見逃し配信実施中! BS11アニメ公式 Teitter

アニメ番組詳細

番組紹介

舞台は気高き北の大地・北海道!!
アイヌから奪われた金塊を巡る、ヤバイ奴らの生存競争サバイバル開幕ッッ!!!

明治時代後期。
「不死身の杉元」の異名を持つ日露戦争の英雄・杉元佐一は、ある目的のために大金を手に入れるべく北海道にいた。
そこにアイヌから奪われた莫大な埋蔵金という、一攫千金のチャンスが舞い込む。
埋蔵金は網走監獄に収監中の男によって隠匿され、24人の脱獄囚の身体に刻まれた刺青がその在り処を示す手がかりだという。

そんな折、ヒグマの襲撃を受けた杉元を、ひとりのアイヌの少女が救う。
名をアシ(リ)パというその少女は、埋蔵金を奪った男に父親を殺されていた。
さらに杉元の動きに呼応するように、かねてより埋蔵金を狙って暗躍していた
北の最強部隊・第七師団や刺青を背負う脱獄囚たちの動きも顕在化。
果たして、雄大な北の大地を舞台に巻き起こった一攫千金サバイバルの行方は……!?

原作は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の、野田サトルによる大ヒット漫画。
既刊のコミックス1~12巻で累計420万部を突破し、
マンガ大賞2016に輝いた実績も持つ、いまもっともアツい漫画である。
TVアニメ化にあたっては、新進気鋭のアニメーションスタジオであるジェノスタジオのもとに
難波日登志監督をはじめとする実力派スタッフが集結。
埋蔵金を巡るアクション&サスペンスを軸に、狩猟、グルメ、歴史などの五感を刺激する多彩な魅力が
炸裂する極上のエンターテイメントが、2018年4月、いよいよアニメーションとなって動き出す!

出演者・スタッフ

【スタッフ】
原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:難波日登志
助監督:川越崇弘
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:大貫健一
メインアニメーター:羽山淳一
銃火器設定:渡辺浩二
プロップ設定:浅沼信也
動物設定:墨佳遼
美術監督:森川篤
色彩設計:茂木孝浩
撮影監督:戸澤雄一朗
CGディレクター:奥村優子/濱田康平
編集:定松剛
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語監修:中川裕
音楽:末廣健一郎
オープニングテーマ:MAN WITH A MISSION「Winding Road」
エンディングテーマ:THE SIXTH LIE「Hibana」
アニメーション制作:ジェノスタジオ
製作:ゴールデンカムイ製作委員会

【キャスト】
杉元佐一:小林親弘
アシ(リ)パ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之

番組へのメッセージ

合計2件 最新の5件を表示

とても面白いです

TC:2018/05/19(土)13:28

原作は読んでいないのですが、ほとんど見かけない近代日本の成長期が舞台のハードなアニメで大変面白いです。
ただ気になった点は各キャラクターの会話での単語が丁寧過ぎてとても違和感があった事でしょうか。
例えば"戦争"ではなく"戦(いくさ)"と言う方が自然かと。
関西の兵はどうかわかりませんが、シベリア出兵に出征した分家の大叔父の軍事郵便を読んだ事がありますが、手紙の文章でも"戦/いくさ"と書いてありました。
"食べる"は"食う"、"人間"は"人"…といったように会話にリアリティを持たせれば更に完成度が上がるかと思います。

好きです

カジカ:2018/05/11(金)22:32

4話まで観て続きが待ちきれず全巻買いました。大自然も戦闘シーンもギャグもグルメもシリアスも原作の雰囲気通り映像化されていてとても嬉しいです。アイヌの文化や狩猟の紹介シーンも毎回楽しみにしています。良い作品を知るきっかけをくださってありがとうございます