情報セキュリティポリシー基本方針

 日本BS放送株式会社(以下、「当社」という。)は、放送事業者としての社会的責任を果たし、視聴者の皆様および関係者からの信頼に応えられるよう、当社が保有する情報資産を事故、犯罪等による棄損、滅失、漏洩等、社外からの脅威だけでなく社員自らのセキュリティ意識・行動に起因する脅威からも守るため、当社の業務に携わるすべての者が遵守すべき情報セキュリティポリシー基本方針を定めます。 情報セキュリティ対策はこの基本方針に基づく対策基準を別に定め、日常業務の中で確実な定着をはかります。

1.情報セキュリティ管理体制の構築

当社は、情報セキュリティ対策を統括する責任者を委員長とする情報セキュリティ委員会を設置する等、情報セキュリティ管理体制を構築、明確化します。

2.情報セキュリティ対策の実施

当社は、放送業務の公共性に対する配慮やテレワーク等勤務形態の変化等に十分に留意し、適切な情報セキュリティ対策に取り組みます。

3.教育体制

当社は、役員・社員のセキュリティ意識の向上を図るとともに、情報セキュリティ対策の具体的事項に関し周知・啓発を徹底するため、当社の業務に携わるすべての者を対象とする教育・研修を実施します。

4.業務委託先の管理

当社は、当社が保有する情報資産の取り扱いを外部に委託する場合、当該委託先において当社の情報セキュリティ対策と同等の対策が講じられていることを確認します。また、適切に維持されていることを定期的に確認します。

5.自己点検及び内部監査の実施

当社は、情報セキュリティ管理体制が有効に機能し、適切な情報セキュリティ対策が実施されているか否かに関し定期的な自己点検及び内部監査を実施し、必要な是正措置を講じます。

6.情報セキュリティに係る緊急事態への対応

当社は、情報セキュリティに係る事故、障害等緊急事態(以下、「セキュリティインシデント」という。)の発生に備え、迅速に初動対応し被害拡大を防止するための緊急時対応計画を立案し周知実施します。 また、セキュリティインシデントが発生した場合、法令、国が定める指針その他の規範に従い必要な報告・開示等を行い、同様の被害が社会全体に広がることの未然防止に努めます。

7.法令、国が定める指針その他の規範の遵守及び情報セキュリティポリシーの見直し

当社は、情報セキュリティに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。また、状況の変化等に応じ情報セキュリティポリシーの継続的な見直し、改善に努めます。

2021年7月28日実施
日本BS放送株式会社

このページの先頭へ