見逃し配信スタート!ユン・ソクホ監督が描く「四季シリーズ」全4作品 一挙放送中!

ドラマ番組詳細

番組紹介

「秋の童話」のソン・スンホン、「サメ ~愛の黙示録~」のソン・イェジン主演
心で通い合う運命的愛をモチーフにした感動のラブストーリー

【STORY】
天気雨が降るキャンパス。ミヌ(ソン・スンホン)は雨やどりしようと軒下に駆け込んだところ花束を持って雨宿りをしているウネ(チョ・シネ)に会う。 だが、ウネはミヌとの結婚式の日、交通事故で突然この世を去る。
その数年後、フローリストとして明るく元気に生きているヘウォン(ソン・イェジンン)。
恋人ジョンジェ(リュ・ジン)を迎えに行った空港でミヌとすれ違う。ヘウォンは先輩チャンミ(チョ・ウンスク)と共に野生花の取材のために山に向かい、ミヌもまたウネとの思い出の山に向かう。
野生花よりはイケメン男に関心のあるチャンミはひたすらカメラシャッターを押し、ヘウォンは野生花を撮ることに余念がない。
そんな中、チャンミと別れ山中をさ迷い歩くヘウォンは、山道で滑り足をくじいてしまう。
そんなヘウォンを助けてくれたミヌ。ミヌはヘウォンを支えて道を探そうと必死だが、突然降ってきた雨に二人は足止めを食らってしまう。

日本語字幕放送・全18話

出演者・スタッフ

【キャスト】
ソン・スンホン「秋の童話」「エデンの東」『ゴースト もういちど抱きしめたい』
ソン・イェジン「スポットライト」「個人の趣向」「サメ~愛の黙示録~」『私の頭の中の消しゴム』『白夜行-白い闇の中を歩く-』
リュ・ジン「純粋」「ソドンヨ」「京城スキャンダル」「1千万回愛してる」
ハン・ジヘ「エデンの東」「憎くても可愛くても」「伝説の魔女」

【スタッフ】
演出:ユン・ソクホ「冬のソナタ」「春のワルツ」「秋の童話」
脚本:チェ・ホヨン「純粋」

次回以降の内容

第12話「二度目の恋」(6月27日放送)

natsunokaori_12.jpg チョンジェの別荘から出てきたヘウォンを自分の部屋に連れて帰って来たミヌは、疲れきったヘウォンを看病する。一方、別荘で酔いつぶれてしまっていたチョンジェを訪れたチョンアは、いつまでこんなことを続けるのかと兄をなじる。そこでチョンアは、ソ・ウネと書かれたメモを発見し、ウネとは、ミヌのかつての恋人で亡くなってしまった女性だと言う。チョンジェと別れ、ミヌと一緒になろうと決めたヘウォンは婚約指輪をはずし、ミヌを教会へと連れて行く。

第13話「せつない選択」(6月28日放送)

natsunokaori_13.jpg 自分の心臓のドナーが男性だと思っているヘウォンは、ウネの墓参りに訪れた際に、ウネの父に息子の名前を訊ねる。しかしチョンジェに真実を内緒にしておくよう頼まれていたウネの父は、答えをはぐらかす。亡くなった恋人ウネの心臓が、ヘウォンに移植されていたと知ったミヌは、ヘウォンたちと夕食の約束をしていたがそこへはいかず、自分の部屋に帰る。

第14話「別れの予感」(6月29日放送)

natsunokaori_14.jpg 結婚の誓いの式を行うため、大聖堂でミヌを待っていたヘウォン。しかしそこに現れたのはミヌではなくチョンアだった。一方、自宅で支度をしていたミヌは、チョンジェの訪問を受ける。チョンジェは、ミヌはヘウォン自身ではなくヘウォンの中にあるウネの面影を愛しているのだと言い、ヘウォンと別れるよう迫る。

第15話「愛するゆえに」(6月30日放送)

natsunokaori_15.jpg 自分の心臓のドナーが男性ではなく、女性だったことを知ったヘウォン。なぜ今までそのことを教えてくれなかったのかとチョンジェに問うと、チョンジェはたいしたことではなかったと思ったと答える。大したことはないのなら、なぜウネの父親は自分に嘘をついたのか納得出来ぬヘウォンは、ウネの実家を訪ねる。そしてそこで、ドナーの女性がミヌのかつての恋人、ウネだったことを知る。

第16話「すれ違う想い」(7月1日放送)

natsunokaori_16.jpg ミヌに別れを告げたヘウォンをチョンジェが訪れる。ヘウォンは、ミヌにはまだウネの心臓が自分に移植されたことを教えていないので、チョンジェからも話さないで欲しいと頼む。もう一度ミヌとやり直したらどうかと勧めるジャンミに対し、ウネの心臓が脈を打ち続ける限り、ミヌは自分ではなくウネを愛すると言って頑なになるヘウォン。尚もよりを戻そうとするミヌにも、自分は心臓移植の手術後に性格が変わったと話し、ミヌはそんな自分を愛していると言う。しかしそれはやはりウネの面影を見るからであり、そんなミヌの愛を受け入れることは出来ないと告げる。

第17話「さよならの前に」(7月2日放送)

natsunokaori_17.jpg ウネの心臓がヘウォンに移植されたことを、ヘウォン本人が知っているとわかったミヌは、ヘウォンに会いに行く。結婚を控えたヘウォンは、一連の騒動の中で常にチョンジェは自分を救おうとしていたと思い至る。そんなヘウォンをミヌが訪れ、心臓移植の事情を全て知っているのかと尋ねる。知っていると答えるヘウォンに、別れたのはそのことが原因かと迫るミヌ。自分が愛しているのはウネの面影ではなく、ヘウォン自身だと話すミヌだったが、ヘウォンは聞かない。

過去のラインアップ

※タイトルをクリックすると内容が開きます。

話数 タイトル
最終話 ふたりの運命
第17話 さよならの前に
第16話 すれ違う想い
第15話 愛するゆえに
第14話 別れの予感
第13話 せつない選択
第12話 二度目の恋
第11話 重なりあう心
第10話 ひび割れた気持ち
第9話 断ち切れぬ未練
第8話 逃避の果てに
第7話 葛藤の日々
第6話 張りつめた愛
第5話 告白が招く波紋
第4話 疑惑の発覚
第3話 近づく距離
第2話 予期せぬ再会
第1話 ふたりの出逢い

番組へのメッセージ

合計45件 最新の5件を表示

想い出

夏の香り:2017/06/17(土)10:57

若いときの想い出があるんですよねー?

♪そして風まかせ Oh, My destiny 涙枯れるまで( ´。•ω•。` )

ミチ:2017/05/26(金)09:17

ネーブ様と この夏香でも出会う事できたのも❤運命Destinyす…ネ(カキコが恥ずかしい~汗)


まぁ⑫シンさんが一番大好き(爆愛)
やっぱ ラストシーンに萌え萌え~~でしたが(笑)


意外と このシーン↓

ヘウォンの先輩ジャンミが リゾート地でっ
「やっぱBIKINI〜♡」 「でもへウォンはムネに傷があるから…」
その後リゾートの風景と共に メインテーマ曲が流れ・・・

・・・「夏の香り」は “夏”の韓ドラ!!プロモってる象徴シーンすね

韓ドラ子さん ゆーてる通り夏の韓ドラは 多いけど
ホントの意味で 
『夏そのもの意味する』韓ドラはこのドラマだけかなーー?


皆様 美しく愉しい時間を共有できて感謝です❤
BS11様 懐かしい感動名作 放送ありがとうごさいました♡

JUNさん!
放送前4/7コメして放送中ナシ汗 で最終回後のコメ?
1ヶ月半!投稿間隔空きすぎじゃ!喝
「秋童」も初視ならマジめに毎日コメしないと怒るから!激愛汗

♫思い出はいつの日も・・・雨 il|!l|il|; ... Y ( ̄_ ̄)T;;;

ミチ:2017/05/26(金)08:48

あぁ~~ラストシーン!!

ドゥクン・ドゥクン。。。心臓の音で始まり

雨・傘の華・流れる人波・・・
最期メインテーマ曲が止まり訪れる“静寂感”
・・・『これが愛なのですね』で〆る 

…の数分間、、、ホンと 緻密に計算されつくした最後すネ

『古池や蛙飛び込む水の音』
すら震撼させる 究極の韓ドラ美の世界観 

ナン度みても ゾクゾクしましたぁ!!


そーや チョンジェが最後まで ミヌに
へウォンの行方 ゆわなかった事

初視の時は 
そこまでゆーなら教えてやりなヨ 
と。思いましたがね爆

まっ彼はこの時点で 二人の再会の運命を 達観してたんだからネ

この後 秋・冬と続くんで
ネタバ◎になるんで 詳しくはカキコしませんがネ

“四季シリーズ”って 
出会う運命◆一時的に別れる運命◆再会する運命◆悲しい・・・も?

…『運命』に支配されてンですネ

まぁ ソクホ監督が 運命論者とは限りませんがネ笑

続きをうだうだと 。。。

12時過ぎのシンデレラ:2017/05/26(金)08:18

書き連ねようと思ったら なっ なんですとぉ!?
ミヌの説得シーンにスタッフの頭がぁ???

ミーハーな私はモチ 目を皿にして! なのに見つけられなかったっス(笑)
でも 花婿ジファンssiの登場には「なんやチョンア 茶髪フェチかい!」
とツッコミを忘れませんでしたよん(^_-)-☆

で~♬
画面サイズもファッションもそして携帯電話も 時の流れを感じさせはするけれど
恋の切なさも 胸キュンも 美しい映像も たっぷり詰め込まれたこのドラマ。
私の中では未だ色褪せることなく四季4作品の中では秋童と肩を並べる逸品。

念願のTV視聴を叶えてくださった11Chanの粋な計らいに感謝しながら
明日は土曜日 久しぶりに 黄色い薔薇を買って 。。。

JUNKAさん 一足早い秋の訪れをご一緒に楽しめるのね(*'▽')

家の模型

ジーノ:2017/05/25(木)14:00

美しい物語でした。
ところでミヌがヘウォンのため(ですよね)に徹夜で作っていた家の模型はどうなっちゃったんでしょうか。。。