韓ドラ6あなたを愛してます

あなたを愛してます

© ILY ENTERTAINMENT

番組紹介

忘れていませんか?大切な人を。
温かくて、切ない“愛”の物語――

出演者・スタッフ

CAST
チョン・ミンチェ・・・キム・ヒョンジュン
キム・ヨナ・・・キム・ユンソ
キム・マンソク・・・イ・スンジェ(「ホジュン~宮廷医官への道~」「思いっきりハイキック!」「明日に向かってハイキック」)
ソン・イップン・・・チョン・ヨンスク
チャン・グンボン・・・キム・ホヨン
チョ・スニ・・・チョ・ヤンジャ

STAFF
演出・・・ユン・リュヘ(「二人の妻」)
脚本・・・キム・ミョンホ
原作・・・カンプル「あなたを愛してます」

過去のラインアップ

 

第1話「恋の始まり」  続きを読む | 閉じる

牛乳配達員のキム・マンソクは、古紙回収業で生計を立てているソン・イップンに出会い、一目ぼれをする。さらにマンソクは、道端でチョ・スニと不思議な出会いをするが、そこへスニの夫のチャン・グンボンが現れてスニを引き取る。だがマンソクは、スニの様子に不審を抱く。一方、マンソクの孫娘で住民生活課職員のキム・ヨナは、地下鉄でチョン・ミンチェと最悪の出会いをする。
写真:あなたを愛してます

第2話「あの男が恋する時」  続きを読む | 閉じる

イップンが気になるマンソクは、しつこく声をかけてはおびえさせる毎日を送る。そして、住民生活課で働くヨナの元には、あのミンチェが新人職員として入ってくる。地下鉄で会ったことを隠そうと画策するヨナ。一方、かいがいしく妻の世話するグンボンだが、スニは認知症を患っていた。徘徊の症状が出始めたスニはグンボンに、家の戸に錠前をつけるように頼む。錠前を取り付けるグンボンの目には涙があふれていた。
写真:あなたを愛してます

第3話「すれ違い」  続きを読む | 閉じる

イップンに一目ぼれしたマンソクだが、牛乳をプレゼントしてもなかなか恋心は伝わらない。住民生活課で働くヨナは、新人職員のミンチェとはケンカばかり。そんな折り、ヨナは身寄りのない少女、ファン・ミンジと出会う。ある日マンソクは、公園でスニと再会する。寝間着姿で、なぜか自分を夫と思い込んでいるスニの様子が気になったマンソクは、彼女をバイクで家まで送ることにする。
写真:あなたを愛してます

第4話「"ソンシ"と呼ばれた女」  続きを読む | 閉じる


スニをグンボンの元に送り届けたマンソクは、スニの身を案じて捜していたイップンと、心の距離が近付く。イップンは、耳の遠いマンソクが補聴器を着けていると気づかずに、名前さえ与えられなかったつらい過去を打ち明ける。マンソクは話を聞きながら、耳が遠くて聞こえないフリをするのだった。一方、ミンジの頼みで、生き別れた兄を捜すヨナは、ミンチェがそうでないかと疑問を抱く。
写真:あなたを愛してます

第5話「手紙」  続きを読む | 閉じる


スニの一件で、マンソクと心の距離が近づいたイップンは、いつもの坂の上で会うことを楽しみにするようになっていた。マンソクも、イップンの生活を少しでも楽にしようと、あれこれ心を砕いていた。そんな折り、マンソクの息子のインソプは、後輩に所長の座を横取りされて意気消沈していた。飲み屋で偶然にその後輩と顔を合わせたマンソクは、息子のためにささやかな復讐をするのだった。
写真:あなたを愛してます

第6話「初デート」  続きを読む | 閉じる


マンソクとイップンは初デートする。いい格好を見せようと、マンソクは孫娘のヨナに教えてもらった人気店へ向かう。ところが、マンソクは財布を家に忘れてきてしまい、イップンに払わせる羽目に。名誉挽回のため、バイクに乗って公園までドライブしようとするが、今度はバイクが止まり、2人はバイクを押して公園へ向かう。公園でマンソクは嫁のユニに出くわし、とっさに身を隠したため、イップンを不快にさせてしまう。
写真:あなたを愛してます

第7話「私の名前はソン・イップン」  続きを読む | 閉じる


マンソクは、イップンと市場でデートをしている。前回のデートでの失策を忘れてもらおうと、イップンに服を買い、美容室へも連れていく。さらにマンソクは、イップンを連れて住民生活課に向かう。勤務中の孫娘、ヨナがイップンに名前を聞くと、マンソクは"かわいいから、イップンだ"と答え、イップンに名前をつける。
写真:あなたを愛してます

第8話「愛は幼稚なもの」  続きを読む | 閉じる


マンソクはイップンと市場でデートをしながら、ついに自分の気持ちを告白する。しかし、イップンの反応はイマイチである。古物商のパンスルが、イップンに気があることを知り、マンソクはわざとパンスルの前で、イップンの写真を落とす。ついに2人は、イップンを巡って対立することになる。
写真:あなたを愛してます

第9話「嫉妬」  続きを読む | 閉じる


マンソクとのデートを断ったイップンは、グンボンと一緒にいる姿をマンソクに見られてしまう。
イップンが自分に手紙を書くために字を習い始めたことを知らないマンソクの嫉妬心はピークに達する。
嫌みを言ってイップンをグンボンの元に行かせまいとするが、彼女の真意を知ったマンソクは、字を習うように進めるのだった。

第10話「マンソクさん ありがとう」  続きを読む | 閉じる


マンソクは、イップンが好きなパンスルに出くわす。
パンスルの意地悪い言動に激怒したマンソク。2人の闘いが始まった。一歩も譲らない2人。
結局、闘いに負けたパンスルは、堂々とイップンと付き合ってほしいとマンソクに頼む。
死んだ妻への義理で付き合いをためらっていたマンソクの心に変化が生じる。

第11話「告白」  続きを読む | 閉じる


マンソクは、誰にも告げずに死んだ妻の墓へ向かう。
妻に冷たく当たってばかりだった昔の自分を回想し、反省するマンソク。
今はイップンという思い人ができたため、人に優しくすることを覚えた、許してほしいと亡妻に呼びかけるのだった。
戻って坂へ向かうと、心配したイップンが待っていた。
マンソクは彼女に愛を告げる。

第12話「桜の木の下で」  続きを読む | 閉じる


ミンジの兄を捜すヨナに詰め寄られ、ついに自分が兄と認めたミンチェだが、母親に捨てられたことが忘れられず、名乗れずにいた。
だが、実父に会って真実を聞き、心が変わる。
そんなある日、遊園地にはマンソクとイップン、ミンチェとヨナとミンジの姿があった。
マンソクは桜の木の下でイップンの誕生日を祝う。

第13話「遠足と別れの時」  続きを読む | 閉じる


ミンジを引き取ると決めたミンチェは、ミンジと暮らすための生活の準備を始める。
一方、ヨナの元には、アフリカで病気になり帰国したセオルが現れていた。
プロポーズされたヨナだが、ためらいをかくせない。また、具合の悪いスニを病院に連れていったグンボンは思わぬ宣告を受ける。
マンソクはそれを察するのだった...。

第14話「家族の呪縛」  続きを読む | 閉じる


マンソクは、イップンを家族に正式に紹介する。
一緒に夕食に招待されたセオルだが、ヨナと言い争う様子を目撃した両親は、娘に他に好きな人ができたと知る。
ミンチェの存在を突き止めた母は彼に会いに行き、交際するならミンジは引き取るなと言う。
一方イップンは、町で偶然に元夫と再会し、うらぶれた彼にお金を渡してしまう。

第15話「共に歩くこと」  続きを読む | 閉じる


マンソクはイップンを家族に正式に紹介し、2人は公認の仲となる。
だがイップンは偶然、元夫と再会してしまう。ところが、イップンを追いかけた元夫は不慮の交通事故で亡くなってしまう。
苦しむイップンはマンソクに別れを告げ、マンソクは途方に暮れるが、
グンボンの取りなしのおかげで2人は元のさやに収まるのだった
。一方でグンボンは、ある決意を胸に秘めていた...。

第16話「あなたを愛してます」  続きを読む | 閉じる

グンボンからの遺書が届き、駆けつけるマンソク。
自らの命を絶ったグンボン夫婦を助けることはできず、グンボンの遺書に従い、残されたグンボンの子供たちに真実を隠すのだった。
一方、ヨナとミンチェは、すれ違いを繰り返したあと、ついに家族公認の仲となって結ばれるのだった。
グンボンたちの死を悲しむイップンは、ある秘めた思いから、故郷に帰ることをマンソクに告げる。
それを聞いたマンソクは―。

番組へのメッセージ

合計65件 最新の4件を表示

再放送お願いします。

ぼろん

見逃しました。
みなさんのコメント読んで、
とても見たいです。
再放送を、ぜひぜひお願いします。

2014/01/21(火)14:50

最高です。

わくわく

たまたま夕方見たのがきっかけ、DVDを借りて見終えました。なんと心温まるドラマでしょう。特にグンボンさん夫婦の演技最高でした。認知症の妻を支える夫のやさしさ、そして子供たちへの配慮、何か自分と重なる部分があり、涙なしには見ることのできないドラマでした。そして和ませてくれるのが、シネさんたち‥涙と笑いの最高作品です。次にもこんな作品が見たいとこれから探すところです。

2014/01/04(土)11:28

久々にドキュンきました。

まなまま

家族への愛やいくつになっても恋ができると思えるいいドラマです。

2013/12/26(木)21:32

感動しました

バーバラ

私の本年度視聴No.1ドラマです。
笑えて切なくて温かい。
ベテラン俳優の実力をみました。

こういうドラマをもっと観たいです。(願)

2013/12/25(水)10:53

あなたにオススメの番組

会員サービス

じゅういっちゃん