番組一覧に戻る

フリージング

© 2011 林達永・金光鉉・アートリムメディア・
キルタイムコミュニケーション/フリージング製作委員会

ANIME+フリージング

番組紹介

人類を滅亡に追いやる異次元体『ノヴァ』との戦いで姉を失った少年カズヤは、ある学園に編入生としてやってきた。
そこは、ノヴァに対抗できる力を持つ、女子生徒しかなれない戦士【パンドラ】、
そしてパンドラを補佐し無二のパートナーとなる男子生徒【リミッター】を育成する『ゼネティックス』という学園だった。
その学園もまた、ノヴァとの戦いに備え、少年少女たちが能力を開花するべく、日々互いにしのぎを削るバトルフィールド。
そして下級生は、絶対無敵の上級生に対し絶対服従でなければならない。その秩序を乱すのが、
他人が触れることを決して許さない「接触禁止の女王」と恐れられる最強の二年、サテライザー=エル=ブリジット。
カズヤは彼女に、亡き姉の面影を見る。
サテライザーを疎む上級生たちが、学園の「秩序」を盾に彼女を組み伏すべく、熾烈な闘いがはじまる。
恋と闘争の学園SFアクション、ここに開幕!

出演者・スタッフ

【スタッフ】
原作:林達永、金光鉉(コミックヴァルキリー連載中、キルタイムコミュニケーション刊)
監督:渡部高志
シリーズ構成:赤星政尚
脚本:赤星政尚・吉岡たかを
キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺真由美
アクション作画監督:須賀重行
美術監督:桑原悟
色彩設定:西表美智代
撮影監督:森下成一、斉藤仁
編集:西山茂
音響監督:辻谷耕史
音響制作:ダックスプロダクション
音楽:横山克
音楽プロデューサー:篠原一雄、竹山沙織
音楽制作:メディアファクトリー
プロデュース:エスウッド
アニメーション制作:A・C・G・T
製作:フリージング製作委員会

【キャスト】
サテライザー=エル=ブリジット:能登麻美子
ラナ=リンチェン:花澤香菜
アオイ=カズヤ:市来光弘
ガネッサ=ローランド:喜多村英梨
アーサー=クリプトン:岡本信彦
ヒイラギ=カホ:大久保瑠美
シフォン=フェアチャイルド:井上麻里奈
イングリッド=バーンシュタイン:小清水亜美
レオ=バーナード:椎橋和義
クレオ=ブランド:橘田いずみ
アーネット=マックミルラン:浅川悠
アティア=シモンズ:植田佳奈
カンナヅキ=ミヤビ:桑谷夏子
ティシー=フェニール:内田彩
エリザベス=メイブリー:甲斐田裕子
キム=ユミ:渡辺明乃
エリズ=シュミッツ:水沢史絵
シスター=マーガレット:高橋理恵子
オードリー=デュバル:黒葛原真奈
タケウチ=アイカ:三村江里
トリス=マッケンジー:山口理恵
キャシー=ロックハート:釘宮理恵
ミレーナ=マリウス:大原さやか

過去のラインアップ

episode1「Untouchable Queen」  続きを読む | 閉じる

その日、アオイ=カズヤは、リミッターとなるべくウエスト・ゼネティックスに降り立っていた。
その目の前に突然、武器を手に戦う女生徒達が現れる。
それは、パンドラの公式模擬戦の最中なのだったが、その中の一人、サテライザー=エル=ブリジットの姿に、
カズヤは死んだ姉の姿を重ねてしまい、思わず抱きつくのだったが───

episode2「Pandora Mode」  続きを読む | 閉じる

模擬戦中にサテライザーに抱きついた為、彼女を学年1位から転落させてしまったカズヤは、責任を感じ謝ろうとする。
周囲が制止する中、"接触禁止の女王"と呼ばれるサテライザーの手を握ってしまうカズヤだったが、噂とは裏腹に彼女は顔を真っ赤にして固まってしまうのだった。
しかしそこに、ガネッサが挑発に現れ───

episode3「Accelerating Turn」  続きを読む | 閉じる

サテライザーの事が忘れられないカズヤは、
食堂で出会ったものの逃げてしまった彼女を追いかけ、屋上にいるのを発見する。
そしてやっと言葉を交わし、彼女の優しさに触れたカズヤは、
自分をリミッターにしてくれ、と彼女に申し込むのだった。
しかし、そこに「リミッター食い」と噂される3年生のカンナヅキ=ミヤビが現れて───

episode4「Tempest Turn」  続きを読む | 閉じる

カズヤのフリージング能力によって、ミヤビとの戦いにも、勝利したサテライザー。
それは、3年生全体を敵に回してしまう事に。
そして、3年生7位のイングリッド・バーンシュタインに、全力で罰する事を宣言されてしまう。
その事を聞いたカズヤは、再び、リミッターになる事を申し出るのだったが、断られてしまい───

episode5「She is Rana Linchen」  続きを読む | 閉じる

カズヤに触られても大丈夫だと気付いたサテライザーは、洗礼をしない事を条件にカズヤをリミッターとして受け入れ、カズヤも逸れに同意するのだった。そしてその日の夕方、カズヤは"初部屋入り"を行う為に女子寮に向かっていると、道に迷っていたチベットからの編入生ラナ=リンチェンと出会うのだったが───

episode6「Machination」  続きを読む | 閉じる

オードリー達のリンチを受け気を失ったカズヤが翌朝、
病室で目を覚ますと、自分に覆いかぶさって眠るサテライザーがいた。
二人の距離は確実に縮まっていたのだった。
一方、カズヤを助けたラナは、カズヤの優しさとその能力に、彼を"運命の殿方"と心に決めていた。
そしてカズヤにアタックを始めるのだったが─

episode7「Sanction」  続きを読む | 閉じる

3年生に騙され、サテライザーに勝負を挑んだラナだったが、カズヤの登場で誤解は解かれるに至る。
けれどそこに3年生達が現れ、サテラ VS アーネット、ラナ VS クレオの死闘が始まってしまう。
そして、3年生のハイエンドスキルに地に伏してしまったサテラの脳裏には、
幼い頃の忌わしい記憶が呼び覚まされるのだった───

episode8「Pandora Queen」  続きを読む | 閉じる

3年生の制裁行為もひとまず収まったそんな折、学園では、年に一度のプロムの開催が控えていた。
ラナの横槍はあったものの、カズヤと一緒に舞踏会で踊る約束を取り付け喜ぶサテラだったが、
アティアから、美人コンテストのパンドラ・クイーンでの勝負を持ちかけられ、
売り言葉に買い言葉で勝負を受けてしまい......

episode9「Godspeed of the East」  続きを読む | 閉じる

その日、カズヤはイーストゼネティックスで姉の英痕を持つキャシーと会っていた。
しかし彼女は、実はイーストでのサテラの暴走事件が原因で、既に引退を決意していたのだった...。
そして帰路、サテラも英痕を持つ一人だと教わり複雑な気持ちになるカズヤ。
と、その時、後にしたイーストに4体のノヴァが現れたと報告が───!

episode10「NOVA Form」  続きを読む | 閉じる

現れたノヴァは、イーストゼネティックスのパンドラ達をその体内に取り込み消失。
その後、ウエストゼネティックスを取り囲むように出現してしまう。
対して、学内の全パンドラで、迎撃体制を整えるウエスト。
そんな中、サテラはカズヤが姉の面影を自分に重ねていたのだと知ってしまい、
独りで戦うと言い出してしまう───

episode11「Ambush! Ravensborne Nucleochede」  続きを読む | 閉じる

ノヴァ化したパンドラ達は、ウエストゼネティックスの中央、
レベンスボルン・ヌクレオチドの最下層に収められた聖母マリアの聖骸を目指して侵攻していた。
そしてその中の一体、ノヴァ化したキャシーが、3年生達の攻撃をかいくぐり、聖骸のある部屋の前に辿り着いてしまう。
しかしそこには、招集されたサテラ達の姿が───!

episode12「Satellizer VS. Pandora」  続きを読む | 閉じる

ノヴァ化したキャシーの放つビームに、死を覚悟したサテラ。
しかしそのサテラを救ったのは、自らを盾にしたガネッサだった。
自分を救い力尽きたガネッサの最後の言葉に、初めて仲間というものを感じ、
そして、この戦いで守るべきものが何かを知ったサテラは、自らノヴァ化しつつ、再びキャシーに挑んで行く───!

番組へのメッセージ

合計10件 最新の4件を表示

続編期待

えり

2期からアニメを見て、ハマってしまい原作も一気に読んでしまいました。
ただのエロバトルものかと思いきや、物語が深くまたキャラクターもいいので大好きな作品となりました!
3期も期待しております!

2017/12/14(木)15:39

第3期

IS好き

これの第3期とかやらないのかなとずっと考えています
Eパンドラがアニメで出たのなら、今度はヴァルキリーをアニメで見てみたいです

2017/10/25(水)20:05

二期が楽しみ!

フォー・ビトゥン・バロウ

一期は未視聴だったので二期の前に放送してくれて、ありがとうございました!楽しめました。そして二期がすごい楽しみです!

2013/10/08(火)14:22

グッド

テンペスト

戦闘や日々のドラマがとてもおもしろかった。フリージングの2期も楽しみにしています。

2013/10/01(火)18:31

あなたにオススメの番組