番組一覧に戻る

母

©1948角川映画

イレブン・シネマズHD

 

番組紹介

バー“オアシス”のマダムおマキは、売春婦達から母親のように慕われていた。
おマキは過去を隠し、叔母として実の娘明枝を女子英学塾に通わせ、
月に一度会う以外は母親であることをひた隠しにしていた。
面会日、明枝は英文学の教師と愛し合っており、学校を卒業したら結婚するつもりであることをおマキに告げる。
実の娘の幸せを願い、結婚を祝福するおマキ。
しかし、おマキの前におマキの過去を知る国三が現れ、おマキを強請り金をせびるのだった。
金の受け渡しの日、金の工面が出来なかったおマキは、
真実を明枝にバラそうとする国三と争いになり、二人は崖下へ転落する。
転落事故で国三が死亡し、おマキは自首するが、明枝のために事故の真相を語らず、正当防衛は否定された。
裁判の日、ラク町の圭子と銀三が駆けつけた。圭子から真実を聞かされた明枝は、
証人台に立って母の無実を訴えた。
(1948年、日本、78分)

出演者・スタッフ

【スタッフ】
監督:小石栄一
企画:中代富士男
脚本:館岡謙之助
撮影:山崎安一郎
美術:柴田篤二
音楽:斎藤一郎
【キャスト】
森田マキ:三益愛子
森田明枝:三条美紀
宮沢先生:若原雅夫
銀二:伊沢一郎
裁判長:徳川夢聲
判事:江川宇禮雄
検事:水原洋一
山本圭子:梅村美智子 ほか

お知らせ

放送タイトルのラインナップチェック、
各タイトルへのメッセージ等は
「イレブン・シネマズHD」ポータルへ!

あなたにオススメの番組