第26回  夢の舞台へ...故郷とともに ~VC長野トライデンツの闘い~

the-team_26.jpg バレーボール 日本最高峰のV1リーグ。そこに今年、初参戦する異色のチームが、VC長野トライデンツ。本拠地は長野県の南箕輪村。そしてV1リーグに参戦する10チームで唯一、企業が母体ではなく、村民たちが支えるクラブチームだ。チームを率いる笹川星哉監督は10年前、自らチームを立ち上げ、村や近隣地域の支援を受けながら、ついに今年、夢のV1の舞台へとたどり着いた。監督でありながらチームを運営する社長も兼任する、笹川が目指すチームとは何か?前年度王者とのV1開幕戦に向けて奮闘するチームの姿を見つめる。