見逃し配信スタート! 2017-2018 年末年始もBS11 番組ラインナップ

アニメ番組詳細

番組紹介

映像も音もリアルに造られたオンラインゲーム「The World」。 現実からの逃避するため訪れたその世界で、司は、ルールを逸脱した絶対的な力を得る。だがそれは、対戦したプレイヤーに"現実世界での傷"を負わせていた。ゲームシステムにない謎のアイテム・・・仮想世界で、あってはならない痛み・・・世界に反する者としての烙印を受けた司は、いつしか現実世界への道“ログアウト"が閉ざされていることに気付く。

出演者・スタッフ

【スタッフ】
原作:Project .hack
監督:真下耕一
シリーズ構成:伊藤和典
キャラクター原案:貞本義行
キャラクターデザイン:大澤 聡・番 由紀子・芝 美奈子・岩岡優子
音楽:梶浦由記
音楽製作:ビクターエンタテインメント
アニメーション制作:ビィートレイン
製作:バンダイビジュアル

【キャスト】
司:斎賀みつき
ミミル:豊口めぐみ
ベア:中田和宏
BT:平松晶子
昴:名塚佳織
楚良:家中 宏
クリム:三木眞一郎
モルガナ:田中理恵

過去のラインアップ

第1話「Role Play(ロールプレイ)」  続きを読む | 閉じる

高速インターネットが普及した近未来。ネットワークゲーム「The World」で、
司と呼ばれる「呪紋使い」を操作していたプレイヤーがログアウトできなくなってしまう。
精巧に作られたバーチャルワールドで、司は「痛み」を感じると同時に、
他のキャラクターにはない絶対的な力「ガーディアン」を手に入れる。

第2話「Guardian(ガーディアン)」  続きを読む | 閉じる

司を守るガーディアンの攻撃は、対戦したキャラクターのプレイヤーにも現実世界での傷を負わせてしまっていた。
そのニュースは現実世界と「The World」のプレイヤーの耳に入り、ゲーム世界の秩序を守る「紅衣の騎士団」は、
その原因となった司を追い求める。一方、司は猫の姿のキャラクター・マハに導かれて...。

第3話「Folklore(伝承)」  続きを読む | 閉じる

司の存在は、不審と疑惑を多くの者に抱かせることになった。
異なったルールを認められない銀漢、司というキャラクターを動かすプレイヤーに興味を抱くベア。
そして、「The World」にはなかったガーディアンの出現が、噂の域から出なかった隠しアイテムの存在を、
再び浮かび上がらせる。

第4話「Wanted(指名手配)」  続きを読む | 閉じる

個人データが照会され、司が10日間ログアウトしていないことが判明した。
唯一の守護者=ガーディアンを連れて歩き、「The World」に居る誰もが知るキャラクターとなった司。
その真実を知るためベアが、隠しアイテムとの関連を知るため楚良が、
紅衣の騎士団に対し司との対話を提言する。

第5話「Captured(虜囚)」  続きを読む | 閉じる

司に出会うまで、そこはゲームであり遊び場だった。
だが、虚構として作られた世界はミミルの前で少しずつリアルを含んでゆく。
異なる立場、相入れない考えを抱く者たちの共有する目的が、
ひとりのキャラクターを捕らえるための大きな罠を生み出す。

第6話「Encounter(エンカウント)」  続きを読む | 閉じる

プレイヤーの拘束。その異常事態は多くの困惑を生み出していた。
BTに疑念をぶつけるミミル。司に起きた異変を目の当たりにする昴。
好奇心という名の欲望に忠実に動く楚良。
そして、紅衣の騎士団にガーディアン出現の報告が入る。

第7話「Reason(理由)」  続きを読む | 閉じる

司のことが気になって仕方のないミミルの前に、ひとりのプレイヤーが現れた。
まだ「The World」に入って間もない初心者・A-20。
ミミルは、彼女の行動と言動に振り回されながら、そこで1つの答えを見つけ出す。

第8話「Promise(約束)」  続きを読む | 閉じる

中途半端だから気になる。だったら、 好きか嫌いか判るまで、トコトンまで付き合ってみればいい。
誰もその行方を知らない司へ「待っている」とメールを出し、
ミミルは高山都市の広場でひとり待つことを決めた。 司が来てくれることを信じて。

第9話「Epitaph(エピタフ)」  続きを読む | 閉じる

「Key of the Twilight」と司の謎を解くため、ミミルやベアたちは、新たなキャラ・ヘルバとのアクセスを試みる。
そして浮び上がる新たな謎。その頃、司は、温かな「生」と、冷たい「死」を体験する。

第10話「Compensation(代償行為)」  続きを読む | 閉じる

楽しむためにアクセスした『The World』内で、人はリアルでの責任と行為を引きずり続ける。
リアルで成し得なかった人としての責務、 その代償をベアは司へ関わることで逃れようというのか。
人と関わり続ける行為とは...。

第11話「Party(パーティー)」  続きを読む | 閉じる

司を友達と言い切れるようになったミミルは、戦いのない知識をメインにしたサブイベントに司を誘う。
人との関わりを避けてきた司にとって、それは初めてのパーティー。
多くの謎と不安の中だけに存在していた司が、 ミミルやベアに初めて笑顔を見せる。

第12話「Entanglement(錯綜)」  続きを読む | 閉じる

リアルでの司を追うベアは、ついに確証とも言える何かを得る。
確証は不安を生み、不安は伝説のアイテムの探究へとベアを動かして行く。
司を監視下に置こうとするBT。司との会話に不安を抱く昴。
海の底に沈んだ司の心を捕らえているモノとは...。

第13話「Twilight Eye(黄昏の眼)」  続きを読む | 閉じる

次第にその謎が解かれていく『Key of the Twilight』。
司は、伝説のアイテムの所有を条件に、その探究への参加を決意する。
クリムを利用し、楚良と共謀するBT。謎のハッカーから情報を手に入れるベア。
漆黒の雲が消える時、天空に黄昏の眼が現れた。

第14話「Castle(逆城都市)」  続きを読む | 閉じる

天上から建ち並ぶ数多の塔。
伝説のアイテム『Key of the Twilight』を手に入れるため、3つの思惑が異質なfieldを走る。
その中心で待つものとは何か。残滓と化した思念がループする場所で、司が得たものとは。

第15話「Evidence(証)」  続きを読む | 閉じる

"黄昏の眼が開く時、キー・オブ・ザ・トワイライトが姿を成す。"
昴は、幻のアイテムを求めた今までを振り返りながら、司のことを考える。
出会いと、触れ合いと、そして・・・。
逆城都市へ赴いた司を思っていたその時、昴の目に涙が伝った。

第16話「Depth(深淵)」  続きを読む | 閉じる

忘れられたfield、その中心部に存在した謎の男の意思。
ミミルたちは、確かにその場所へ行き、帰還した。
だが、クリムは強制終了を余儀なくされたという。では、司は...。
『死』から再生された司は、自我の問題につきあたる。

第17話「Conflict(コンフリクト)」  続きを読む | 閉じる

コンセントさえ抜けば、消える世界。その中だけの人間関係に、何故こうも熱くなれるのか。
煩わしさを理由に、人との関わりから1歩離れていたBTは、いつしか自分が利害関係と、
孤独に染まっていたことを知る。

第18話「Declaration(宣言)」  続きを読む | 閉じる

システムを超越した能力と、秩序を乱す行動を起こす司。
その存在は、秩序を重んじる紅衣の騎士団にとって、無視はできない。
だが、騎士団の長であり拠り所である昴は、司を擁護し続ける。
その矛盾への反発と、騎士団の強化を望む銀漢は、ついにあってはならないはずの行動を起こす。

第19話「Recollection(追憶)」  続きを読む | 閉じる

「ここに居たい」。
昴の一途な想いが結実した紅衣の騎士団。
その存在が無に帰る時、自らの想いもまた否定されるのか。
集団から個へ、守られる者から一介のPCへ。昴は知らぬ間に、司の元へと歩いていた。

第20話「Tempest(嵐)」  続きを読む | 閉じる

言葉だけではないコミュニケーションを通し、昴は司の心を徐々に解かし、ついに『僕だけの場所』を目にする。
眠れる少女だけが居るはずの部屋。これが全て謎の核心なのか...。
だがその一方、BTと楚良は、自分たちの計画に銀漢を巻き込もうとしていた。

第21話「Despair(絶望)」  続きを読む | 閉じる

昴に『僕だけの場所』を見せて以来、司の姿は消えた。
と、同時に倒せないモンスターの出現という形で表出し始めた『変異』。
『Key of the Twilight』との決着を付けるべく、ベアはヘルバに会うことを決意する。

第22話「Phantom(幽霊)」  続きを読む | 閉じる

ベアたちは再び『ハロルドの残滓』に会い、問いかける。
彼が希望を託した少女とは?少女の覚醒を歪めようとする存在とは?
――The Worldの有り様を決定づける少女――
その行く末を決める唯一の担い手、それが司なのか。

第23話「The Eve(前夜)」  続きを読む | 閉じる

司に関わった全ての者たちに1通のメールが届く。
司を利用してきた『意志』との戦いの場が決まったのだ。
各々の決意を胸に集うベア、ミミル、昴たち。だが、そこに司の姿は...。

第24話「Net Slum(ネットスラム)」  続きを読む | 閉じる

今、過去の事象が重なり会い、1つの絵を描き、成すべき対策と獲得目標が明確になっていく。
全ての元凶は『偏在する意志』。
司の心を繋ぎ止める唯一の存在=昴を狙い、ガーディアンの触手が伸びる!

第25話「Catastrophe(カタストロフ)」  続きを読む | 閉じる

様々なfieldを越え、執拗に司を狙う『偏在する意志』。
「回復役は僕が引き受けるよ」戦いの中、いつしか司は『本当の仲間(パーティ)』の一員になっていく。
際限なく繰り返されるガーディアンの攻撃。その時、司たちの前にマハが現れた。

第26話「Return(帰還)」  続きを読む | 閉じる

「あなたに関わるべきではなかった」
「僕に構わないで」
「あんたなんか大嫌い!」
『偏在する意志』が作り出した最後の罠『絶望』。だが、信頼を確実なものにした司は怯まない。
そして、ついに眠れるアウラの目が開かれる。

番組へのメッセージ

合計22件 最新の5件を表示

声が聞き取りにくいように思えます

よっしー:2017/10/04(水)01:21

BGMの音量が若干大きく、
キャラクターの声が聞き取りにくく思います。
しかしこれから
当アニメを見られるのは嬉しいです。
新しい楽しみが増えました。

.hack//シリーズがみたいですっ

楚良が気になる子:2010/03/08(月)17:35

当初はTVではなくOVAで見てたと思いこんでたのですが、最終回を見てTV版を見てたと自分で納得してしまいました。楚良があの後SIGNでは無事に戻れたのか気になります。

また、最終話自体、アウラが目覚める前後見てて無意識に涙が出てしまいました。

楚良がまたアニメに出てくるかはさておき。司がログアウトするということが前提だったため、SIGNではキーオブザトワイライトは曖昧な状態で終わっちゃった気がします。
シリーズそのものはゲーム、マンガと展開してますが…せめてアニメだけでもっ。
ほかにもあるみたいなので、それらを見たいですっ
ぜひ流して―!BS11さんっ

はまりました。

eYe:2010/03/06(土)23:43

.hack//シリーズはあまりのメディア展開の多さに敬遠してました。
たまたま見た番組表で.hack//SIGNという文字が目にとまり、ちょっとかじってみよう程度の気持ちで視聴していました。最初の方こそこんなもんかと思っていたのですが、話数を追うごとにのめり込んでいきました。ここまで楽しいとは!他のゲームや小説も買ってみたいと思います。というか買いました。

素敵な出会いをありがとうございました。

意味不明?????

hack信者:2010/03/05(金)23:53

なぜ26話でおわり・・・
あと2話で全コンプリートだったのに・・・

ネ申作

厨2設定:2010/02/19(金)19:57

地上波放送時の時点でまだリア消2なんで当然知ってませんでした。
rootsを観てSIGNも観たかったのですがずっと巡り会えませんでした。
この枠で放送すると聞いた時大感激を受けましたwwrootsも気が向いたらお願いしまーorz