番組一覧に戻る

3D紀行Ⅶ 東京下町散歩 スカイツリーのある風景

3D紀行Ⅶ 東京下町散歩 スカイツリーのある風景

 

番組紹介


【番組紹介】
来年春に開業をむかえる東京スカイツリー。
そびえたつ藍白色の塔は東京タワーに代わる新たな日本のシンボルタワーとなり、
自立式電波塔として世界一の高さを誇ります。
スカイツリーの立つ東京都東部はまだ下町情緒の残る地域も多く、
古くからの街並みに溶け込むツリーの風景は、
東京タワーエリアと違った独特の雰囲気を醸し出しています。

今回はタワーが見える場所を巡りながら、
普段あまり足を向けることの少ない街や
浅草・隅田公園といった昔から馴染みある場所に立ち寄り、
新たに誕生した「スカイツリーのある風景」を散歩気分で楽しんでいただきます。

第1回 「隅田川」
川辺の風景と相まって隅田川周辺から眺めるスカイツリーは多彩な表情を見せます。
水上バスからは、清洲橋、駒形橋といった橋越しに見えるツリーの姿を、
吾妻橋付近からは、黄金色のアサヒビールタワーとペアのツリーの姿を見ることができます。
桜で有名な隅田公園も今ではツリースポットとして人気。
川沿いにある「言問団子」で老舗の味も嗜みながら、隅田川そぞろ歩きを楽しみます。

第2回 「浅草」
スカイツリーの見える街として新たに脚光をあびている街、浅草。
雷門、仲見世通り、伝法院通り、浅草寺などの名所を巡りながら、
新たにスカイツリーの姿が加わった浅草の風景を楽しみます。
特に浅草寺とスカイツリーのコラボは絶品。
そこには伝統ある建物と最新鋭の建造物、朱に染まる浅草寺とスカイツリーの淡い白、
そういった相異なる要素が見事に融合しています。
そんな今までとはちょっと違う浅草を見て歩く至福のひと時。

第3回 「業平・押上」
スカイツリーを見上げる街、墨田区業平・押上。
もともとは瓦職人などが多く住む下町風情のあった所だが、
今はツリーのある街として一躍有名に。
連日ツリーを近くで見ようと観光客が訪れ、
撮影スポットにはカメラを手にした人々の姿が絶えません。
特に十間橋は、川面に映る通称「逆さツリー」が撮れるため一番の人気スポット。
かき揚げを土台に3匹のエビ天麩羅で形作られる
高さ30センチ余りの「ツリー丼」も紹介しながら、
スカイツリーおひざ元の街を歩いてみましょう。

第4回 「かっぱ橋道具街」
上野と浅草の間に位置する、料理人のための問屋街「かっぱ橋道具街」。
今はスカイツリーの見える商店街として観光客も多く訪れます。
お気に入りのキッチン用具を探してみてもいいし、
かっぱ橋ならではの専門店をのぞいてみるのも楽しいものです。
食品サンプル店では実際にサンプル作りを体験することもできます。
ちょっと他にはない商店街、かっぱ橋道具街を訪ねてみましょう。

第5回 「浅草 花やしき」
懐かしさを感じさせる遊具が並ぶ「浅草 花やしき」。
最高時速42キロのジェットコースターやメリーゴーランド、
昔の百貨店の屋上を思い起こさせる乗り物など、
見ているだけでも楽しいものです。
そんな遊園地「花やしき」から見えるスカイツリーは、
園内の遊具のひとつにさえ見えます。
さらに浅草グルメとしてROXビルにある沙里亭のすき焼きも紹介しながら、
日本最古の遊園地「浅草花やしき」を楽しみます。


【番組視聴時のお願い】
この番組は、3D立体映像です。
3D放送をご覧になるためには、3D対応テレビと付属の3Dメガネが必要です。
通常のテレビでご視聴される場合は、2画面となります。
3D映像の見え方や疲労の感じ方には個人差があります。
3D映像が苦手な方、睡眠不足の方、
二日酔いなど体調が優れない方は2D映像でご覧になることをお奨めいたします。
なお 視聴年齢は、およそ5~6歳以上が目安です。
保護者は十分に気をつけてください。

番組へのメッセージ

合計1件 最新の4件を表示

 

datugoku

3DTVを買ったのですが・・・

スカパーには入っておらず、3D放送といえばBS11さん

くらいしかないのですが、毎日5分ほどしかなく、

とてもつまらないです

もっと増やしていただけませんか?

2011/05/08(日)00:18

あなたにオススメの番組