ゾンビ襲来!警告 感染拡大 バイオハザードシリーズ 一挙放送 バイオハザードを見て当てよう!プレゼントキャンペーンも実施します。BS11 特別企画 出演者スペシャルインタビュー「尾上松也さん」

紀行・教養番組詳細

番組紹介

多種多様な異文化が育んだ、世界の由緒あるユニークなベスト・マーケットを訪れ、そのルーツを探る番組です。

活気あふれる魅力的なマーケットを訪れ、その賑やかな表舞台や、それを支える裏舞台の人々と触れ合います。
伝統商品を作る職人、優れた大量の日用品や素材の生産をする人々、動植物を育み自然から粗材を採取する人々、流通を生業とする人々、何代にもわたってそのマーケットで買い物をする住民、マーケット内外で展開する多種多様な売り手と買い手の思いや情熱やライフスタイルなど、マーケットを支えている人々の多彩なドラマに出会います。

ナレーター:松本 佳奈

次回以降の内容

「砂漠地帯の香水マーケット ~オマーン~」(5月3日(水)深夜1時00分~1時30分)

雄大な山々に囲まれ、インド洋の海岸に面しているオマーンで2番目に大きな都市・サラーラにある香水マーケット「アル・ハッファ市場」を紹介します。

小規模だが150もの店舗を構え、それぞれの店が個性と専門知識を活かしたブレンドでオリジナルの一品を仕上げています。オマーンでは、香水は日常生活において必要不可欠。香は祈りの場で、香りは家の中や衣服に使われます。 薬効があり、空気を浄化する効果も期待され、伝統的にも高く評価されている香は「砂漠の金」という愛称で呼ばれています。香と聞くと、棒状の物が思い浮かぶと思いますが、 アル・ハッファ市場では香水、スキンクリーム、木粉(バクーア)、チューインガム、ミネラルウォーター、さらに香の香りがするアイスクリームまで多種多様な形で香が提供されています。
経済の牽引役を担ってきた「砂漠の金」は今や石油に取って代わられていますが、2000年に「フラキンセンスの国土」としてユネスコ世界遺産に登録され、訪れる何千人もの観光客にとってこの土地の豊かな香りは、今なお魅力的な場所として賑わいをみせています。

best_markets_Oman_01.jpg best-markets_Oman_02.jpg best-markets_Oman_03.jpg

過去のラインアップ

「砂漠地帯の香水マーケット ~オマーン~」

雄大な山々に囲まれ、インド洋の海岸に面しているオマーンで2番目に大きな都市・サラーラにある香水マーケット「アル・ハッファ市場」を紹介します。

小規模だが150もの店舗を構え、それぞれの店が個性と専門知識を活かしたブレンドでオリジナルの一品を仕上げています。オマーンでは、香水は日常生活において必要不可欠。香は祈りの場で、香りは家の中や衣服に使われます。 薬効があり、空気を浄化する効果も期待され、伝統的にも高く評価されている香は「砂漠の金」という愛称で呼ばれています。香と聞くと、棒状の物が思い浮かぶと思いますが、 アル・ハッファ市場では香水、スキンクリーム、木粉(バクーア)、チューインガム、ミネラルウォーター、さらに香の香りがするアイスクリームまで多種多様な形で香が提供されています。
経済の牽引役を担ってきた「砂漠の金」は今や石油に取って代わられていますが、2000年に「フラキンセンスの国土」としてユネスコ世界遺産に登録され、訪れる何千人もの観光客にとってこの土地の豊かな香りは、今なお魅力的な場所として賑わいをみせています。

best_markets_Oman_01.jpg best-markets_Oman_02.jpg best-markets_Oman_03.jpg

「食料とシルクのマーケット ~ウズベキスタン~」

2000年前から交易や商売が行われ、シルクロードの重要な停留所となっていた、ウズベキスタンの首都タシケント市にある食料とシルクのマーケット「チョルス市場」を紹介します。

40ヘクタール以上あるチョルスシルクバザールの市場には毎日10,000人のバイヤーが訪れ、夏の日曜日には、その2倍以上の人が市場を訪れます。立派なオリエンタルドームの側では、シルク、スパイス、ライフルーツ、ナッツ、チーズ、パン、肉、野菜、工芸品など様々な物が売られています。「チョルス」とは、「4つの道路」を意味し、世界の四隅を目指して荷物を積んだキャラバンが使用するいくつかの道からその名がつけられ、その積み荷とは主に力と富の象徴のシルクでした。 今ではシルクはチョルスバザールで販売される主要商品でありませんが、それでもウズベキスタンの心と伝統にとって重要な場所となっています。

best_markets_istan01.jpg best-markets_istan02.jpg best-markets_istan03.jpg