韓流 プラスII ホテリアー

ホテリアー

© 2001 MBC

番組紹介

ぺ・ヨンジュンのその後の出演作「冬のソナタ」に続く成功の原点ともなった記念碑的作品!

出演者・スタッフ

CAST
シン・ドンヒョクペ・ヨンジュン(「冬のソナタ」「太王四神記」)
ソ・ジニョンソン・ユンア(「ミスターQ」「オンエアー」)
ハン・テジュンキム・スンウ(「完璧な恋人に出会う方法」「第3病院~恋のカルテ~」「アイリス」)
キム・ユンヒソン・ヘギョ(「秋の童話」(「フルハウス」)

STAFF
演出チャン・ヨンウ
脚本カン・ウンギョン(「タルジャの春」「強敵たち-幸せなスキャンダル!-」)

過去のラインアップ

第1話「舞台裏の人々」  続きを読む | 閉じる

 
絶好の自然景観と伝統で、第一級の名声を博するソウルホテル。
実はここ数年、不況の影響や設備投資のために借金をかかえ、深刻な経営難に陥っている。
支配人のジニョンは、ホテルの危機を救うため、以前ソウルホテルで働いていた元恋人のテジュンを呼び戻しに渡米するよう、ユン社長に頼まれる。
一方、ソウルホテル買収を目論む実業家のキム社長は、韓国系アメリカ人のM&A専門家ドンヒョクに近づく。

第2話「さようならラスベガス」  続きを読む | 閉じる

 
ラスベガスに到着したジニョン。
テジュンを探すため奔走するが、彼は見つからない。
一方、ドンヒョクはキム会長からのソウルホテルM&A依頼を請けるべきか悩む。
紆余曲折の末に、偶然の再会を果たしたジニョンとテジュン。
喜びも束の間、落ちぶれたテジュンの現実の姿に、ジニョンはショックを受ける。
それでもソウルホテルのために一緒に韓国に帰ってほしいと訪ねた彼の家には、見知らぬ女性の姿が・・・。

第3話「許されざる者」  続きを読む | 閉じる

 
テジュンとその同居人ジェニー、そしてジニョンはLAへと向かう。
旅の途中、テジュンと喧嘩をして砂漠で車を降りたジニョンは、偶然通りかかったドンヒョクのリムジンに拾われる。
ジニョンが買収の標的であるソウルホテルで働いていることを知るドンヒョク。
何も知らないジニョンは彼に、ホテルに寄せる思いを語る。
テジュンは帰国の決意を固め、ソウルホテルへ復帰するが、そのことを快く思わない従業員がいて・・・。

第4話 「出会い」  続きを読む | 閉じる

 
ユン社長の1人息子ヨンジェはオ支配人に都合させたソウルホテルのヴィラに遊び仲間を呼んで、ユンヒの誕生会をする。
ところが連れの友人たちが、ヨンジェのいない隙にユンヒたちに睡眠薬を飲ませ・・・。
そこへ駆けつけたテジュン。
一方、ドンヒョクはソウルホテルに到着。
ジニョンは彼の滞在するヴィラを訪れる。
ジニョンと昼食をともにし、彼女に惹かれていくドンヒョクは、これまで思い及ばなかった本当の幸せについて考え始める。

第5話「そして彼らは笑った」  続きを読む | 閉じる

 
テジュンに総支配人の地位を奪われまいと画策を企てるオ支配人。
テジュンを陥れるために、とあるビデオテープを手に入れ、テジュンを脅すが、逆に自分にとって命取りの映像テジュンに暴露されそうになる。
一方、テジュンが命を救ったホテルの客は、実は有名新聞会社の編集長だった。
彼の善行が大々的な新聞記事となるなか、ついに株主総会の日が来る。
テジュンは総支配人に任命されるのか・・・。

第6話「雨の降る景色」  続きを読む | 閉じる

 
ソウルホテルの仲間たちは厨房でテジュンの復帰を祝うパーティーを催す。
しかし、ドンヒョクを市内ツアーに案内した帰路、渋滞に巻き込まれたジニョンは参加できない。
ドンヒョクの車から降りるジニョンに遭遇するテジュン。
気まずい2人だが、ほどなくして、ホテルが滞在客から預かっていた小学生の少女スジンが消えたことが明らかになる。
怒りを露わにするスジンの父親をなだめ、必死の捜索が始まる。

第7話「寂しさの理由」  続きを読む | 閉じる

 
ドンヒョクはジニョンに300本の赤いバラを贈る。
好意を負担に感じると伝える彼女に対して、自分の気持ちを告白するドンヒョク。
ソウルホテルの厨房で働き始めたジェニーは、同僚たちと次第に打ち解けていく。
ユンヒがテジュンに好意を抱いていることを知らないヨンジェは、想いを寄せるユンヒからソウルホテルに就職したいと相談され協力する。
そんななか、ドンヒョクはかねてから捜索していた本当の父親をついに見つける。

第8話「ある長い一日」  続きを読む | 閉じる

 
酒に酔ってトラブルを起こしたホテルの客をひっぱたいてしまったジニョンの責任を取り、ユン社長は土下座で謝罪する。
そんな母親の態度に不服のヨンジェだが、ホテリアーのあるべき姿をテジュンに教え諭され悩む。
一方、テジュンは仕事を覚えようと真剣なユンヒをねぎらい、小さなプレゼントを渡す。
ジニョンのために夜食を届けようとしたテジュンは、深夜のヴィラで一緒に過ごすドンヒョクとジニョンを目撃。ジニョンを問いただす。

第9話「君の中の君Ⅰ」  続きを読む | 閉じる

 
娘のユンヒがソウルホテルで働いていることを知ったキム会長は激怒し、ホテルを訪れる。
ジニョンの誕生日、ドンヒョクはジニョンとディナーをともにし、ネックレスをプレゼント。
かつての愛を忘れきれないまま、ジニョンはドンヒョクに心を動かされていく。
一方、ホテルの仲間たちとテジュンは、ジニョンのマンションで誕生日のサプライズパーティーを準備して彼女の帰りを待つ。
しかし、戻ったジニョンの傍らにはドンヒョクの影が・・・。

第10話「君の中の君Ⅱ」  続きを読む | 閉じる

 
ドンヒョクの相棒レオは、ホテル買収が準備万端なのにもかかわらず行動を起こさないドンヒョクを理解できず、ジニョンとの関係を問い詰める。
キム会長はユンヒをソウルホテルから連れ戻すように部下たちに指示する。
彼らはソウルホテルに乗り込み、事態は大混乱。
テジュンはユンヒがキム会長の娘であるこということを知らされショックを隠せない。
ユンヒはテジュンに愛を告白するもやむなく家へ連れ戻される。

第11話「誤解と真実の狭間で」  続きを読む | 閉じる

 
ホテル買収を企てるドンヒョクの正体を知ったテジュンは混乱を招かぬよう慎重な対応にでる。
ジニョンは、ユン社長から真実を伝えられ、ドンヒョクとの関係を問いただされる。
ジニョンへの誠意を説くドンヒョクだが、傷ついたジニョンは耳を貸さず自棄になってホテルの先輩イ支配人と呑み明かす。
ドンヒョクはホテルでジニョンを待ち伏せ・・・。
しかしその頃、ヴィラからはドンヒョクたちを追い出すべく荷物が運び出されていた。

第12話「彼を信じるということⅠ」  続きを読む | 閉じる

 
ヴィラから追い出されたドンヒョクはホテルに抗議をする。
テジュンは丁重に謝罪するがドンヒョクの怒りは収まらない。
離れていくジニョンの心を取り戻そうとドンヒョクは、ホテルか彼女か、最後の賭けにでる。
一方、ユンヒはドンヒョクの助けを借りて、ホテルで働くことを父に許される。
ヨンジェは、いじめられながらも健気に働くユンヒが不憫でならない。
元気付けようと仕事帰りの彼女を待っていたある日、大事件が起こる。

第13話「彼を信じるということⅡ」  続きを読む | 閉じる

 
ユンヒは男に人質にとられ、ホテルの屋上へ連れて行かれる。
連絡を受けたテジュンが屋上へ駆けつけると、男は自分のかつての恋人だった同名の別の女性"ユンヒ"が現れるまで彼女を解放しないと脅す。
テジュンはユンヒに怪我をさせなければ望みを叶えてやると約束するが・・・。
突然の事件のさなか、テジュンにデスクでの待機を命じられたジニョンはドンヒョクとの大切な約束を果たせず・・・。

第14話「悲しみ」  続きを読む | 閉じる

 
ドンヒョクらがソウルホテルの株の買収にとりかかり、テジュンらはホテルを守るため必死で株主の説得作業にかかる。
そんななか、3年前テジュンを退職の憂き目に合わせたソン夫人がソウルホテルに現れる。
彼女が再びトラブルを企んでいることを危惧するジニョンだが意外にもソン夫人の思惑は・・・
一方、ソウルホテルの理事となったドンヒョクは大胆なリストラを含む経営改善案の作成をテジュンたちに示唆する。

第15話「カサブランカ」  続きを読む | 閉じる

 
ある日、ソウルホテルのリストラ対象者名簿が掲示板に貼り出される。
ドンヒョクがオ支配人に対象者を選定させたのだった。
これを見たテジュンは名簿を破り、ドンヒョクのもとに駆けつけて辞表を提出する。
テジュンがホテルを辞めたというニュースを聞きつけたホテルの仲間たちは動揺するが、実はテジュンはある作戦を練っていて・・・。
ユン社長は、ユンヒがキム会長の娘と知り解雇を命じる。

第16話「彼らの英雄」  続きを読む | 閉じる

 
テジュンは、ソウルホテル買収を目論むキム会長の不正投資疑惑に関する資料を記事にすべく新聞社に持ち込み、キム会長の手下によってリンチを受ける。
テジュンの姿が見あたらず、心配するジニョン。
ユンヒからの情報で倒れていたテジュンを発見し、ユンヒとジニョン、ドンヒョクは彼を病院へ運ぶ。
そんな折、ドンヒョクはソウルホテルで働くジェニーが、幼いときに生き別れになった自分の実の妹だという事実を知る。

第17話「幸福と不幸に関する真実」  続きを読む | 閉じる

 
20数年ぶりに再開したドンヒョクとジェニーの兄妹。
2人は父親との対面を果たし、天涯孤独だったドンヒョクはついに家族を取り戻す。
キム会長は外資系ホテルチェーンへのソウルホテル売却を独断で決定。
これに反対するドンヒョク。
ソウルホテルの従業員たちのいきいきとした表情とひたむきな姿勢を肌で感じたドンヒョクは、彼らを冷徹な買収劇に巻き込むことに、少しずつ疑問を抱き始める。

第18話「僕のものにはできない」  続きを読む | 閉じる

 
ドンヒョクはソウルホテルの株を全て買い取り、これまでの理事から株主となる。
それはソウルホテルの買収というキム会長との契約を解除し、ホテルの経営に乗り出すことを意味していた。
キム会長はドンヒョクを告訴し彼を潰す作戦を目論むが、ドンヒョクはユンヒの助けで重要書類を手に入れ、当面は危機を乗り越える。
しかしキム会長は諦めず、ドンヒョクの側近レオに近づく。

第19話「別れを告げる時」  続きを読む | 閉じる

 
ドンヒョクのために、キム会長に寝返ったよう装って活動するレオ。
危険をかえりみず、キム会長の呼び出しに応じるドンヒョク。
ジニョンは気が気でないが、ドンヒョクにはある計画があった。
計画実行のさなか、テジュンらが駆けつけ危機一髪で彼を助け出す。
その後ドンヒョクはジニョンにプロポーズをする。
ホテル、そして愛する女性をめぐって敵対していたテジュンとドンヒョクの2人の関係は・・・。

第20話「僕の元へ来る日」  続きを読む | 閉じる

 
ユン社長がソウルホテルの社員全員に株を分け与えると発表。
そしてテジュンとジニョンたちにホテルを託すと言い残し、帰らぬ人となる。
果たすべき仕事をすべて終え、ドンヒョクはアメリカに戻ることに。
ドンヒョクはジニョンに一緒に来てほしいと、航空券を渡す。
ドンヒョクの愛と、亡きユン社長の遺志との狭間で揺れるジニョンは彼の想いに応えることができるのか・・・。
愛するソウルホテルの行方は・・・。

番組へのメッセージ

合計63件 最新の4件を表示

ホテリアー

Tetsu

ホテリアーをもう一度放送してほしい

2016/08/06(土)16:49

ホテリアー

ぽめた

ペ・ヨンジュンに惹かれて見始めたら他キャストが魅力的で作品も秀逸で最後までおもしろくワクワクして見ていました。
ぜひもう一度再放送をお願いします。

2015/09/20(日)01:01

希望と願い

ToWa

BS11さん、 私にとっていい時間帯に再放送して頂いたお蔭で、久しぶりにリアルタイムで楽しませていただきました。有難うございました。

 今回、落ち着いてドラマを視聴できたからか、ドンヒョク素敵!というだけでなく、ヨンジュンさん独特の声のトーン 身体すべてから醸し出す深い演技に改めて好きな俳優さんだな~と思いました。

又、ヨンジュンさんの作品(パパも好きです)を是非放送してください。

2014/07/12(土)21:02

音楽が変わって。。。

SJ-Love

今までの なじんでいた音楽と 変わり
クラシック音楽が入った場面は 音楽のヴォリュームが
大きすぎて 生声が聴きにくいですね

ショパンを多く使い 「別れの曲」など
音が大きすぎ 場面に合わない音楽を
使ってますね 

せっかく素敵なヨン様を堪能してるのに 少し残念

2014/07/04(金)11:18

あなたにオススメの番組

会員サービス

じゅういっちゃん