第16回  丸ごとカプリ島のようなディナー/亡き祖父へ捧げるバースデーパーティー

ジャーダのイタリアン・クッキング
Credit: Discovery Communications, LLC

「丸ごとカプリ島のようなディナー」

カプリ島は、その驚くほどの美しさで長きにわたって画家や作家、詩人たちにインスピレーションを与えてきた。シェフたちもまた、豊かな土地に周りを囲む海に着想を得ている。
今回のエピソードでは、地元レストランの独創的な料理に刺激を受けたジャーダがディナー料理を作る。メニューはズッキーニのオイル漬け、カプレーゼ・グラニータ、プッタネスカにムール貝のオーブン焼きだ。


ジャーダのイタリアン・クッキング
Credit: Discovery Communications, LLC

「亡き祖父へ捧げるバースデーパーティー」

ジャーダは、亡くなった祖父ディーノの100回目の誕生日を祝う会に家族たちを招待する。有名な映画プロデューサーだった祖父は、カプリ島で幾度となく夏を過ごしていた。
そんな祖父に敬意を表して、彼の好きだったアクアパッツァ、カプリ風ラビオリ、コーヒー・グラニータといった料理を作り、海辺でにぎやかなパーティーを開く。