第17回  検証!忍者は水の上を歩けたのか?

スタジオ出演者:高橋 真理子(朝日新聞 科学コーディネーター)、島田 荘司(推理作家)

歴史科学捜査班_17

戦国時代から江戸時代にかけて諜報活動などを行っていたという謎の集団・忍者。その忍者の誓約書が2018年11月に見つかった。誓約書の中身は「親子兄弟でも忍術書の内容を漏らさない」「珍しい忍術を考案したら師匠に教える」「忍術書を悪用しない」など6つの約束事を記したものだった。忍者の存在はフィクションではなかったのか⁉
番組ではさらに忍者の実態を確かめるため、江戸時代の古文書を元に水を利用した忍術「水器」を検証。テレビで初めて水の中に潜るための息袋、水の上を蜘蛛のように自在に動き回る水蜘蛛といった道具を制作し実験。運動生理学の観点から実験検証を行った。果たして、どのような結果が出たのか?歴史の闇に包まれた忍者に迫る。