見逃し配信スタート!BS11アニメ公式 Teitter

アニメ番組詳細

番組紹介

日本の歴史で戯れ、遊ぶ!?

「戦国鳥獣戯画」とは
誰もが知る歴史的な局面、何気ない日常など、様々な場面の戦国武将たちを、動物に例えて描くアニメーション番組です。
今、話題の若手人気俳優や、個性派キャスト大集合で、戯れながら戦国武将キャラを演じます。
日本の歴史と、戦国武将で遊んじゃうアニメ、それが「戦国鳥獣戯画」です。

出演者・スタッフ

【スタッフ】
演出:住田祟
脚本:熊本浩武 / 土屋亮一
作画:ニイルセン
アニメーション:上田ゆりさ
ブレーン:酒井健作
制作:ILCA
企画・製作:「戦国鳥獣戯画」製作委員会

【声の出演】
村井良大(秀吉役)
中村橋之助(信長役)
和田雅成(家康役)
鳥越裕貴
長濱慎
三上真史
深澤大河
峯田大夢
今川碧海
長村航希
高橋直気
大矢剛康
滝口幸広
中村嘉惟人
川合諒
安川純平
植田圭輔
石井智也 他

【語り】
林原めぐみ

番組へのメッセージ

合計10件 最新の5件を表示

戦国鍋fanです

村井良助:2017/10/23(月)09:09

戦国鍋の方が面白かった。
これは、笑うべき点がどこにあるのかわからなかった。
このアニメ放送するより、戦国鍋放送した方がいいと思う。
戦国鍋第三期やってほしいっ!

大好きです!

bon:2017/10/22(日)22:50

不定期なので番組表と首っ引きで予約してます。超面白い、DVD出たら絶対購入です‼️

戦国鳥獣戯画〜乙〜

ゆかちん:2017/10/03(火)18:24

6話はどこに行った?
見逃した??

六話は?

ときずし:2017/10/02(月)19:57

先日の『えの』さんの投稿と同じく
番組表には六話なかったのに
次回が七話ってどういう事ですか?
番組解説の中には
ちゃんと六話は存在してるのに

戦国鳥獣戯画

えの:2017/09/30(土)11:54

番組表で六話が抜けて七話になっていますが、六話は放送しないのでしょうか?

放送ラインアップ~甲~

第十三話「お正月」

長きに渡る浅井朝倉軍との戦いを制し、新たな気持ちで年を越すことができた織田信長は家臣たちを集め新年会を開いていた。そんな中、サプライズで信長が企画した催し物が開かれ…。

第十二話「水攻め」

備中高松城の城主・清水宗治に招かれ、いろいろ満喫していた織田信長一行。そんな中、豊臣秀吉と黒田官兵衛は羽目を外しすぎてしまい…。

第十一話「穴」

徳川家康率いる江戸幕府と豊臣家との間で大坂の陣と呼ばれる戦が始まろうとしていた。豊臣秀頼と母親の淀殿は城に籠城する前に大阪城の周りを散歩していたのだが…。

第十話「お宝」

織田信長に連れられ、松永久秀が籠城する信貴山城にやってきた、豊臣秀吉と徳川家康。どうやら信長は久秀が持つあるお宝に目をつけたらしいのだが…。

第九話「風林火山」

八幡原の戦いを前に軍旗に書く旗印を決めようと頭を悩ます武田信玄。かつて孫子が用いたというフレーズを引用することに決めるが、あと一文字が何だったか思い出せず…。

第八話「叩いてかぶって」

不仲で知られる藤堂高虎と黒田長政の仲を取り持とうと考えた細川忠興。平和的に叩いてかぶってジャンケンポイで勝敗を決めようと思い立つも…。

第七話「草履の秘密」

姉川の戦いに向かうため戦の準備を進めていた豊臣秀吉と柴田勝家。そんな中、織田信長の草履を懐で温めていた理由について秀吉の口から衝撃の事実が明かされ…。

第六話「僕のふんどし」

ある夜、内緒でふんどしを洗いに井戸までやってきた徳川家康。その時、突然一陣の風が吹き…

第五話「六文銭」

関ヶ原の戦いでの敗北以降、貧しい生活を強いられていた真田昌幸と真田幸村。なけなしの金を持ってふと団子屋に立ち寄った二人だったが…。

第四話「変な二人」

延暦寺攻略の途中経過を報告するため織田信長の元へやってきた豊臣秀吉と徳川家康。しかし、そこで意外なものを目撃してしまい…。

第三話「政宗の憂鬱」

一揆を扇動した疑いをかけられ、豊臣秀吉から説明を求められた伊達政宗と片倉小十郎は京へと向かっていた。小十郎の考えた秘策を用意して…。

第二話「一番槍は誰だ」

この日、七本槍のメンバーは豊臣秀吉に集められていた。突如、秀吉より告げられた「一番槍を決める」との発表に戸惑いを隠せない七本槍メンバーだったが…。

第一話「見せたいもの」

織田信長に「見せたいものがある」と呼び出された豊臣秀吉と徳川家康。嫌な予感を感じながら岐阜城までやってきた二人だったが…。

放送ラインアップ~乙~

第十三話「本能寺の変」

茶会のため本能寺に立ち寄り、宿泊していた織田信長と森蘭丸。先に寝てしまった信長の寝顔を見つめ、幸せを実感する蘭丸だったが、ふと信長が漏らした寝言が蘭丸の嫉妬心に火をつけ...。

第十二話「おんな城主」

家督を継承するべき者たちが次々と亡くなり、伊井家の家臣たちは頭を抱えていた。そこで女性でありながら白羽の矢が立ったのは次郎法師。様々な理由をつけて断ろうとする次郎法師だったが、家臣たちの意思は固く...。

第十一話「謙信の噂」

八幡山の戦いで宿敵・武田軍の奇襲攻撃の裏をかくことに成功した上杉謙信。すっかり上機嫌な謙信とその家臣たちはささやかな宴を開いていたが、謙信が厠に立った隙に、家臣たちは前から気になっていたとある噂話で盛り上がり...。

第十話「島津四兄弟」

揃って馬追いにやってきた島津四兄弟。九州制覇を目指す四人は子供時代の思い出話をしながら、自分たちの進むべき道について盛り上がっていたが、家久だけは会話に乗り切れず...。

第九話「五大老」

豊臣秀吉は自分亡き後も豊臣政権を守るため、徳川家康や前田利家など有力な大名たちを"五大老"として政務に当たらせた。しかし強すぎる個性は当然のごとく確執を生み、"五大老"はもう空中分解寸前だった。

第八話「嫌われ者」

前田利家が没した日。邪魔立てする者がいなくなったことで、加藤清正をはじめとする七将と呼ばれる武将たちは石田三成を狙って動き出す。刺客相手に必死で虚勢を張って抵抗する三成だったが...。

第七話「俺は誰だ」

豊臣秀吉は備中高松城攻略に手をこまねいていた。一方その頃、織田信長が茶会を開いていた本能寺周辺では明智光秀が何やら不穏な動きを見せていた。まったく状況の違う両者だったがあることをきっかけに...。

第六話「はじめてのバナナ」

南蛮渡来の珍しい品を織田信長に献上するポルトガルの宣教師・ルイスフロイス。その中には「バナ〜ナ」という見たことも食べたこともない果物が混ざっていて...。

第五話「殿」

金ヶ崎の戦いで朝倉軍を後一歩のところまで追い込んだ織田信長。ところが、同盟を結んでいたはずの浅井長政に裏切られ、挟み撃ちされることになった織田軍は敗走することになるが...。

第四話「影武者オーディション」

本格的な信濃への侵攻を始め、敵対する武将も多くなった武田信玄。いつ命を狙われても大丈夫なように身代わりとなる影武者を選出するオーディションを開催するのだが...。

第三話「ぬっぺふほふ」

慌てた様子の本多正信と本多忠勝に呼ばれた徳川家康。自分たちでは判断できない事態が起きたという彼らに連れて来られた先には確かに予想だにしない問題が起きていた...。

第二話「小田原攻め」

豊臣軍は北条氏政らが籠城する小田原城を包囲していたものの手をこまねいていた。そこで氏政を説得するために向かった黒田官兵衛と小早川隆景だったが...。

第一話「鶴の汁」

とある宴会の席で家臣たちに豪勢に鶴の汁を振る舞う織田信長。酒に酔いすっかり気分が良くなった信長は、前田利家との古き良き思い出を語りだすのだが...。