番組一覧に戻る

3D紀行特別版 モルディブ~マンタの舞う海へ~

©Hajime Ishikawa

3D紀行特別版 モルディブ~マンタの舞う海へ~

 

お知らせ

  • 番組のCMの視聴は⇒こちらから!
  • 番組紹介

    英名/マンタ・レイ 日本名/オニイトマキエイ ――
    トビエイ目トビエイ科に属する世界最大のエイです。
    体長は平均で幅4~5㍍、大きいものになると幅9㍍近く、体重は3tを超えるものもあるといいます。
    大きな胸ビレを上下させて泳ぐ姿は、まるで翼を広げ大空を行く飛行船のようです。

    海の表層を泳ぎ、プランクトンを食べること、非常に好奇心が強く大人しい性格であることなどが知られています。
    しかし、その生態はまだまだ謎の多い生き物です。

    世界中の熱帯・亜熱帯海域のサンゴ礁周辺で見ることができますが、
    インド洋の島国「モルディブ」には、数多くのマンタ・ポイントが点在しています。
    中でも、ユネスコの生物圏保護区に指定されたバア環礁にあるハニファルベイは、
    餌を求めるマンタが文字通り竜巻のように群れる現象『マンタ・トルネード』が話題となり、
    世界中のダイバーの注目を集めています。

    本番組は、「石川肇の地球“海”紀行 モルディブ~マンタの舞う海へ~」で石川さんが見たモルディブの光景を、
    臨場感あふれる3D立体映像で再現します。
    首都・マーレをはじめ、ローカルの人々が暮らす島や老舗リゾートのバンドス、
    そしてバア環礁のラグジュアリーリゾート・ランダーギラーヴァルまで。
    圧巻は、リゾートから船で小一時間のマンタの聖域、ハニファルベイでのマンタの捕食シーンです。
    何十枚ものマンタが群れる様子を、3D映像でリアルに体験することができます。
    視聴者のみなさまをお茶の間にいながらにしてモルディブの旅へお連れする
    「3D紀行特別版 モルディブ~マンタの舞う海へ~」、お見逃しなく!

    出演者・スタッフ

    石川肇 撮影者:石川 肇(いしかわ はじめ)

    1962年、東京生まれ
    水中撮影のパイオニアで、ダイビングの専門誌を発行する(株)水中造形センターのチーフカメラマンとして、カリブ海・中南米・アメリカ合衆国・ミクロネシア全域・ASEAN諸国など、主に赤道付近の島々を取材。過去20年間で70カ国の海を潜る。
    写真と映像は、雑誌や観光局、エアラインの発行物、ポスター、テレビCM(「アサヒ飲料 スーパードライ・マンタ編/2003年CM出演」)、ドキュメンタリー番組などに使用される。
    2000年に独立後、現在まで、「海」をテーマに撮り続け、講演活動やテレビ、ラジオ出演など幅広く活動中。

    番組へのメッセージ

    合計2件 最新の4件を表示

     

    遅れた3Dマン

    いいなぁ

    2013/02/11(月)00:29

     

    toshi

     年末に3Dのプロジェクターを購入したので
    ちょうどこの番組を見ることができました。
     
     3Dは映画館でしか見たことがなかったので
    自宅で体感できとても感動しました。
    マンタと一緒に泳いでいるようで、3Dを
    満喫することができました。

     今後も3D番組の充実をお願いします

    2012/01/12(木)09:20

    あなたにオススメの番組