーバー・ザ・レインボー第13話
レックスはチェ社長にプライドとの契約を切ると話す。
代わりに今まで発売されたアルバムの全著作権を放棄させられることに。
一方、再び付き合い始めてヒスとヒョクジュに、ショックを受けるサンミ。
そんなサンミを慰めたのは、プライドを辞めたレックスだった。

第14話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー第14話   オーバー・ザ・レインボー第14話
公演を終えたヒョクジュはお父さんが倒れたと言う知らせに病院に駆け付ける。
テレビでヒョクジュの父が亡くなったという話を聞いたサンミは呆然となる。
父の葬儀の日、喪主として気丈に振舞うヒョクジュだったが、見かけたサンミの姿に涙がこぼれる。
一方、レックスのシングルアルバム発表の日、取材に来た記者があまりにも少なくレックスは当惑する。

第15話  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー 第15話   オーバー・ザ・レインボー 第15話
レックスはサンミに、傍にいてほしいと話す。
映画館でレックスとサンミは偶然ヒスに会い、ヒスからヒョクジュとうまくいっていないという話を聞く。
その頃ヒョクジュは、チェ社長から、ソロでバラードの歌を歌うように告げられる。
ヒョクジュはヒスに悩みを相談するのだが・・・。

第16話(最終話)  続きを読む | 閉じる

オーバー・ザ・レインボー 第16話   オーバー・ザ・レインボー 第16話
父からの手紙を読んだヒスは歌手を辞めることを決める。
ヒョクジュはステージで歌いながらサンミとの思い出を浮かべていた。
レックスは、サンミに指輪を差し出し・・・。
そして2年後―・・・

番組へのメッセージ

合計32件 最新の4件を表示

 

ケミ

かなり前に見ましたが、未だに印象に残っているドラマです。オーバーザレインボー大好きでした。もう一度見たいです!!是非再放送お願いします!

2020/02/27(木)00:58

 

にう

Fly to the Skyが好きで、ファニの初ドラマもう10年以上前に、日本での初放送を他局で見てました。
検索してここに辿り着きました。
かなり昔のドラマですが、ニュージーランドの美しい映像もあったり、恋や韓国の芸能界がよくわかるドラマで面白かったです。
再放送、ぜひお願いいたします。

2020/01/14(火)02:16

オーバーザレインボー韓国ドラマ

みみ

ぜひ、再放送して下さい。ファニがカッコいい!!一度見たらファンになります。お願いします。

2014/03/03(月)08:23

どうしても見たいです

クレマチス

千回のキスでチ・ヒョヌのファンになりました。
彼が出演しているこのドラマをぜひ見たいです。
ノーカット版でお願いします。

2013/10/19(土)18:48

あなたにオススメの番組

会員サービス

じゅういっちゃん