生中継!京都五山送り火2019

生中継!京都五山送り火2019

番組紹介

祇園祭などと並び、京都の四大行事と称される伝統行事「五山送り火」。今年も「大文字」如意ヶ嶽山上の点火の様子から「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」と、次々に灯っていく炎のさまを生中継でお送りします。
メインスタジオは左京区にある名刹・真如堂。大文字山を借景にした庭が広がる書院に、女優・鈴木杏樹さんを迎え、祖先や故人へ思いを馳せる静かなひとときをお届けします。解説は、佛教大学歴史学部教授の八木透さんです。
番組の前半では、京都の「五山送り火」の行事について、五山の位置や山ごとの特徴、さらには携わる人々の思いまで、じっくりとご紹介します。点火が始まる、よる8時からは、「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」と5分刻みに点火されていく各山の様子を、地上、山上のカメラからたっぷりとお見せします。さらに、「大文字」と「鳥居形」の山上リポートに加え、「船形」からはドローンによる空撮映像をお届けする予定です。船形点火時の空撮映像は史上初。貴重な映像をぜひご覧ください。
また、送り火の山の数は、現在“五山”ですが、かつては十山で点火されていたと言われています。“消えた送り火”と名付けて毎年調査を続けてきましたが、今年はその中のひとつ「い」の送り火について特集します。江戸時代の絵図にも描かれる「い」の送り火。その送り火をかつて点火していたという人たちを、ある地域で取材しました。

出演者・スタッフ

司会:
遠藤奈美(KBS京都アナウンサー)

解説:
八木透(佛教大学歴史学部 教授)

中継リポート:
釜本莉奈、弘松優衣

ゲスト:

鈴木杏樹(女優)

番組へのメッセージ

合計2件 最新の4件を表示

 

左大の字 日本男児

左大の字保存会を代表して このたびは
ご覧になられたから 心から ありがとうございました。失われた い の送り火を復活さします。
地元の市原の村人と話し合い 市原小学生 教員
参加来年度は六山の送り火 実現させる。

2019/08/20(火)00:42

 

綺麗でした、、、、、。

解説が地元の教授で、消えた送り火の話など、
興味深いものでした。

何年か前に、大の文字を真近で拝見でした、
木の燃えるかおり、炎の揺らぎが、今でも目に浮かびます、、、。

伝統を守り、送り火を灯して下さる地元の方々に、感謝でございます。

BS11さん、ありがとうございました。

2019/08/18(日)01:41

会員サービス

じゅういっちゃん