名作特選BS11海外紀行シリーズ 昭和の名曲

ドラマ番組詳細

番組紹介

二人なら助け合える。それがたとえ復讐でも――

【STORY】
優しい夫ヨンフン(ソ・ウジン)と愛あふれる日々を送るジョンウォン(ウ・ヒジン)。しかし、ジョンウォンの友人でテヨングループ企画室長のギョンジュ(カン・ソンミ)はヨンフンに密かに恋心を抱いていた。ギョンジュはヨンフンを自分の会社に引き抜き思いを伝えるが、妻を愛するヨンフンは彼女を拒絶。思惑が外れたギョンジュは憤慨し、強行手段に出る。
一方、ジョンウォンは偶然出会った男性チワン(ヒョン・ウソン)と度々顔を合わせる羽目になる。その後二人はテヨングループ一族の後継者争いに巻き込まれ、それぞれが濡れ衣を着せられて逮捕、その最中にヨンフン、チワンの母親、そしてジョンウォンの母が命を落としてしまう。
4年の実刑を経て出所したジョンウォンとチワン。二人は自分たちが収監された背後にギョンジュの影があることに気付き、互いに協力して復讐を果たすことを誓う。そしてチワンはギョンジュに、ジョンウォンはテヨングループ常務スンヒの息子スヒョク(チャン・ジェホ)に近づくが…。

日本語字幕放送・全122話

出演者・スタッフ

【キャスト】
ウ・ヒジン(ユン・ジョンウォン役)
「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」「ヒーラー~最高の恋人~」
ヒョン・ウソン(ソク・チワン役)
「カッコウの巣」「貴婦人」
チャン・ジェホ(ホン・スヒョク役)
「僕らのイケメン青果店」
カン・ソンミ(チャ・ギョンジュ役)
「恋はドロップキック!~覆面検事~」「ヒヤ(原題)」

【スタッフ】
脚本:ウン・ジュヨン「嵐の女」チェ・ヨンゴル
演出:キム・フンドン「みんなキムチ」

次回以降の内容

第85話「1通の訴状」(2月19日放送)

偽りの雫 ウネとジョンウォンが一緒にいるところを見たスンヒはショックのあまり気を失う。息子のみならずウネまで手に入れたジョンウォンに揺さぶりをかけるために、スンヒはミソンに孫の養育権を取るための訴訟を起こすよう唆す。

過去のラインアップ

※タイトルをクリックすると内容が開きます。

話数 タイトル
第84話 悲しい事実
第83話 ペンダントの持ち主
第82話 母子の再会
第81話 サプライズゲスト
第80話 遠くにいる敵
第79話 御曹子の恋人
第78話 "チンジュ"の正体
第77話 復讐の炎
第76話 危険な投資話
第75話 夫婦の亀裂
第74話 スキャンダル
第73話 ヘルパー
第72話 言えない想い
第71話 チンジュの作戦
第70話 駆け引き
第69話 さまざまな罠
第68話 息子の恋愛
第67話 愛は復讐の道具
第66話 共通の敵
第65話 捨て身の告発
第64話 誘導尋問
第63話 スヒョクの告白
第62話 恋心
第61話 だまし合い
第60話 不動産詐欺
第59話 さらなる陰謀
第58話 再びのぬれぎぬ
第57話 新たな戦い
第56話 孤独な抵抗
第55話 祖母と孫
第54話 俺の女神様
第53話 騒動の仕掛け人
第52話 疑惑の視線
第51話 思い出の家
第50話 追い打ち
第49話 婚約式
第48話 暴行事件
第47話 捨て駒
第46話 残酷な真実
第45話 黒幕
第44話 潔白への証明
第43話 望まぬ再会
第42話 再出発
第41話 地獄の日々
第40話 他人の空似
第39話 仕組まれた法廷
第38話 新たなぬれぎぬ
第37話 裏取引
第36話 詐欺容疑
第35話 予期せぬ悲劇
第34話 生みの母親の正体
第33話 鍵を握る人物
第32話 更なる嫌がらせ
第31話 電話番号
第30話 父親との決別
第29話 生みの母親捜し
第28話 娘たちの思い
第27話 父への失望
第26話 あくなき執念
第25話 ウネの行方
第24話 浮気騒動
第23話 怒りの矛先
第22話 奇妙な会話
第21話 それぞれの思惑
第20話 遺言状
第19話 冷たい視線
第18話 夫の浮気!?
第17話 冷たい視線
第16話 血縁関係
第15話 DNA鑑定
第14話 娘の片想い
第13話 夫の頼み
第12話 身勝手な誓い
第11話 苦しい胸の内
第10話 かなわぬ再会
第9話 嫉妬の炎
第8話 苦渋の選択
第7話 あきれた提案
第6話 ウソも方便
第5話 多額の手術費
第4話 決心
第3話 恋愛指南
第2話 創業者一族
第1話 親友の夫

番組へのメッセージ

合計52件 最新の5件を表示

うーん

ごちゃくら:2018/02/15(木)17:38

何の罪もないスヒョク???
ジョンウォンの養母の事故目撃してるのにギョンジュを通報しなかったのは?それだけでも充分だと思うけどスンヒには夫も殺されてるから私は共感できるなぁ~
最近見てるドラマは共感できない主人公ばかりだけどこれは納得できる!!!最高の恋人、女の秘密、魔女の城、白夜姫...

共感できない

:2018/02/12(月)16:27

復讐に燃えるジョンウォンだけど、何の罪もないスヒョクを騙してる点において全く共感出来ないなぁ。
ジョンウォンの白々しい演技を見るのがそろそろキツくなってきた今日この頃…汗

チャ.スンヒさん慣れてきました

みーくん:2018/02/05(月)22:24

いきなり交代され、なかなか見慣れず、苦労しました(笑)特に、ジョンウォン夫が、車にひかれ、運転席でぐったりしている時、目深に帽子をかぶって、確認をしにいった時の回想シーンなど、少し違和感を感じました。今は、副会長に出世され、それなりの貫禄もあり、今の役柄に合っていると思います。今は、両目眼帯で、旦那は秘書と浮気したと思い込み、苦しいスンヒさんですが、これからもドラマの鍵を握る人物として、がんばってほしいです!
追伸:★さんの見解...鋭いですね!

>みーくんさん

:2018/02/03(土)22:37

チョン・エリ氏とオ・ミヒ氏とでは
スンヒがどういう出自の人物なのか
視聴者に与える印象が変わってきますからね。

これは私自身の印象ですが、
チョン・エリ氏だと福祉施設から
貰われてチャ家の養女として育ったスンヒ、
オ・ミヒ氏だとチャ家の親戚筋の
裕福だけど家庭の幸せに欠ける家から
養女としてやってきたスンヒに
思えます。
私はオ・ミヒ氏のスンヒが嫌いでは
ないのですが、スンヒの「自分は
本当の子ではないから愛されていない
→私を愛して!私の願いを聞いて!」
という激情はチョン・エリ氏の演技の方が
強く視聴者に訴えられるものであった
のではなかろうかとも思います。

気になってしかたない

白ごはん:2018/01/24(水)13:49

スンヒの中の人 オ ミヒさんという方
左目が充血してるのか やたら濁ってて怖いよー
ドラマに集中できないww