第33回  安寧の世を夢見た犬公方・徳川綱吉 編

徳川綱吉 日本の歴史に名を刻む偉人たちは果たして私たちがイメージする通リの人物だったのでしょうか?そんな彼らの偉大な功績や意外な素顔に迫り、その人物像を履歴書にまとめて、現代のビジネスや組織マネジメントにも通じる人生哲学を学びます。あの偉人が現代に生きていたら、どのような働き方をするのか?なんの仕事を任せるのが良いのか?想像が拡がります。

「生類憐みの令」の生みの親で犬方公と呼ばれた徳川家五代将軍・徳川綱吉。
独裁者で嫌われ者?儒教の精神を重んじる教育マニアで生真面目?