番組詳細に戻る

中国時代劇王女未央-BIOU-

番組へのメッセージ

70件中 10件ずつ(5ページ目)を表示

 

みなっしー

楽しみに観させて頂いております。
段々終わりに近付いて来ていますが
もう一度最初から観てみたいです
再放送お願い致します

2020/09/01(火)18:34

 

ちょこケーキ

家族でいつも楽しみにみています!
みればみるほどみんなイケメンです!
女優さんもみんなきれいです!
びおうとたくばつしゅんにはキュンキュンします!
びおうでは悪役ですが、しつうんなん
が出ているドレスに恋したシンデレラを
みたいです!どうか、放送してください!

2020/08/30(日)16:21

 

あゆ

大変面白く毎日楽しみに見てます。最初の3話を見逃してしまったので、再放送を希望します。全てのドラマファンに見て頂きたい、愛と勇気をもらえる素晴らしい作品だと思います。未央、頑張れ!

2020/08/26(水)14:33

 

みゅんたん

毎回ワクワクして見ています!
ティファニータンさんが美しく大好きになりました。マイサンシャインという彼女が出演されているドラマが是非見てみたいです。宜しくお願いします。
台湾ドラマも沢山放送されたら嬉しいです。

2020/08/24(月)21:07

 

にじまま

この時間帯の中国ドラマにいつのまにか魅了され、今は未央と拓跋しゅんのお二人にうっとりとさせてもらってます。今まで、世界史の中で中国の古代史にはあまり興味があるほうではなかったのですが、1500年前でも作り話ではなく本当にこういう豪華絢爛な世界があったのだと思うと古い王朝にも興味が出てきます。この時代「魏」の国のことや南北朝に分かれていたこと、柔然と今のモンゴル周辺が呼ばれていたこともこの番組から調べて初めて知ったほどの中国音痴でした。これからも日本人の感性や知識でも理解できるものを放送してください。楽しみにしています。

2020/08/21(金)18:15

 

ハンス

未央さんに次々と災難が降りかかるも、頑張っています。中国王朝ドラマで知る限り、婚姻は妻の実家の力を利用しあう政略結婚で、側室も沢山いる一夫多妻。このドラマでは、滅ぼされた涼という国の生き残り未央が高揚王 拓跋シュンと強い愛情で結ばれて皇后になる話だから、未央という女性は大層素晴らしい人だったに違いない。李長楽と結婚したけど・・仕方ないのか。
高揚王の側仕えの承安は宦官じゃないんだな。若くてちょっとハンサムだけど、未央の護衛係の君桃ちゃんにちょっかい出していたから完全男性。君桃ちゃんは戦死か行方不明になっているけど、また突然帰ってきて未央さんを助けてあげて。
Made in Chinaのドラマは上質で面白いです。貴局で台湾ドラマの放送が始まったので観ています。現代ドラマだけど、それぞれの国の雰囲気の違が面白いです。
「武則天」はニュースの視聴を優先しています。

  

2020/08/19(水)23:46

 

そら

題名が気になり、視聴すると主人公「未央」に魅了されました。どのような衣装もよくお似合いで、とても美しいです。所作にも王女の気品が感じられます。また、次々と降りかかる災難にも、決して諦めない芯の強さを感じます。そんな「未央」を、一途に愛し守る「択跋濬」男らしいです。笑顔が素敵ですね。二人の深い愛に、ときめいてしまいます。とっても幸せな気分にしてくれます。素敵なドラマを、ありがとうございます。

2020/08/17(月)13:16

 

たんぼぼです

王女末央はとても面白いです一人の女性を愛し最後迄愛を貫いたところがすごいです最後にはハッピーエンドが良くかったですもう一度見たいです宜しくお願いします

2020/08/13(木)17:24

 

shusshu

王女未央はタイトル画を見ただけで
面白そうだと期待していましたが、
始まってみると予想を超えた面白さ。
毎日楽しみに観ています。

「月に咲く花の如く」がとても良かったのですが
この作品も違うテイストでとても面白いですね。

主人公の未央はいつも姿勢が良く、凛として冷静で
魅力あるキャラクターですね。
相手の濬も立ち回りの勇敢さと未央に対する笑顔が
対照的で、あのほほ笑みにはやられちゃいますね。

物語も中盤、叱雲南が帰ってきて
いよいよ様々な思惑と攻防とが激しく入り乱れそう。

ハッピーエンドになることを祈りつつ
最後まで見届けたいと思います。

これからも面白い華流期待しています!!

2020/08/01(土)16:08

 

風蘭

毎日視ています。中国ドラマは脇役まで美男美女揃いですね。
今から1500年以上も昔に、未央達が暮らしていた北魏の都の平城(大同市)へ観光旅行した思い出が懐かしい。このドラマで活躍している人達と、なんだか距離が近くなった不思議な気がする。
二十二年も前のこと、ローカル線の列車で、万里の長城を右手に眺めながら、左手にはヒマワリ畑とトウキビ畑が続く華北の平原を、西へ西へ走って大同市に到着。古都らしく落ち着いた街で、近郊には露天掘りの炭鉱があった。
世界遺産の雲崗石窟大仏は、拓跋シュン、後の文成帝が自身をを含む5人の皇帝をモデルに彫らせたとか。未央や李長楽の菩薩像もあるだろうか。当時は北魏時代の歴史に疎く、通り一片の観光旅行だった。今思うと少し残念だ。

2020/07/28(火)15:00