Loading...

編成局のしごと 2019年入社 編成局 編成部

Works こんな仕事です

番組購入

韓国ドラマ及び中国ドラマの番組購入を担当しています。
配給先から作品提案を受ける、もしくは気になる作品をこちらから問い合わせし、取り寄せたサンプルDVDを全話視聴します。作品の良し悪しやターゲットの想定、放送基準を満たしているかを意識しながら、購入する作品を決めます。
選定が主観的な判断にならないよう、他局や各国の情勢、韓国での放送時の視聴率や、レンタルDVDの回転率などをリサーチし、より視聴者に見ていただける作品を選定するよう心がけています。

プレビュー作業

実際に放送する作品を放送前に視聴し、放送基準を満たしているかを考査的な視点で確認します。
海外ドラマの場合は字幕に誤字脱字、差別用語が入っていないか、車のフラッシュ等強すぎる光が入っていないか、解剖シーンや殺傷跡など過激なシーンにはモザイクがかけられているかなどを意識しながらチェックします。

フォーマット

個々の番組の枠ごとの構成を考える作業です。スポンサーの要望、提供の分数、番組プロデューサーの意向を加味し、営業業務推進局、制作局と編成局で相談しながら決定します。編成局としては、番組を見てもらうということが目的なので、視聴者に一番見てもらいやすい構成を考えます。
決められた枠組みの中で、CMチャンスをどうやって割り振っていくのかは、番組のジャンルや尺ごとに違ってきます。2時間映画などはCMチャンスが多いですが、本編に引き込むまでは長尺CM入れないなど、視聴者を逃さない構成を意識しています。 また、番組PRを流す位置についても、番組表の縦の流れと横の流れを意識し、視聴者を逃さず、継続して視聴してもらえるよう戦略を考えています。

Episode エピソード

日々実感すること…

編成局で番組購入を担当する上で、常に新しい情報を求め、知識を吸収し続けることの大切さを実感しています。私は、韓国・中国ドラマを担当していますが、選定する上では各国の情勢やレンタル業界、動画配信サイト業界の実態など、多岐にわたる分野の情報が必要です。そのため、世の中の動きや流行など幅広いことに興味を持ち、配給会社の方をはじめ、多くの人との会話の中から情報を吸収することが重要であると感じています。

そして自分が選定した作品に対する視聴者の反応は、HPのメッセージ等を通してダイレクトに知ることができます。韓国ドラマに対しては、10代~70代以上まで幅広い年齢の方から何千件もの感想が寄せられるため、視聴者の一日に少しでも楽しみを増やすことができたのではないかと実感することができ、より良い作品を購入したいというモチベーションにつながっています。

Copyright © 2007- Nippon BS Broadcasting Corporation. AllRights Reserved.

ページ
トップへ