番組一覧に戻る

一心太助

© 国際放映

名作劇場一心太助

番組紹介

明るくたのしい、“町人もの”の時代劇路線として庶民の生き生きとした人間愛を基盤として描く。
天秤一本からだを張って、太助自身の知恵と度胸で悪に立ちむかう魚河岸剣法は
「無理がとおって道理がひっこうむようなそんなべらぼうな世の中があってたまるかい!」
という胸のすくタンカに代表される。
そして太助につくす恋女房・お仲とのほのぼのとした夫婦愛を織りなすホームドラマの要素。
太助が事件にまき込まれて描かれるサスペンス。
若さ溢れる杉良太郎がみせるアクションの醍醐味は娯楽時代劇に一層の楽しさを加える。

出演者・スタッフ

一心太助:杉良太郎
大久保彦左衛門:志村喬
お仲:音無美紀子
坂部正七:財津一郎
明石家銀平:中村竹弥
笹尾喜内:伊東四朗
お駒:二本柳敏恵 ほか

過去のラインアップ

第1話~第10話  続きを読む | 閉じる

第1話「天下の一大事」

ゲスト出演者:中尾彬、東千代之介

ある日、太助は往来を飛ばしてきた馬に商売物の魚を台無しにされ、馬上の侍に喧嘩を売ったところ、
相手はなんと将軍・家光公だった。家光が詫びてその場は納まるが、話を聞いたお仲や長屋の連中は気が気ではない。
仕方なく太助は彦左衛門に相談に行く。


第2話「謎の伊勢屋敷」

ゲスト出演者:岩井友見、早川保

太助と同じ長屋の清之進と琴江の兄妹は仕官先を探して江戸に出てきたが、頼みの伊勢松阪藩の家老に会えずにいた。
一方、太助を何かと慕っていた河岸仲間の巳之吉が殺される。
下手人を探る太助は、巳之吉が伊勢松阪藩の屋敷に出入りしていたことを知る。


第3話「木鼠小僧御用」

ゲスト出演者:梶芽衣子、長谷川哲夫

旗本屋敷の刀ばかりを狙う木鼠小僧が彦左衛門の屋敷にも現れた。
その頃太助の長屋に盲目の浪人、夏目城太郎とお松の夫婦が越してくる。
幼子を抱え、お松が常磐津を教えて生計を立てているという。
数日後、お浪という娘が四国から城太郎を訪ねて来る。


第4話「娘魚屋繁盛記」

ゲスト出演者:左時枝

ある朝太助が仕事に出かけると、得意先が軒並み他の魚屋に先回りされていた。
怒った太助がその魚屋を捕まえると、おみよと名乗る娘だった。
聞けば駆け落ちの途中ではぐれた板前の英次郎を探すために魚屋になったという。
事情を知った太助は共に探すことを約束する。


第5話「消えた花嫁」

ゲスト出演者:内藤武敏

両替屋・山善の若旦那と木場の丸十の娘・お雪の婚礼の日、太助は弟分の伊与吉に理由も聞かず五両を貸す。
実は伊与吉とお雪は駆け落ちする約束だった。
ところがお雪がさらわれ、丸十に身代金の要求が。
伊与吉は太助に以前お雪に近づいた飴売りの男が怪しいと話す。


第6話「白魚献上」

ゲスト出演者:梶三和子

壷振りを頼まれた辰吉は、賭場で手入れを受け逃げる途中、太助の親方・銀平の家に身を隠そうした。
しかし曲がったことが大嫌いな銀平は、居合わせた太助と協力し、お上へ差し出した。
一方、お上への献上品の白魚をめぐって漁場の利権争いが起きていた。


第7話「ひき逃げ」

ゲスト出演者:頭師佳孝

魚河岸から帰る途中の太助は、大工の留吉とばったりでくわした。
そこへ米俵を積んだ大八車が猛烈な勢いで突っ込み、留吉がはねられてしまう。
呻く留吉を尻目にもくもくと米俵を積みなおす後押し人足に対し太助は一喝するが、頬に刀傷のある男に逆に倒されてしまい、その隙に大八車は遠ざかってしまう。


第8話「兄妹慕情」

ゲスト:伊藤雄之助、横内正

ある日太助は目の不自由な娘・お由紀と出会う。
なんでも信州から兄を頼って一人で江戸にきたという。
不憫に思った太助は、お由紀の兄の奉公先の冨田屋まで付き添ってやることにした。
ところが途中、御用聞きの伝次から冨田屋が全焼したという話を聞く。


第9話「怪盗の恋」

ゲスト出演者:土田早苗

屋敷に忍び込んでは、ただ女中の寝顔を見ていく、変な怪盗が市中を騒がせていた。
ある日太助は侍に追われていたおりょうを助ける。
おりょうは大店の娘だったが家事で焼け出され、今は病気の父親の面倒を見ながら、
生き別れの妹・お直を探しているという。


第10話「男一匹子守唄」

ゲスト出演者:犬塚弘

約束の場所に来ない父親を待って、一晩何も食べずに過ごした弥吉を太助は家に連れて帰った。
すると翌日、弥吉の父親だという男が現れて自分は手配中の竜巻の仙造で必ず自首するから三日間だけ静かに親子で過ごさせて欲しいと太助に懇願する。

第11話~第20話  続きを読む | 閉じる

第11話「純情に勝負と参ろう」

ゲスト出演者:小川宏

彦左衛門の用人・喜内が恋をした。
相手は太助が連れて行った飲み屋「べんてん」の女将・お駒。
純情で堅物の喜内のために太助は一肌脱ごうとはりきるが・・・。


第12話「十手と包丁」

ゲスト出演者:三波伸介

鬼吉こと鎌倉町の仁吉親分が居酒屋であるモノを盗まれた。
たまたまその晩居合わせた太助と清次を疑い、長屋に押しかけた仁吉は住人たちに厳しく問い詰める。
盗まれたモノが何かも明かそうとしない仁吉の理不尽なやり方に太助の怒りが爆発。


第13話「一夜だけの花嫁さん」

ゲスト出演者:二木てるみ、長谷川明男

木綿問屋・近江屋のあこぎな商売に腹を立てた太助は、
幼馴染の中番頭・清吉に訳を問いただそうと声をかけると、ちょうど岡引の伝次に追われている最中であった。
不振に思いながらも帰宅すると、義兄・正七からお仲と偽装離婚をしてくれと頼まれる。


第14話「人情勧進相撲」

ゲスト出演者:村田英雄

義兄の正七に自分が目こぼしした盗人が、
赤免屋の孫娘の嫁入り支度金を盗んだために婚礼が流れそうだと泣きつかれ、
賞金二十両の勧進相撲に出ることを決意した太助だが・・・。


第15話「花ある絶縁状」

ゲスト出演者:佐々木愛

初詣の縁日の露店でスリの被害にあった太助とお仲。
悪縁があるのかその後何度も同じスリに遭遇する。
しかしその中の一人・常次郎は内縁の妻・お民のためにも実は堅気になりたがっていた。
そんな常次郎をみて太助は自分と同じ魚屋をやってみる気はないかと持ちかける。


第16話「銭ゲバ親子奮闘記」

ゲスト出演者:多々良純、林屋正蔵(子役)

ある日観音境内で太助と喜内が旦那衆に混じって将棋を差していると、
傍らに身なりは粗末だが頭のきれる口の達者な子供が立っていた。
名前は金坊といい、聞けば江戸で一番の大店で商人になるため、下総から家出同然で江戸にやってきたという。
一方、その江戸の大店・伊勢屋では先代と二代目の仲が険悪になっているとの噂がたっていた。


第17話「この子誰の子」

ゲスト出演者:原知佐子、三上真一郎

左官屋の子供・辰坊を、太助ははんだいに乗せて商売をしていた。
偶然見かけた喜内はその行為をたしなめるが、夫婦喧嘩のとばっちりで親父に連れ出され、
泥だらけになっていたところを太助が救ってやったらしい。
喜内が辰坊をあやし太助はそのまま商売をしていると、いつの間にかどさくさに紛れ辰坊は何者かに連れ去られていた。


第18話「親分!おひかえなすって」

ゲスト出演者:品川隆二、田中春男

明石屋の縄張りを狙う掛井一家の度重なる嫌がらせに我慢も限界の太助たち。
しかし銀平に挑発に乗るなと諭されてしぶしぶ納得する。
一方長屋では太助の留守に草加の駒吉という男が子分にしてくれと押しかけてお仲を困らせていた。


第19話「昔より女ならでは」

ゲスト出演者:勝呂誉、菊ひろ子

お仲が賭場での借金のかたに、唐駒組にさらわれた。
太助は身に覚えのないことに憤りつつ駆けつけると、自分の名前の証文をつきつけられた。
どうやら誰かが太助の名を騙ったらしく・・・。


第20話「駆け落ち者です今晩は!」

ゲスト出演者:峰岸隆之介、加藤嘉

明石屋と江戸の河岸を二分する東海屋。
その若旦那・新太郎が父・松五郎に女中のお光との仲を反対され駆け落ちし、太助の家に逃げ込んだ。
このままでは出入りになると危惧した銀平は
話を付けようと東海屋の松五郎を呼び出すがかえって話はこじれてしまう。

第21話~第25話  続きを読む | 閉じる

第21話「東海道だよ四人旅」

ゲスト出演者:古城都

彦左衛門の知行地、三河の農民・万作が江戸で殺された。
彦左衛門は喜内に万作の位牌と庄屋・利衛門への書状を持たせ三河へと向かわせた。
ところが喜内が位牌を取り違えていたため、太助はその後を追う。
一方ある一味も書状を狙って密かに後をつけていた。


第22話「大泥棒入門」

ゲスト出演者:笠智衆

ひょんなことからかつて犬走りの与助と呼ばれた大泥棒に素質を見込まれた太助。
泥棒の秘伝を継いで欲しいと頼まれてしまう。
与助の娘・おみつの父を思う気持ちにもほだされいやいやながら泥棒修行を始める。
しかしついに実地に盗みに入るそのときが来る。


第23話「三河物語異聞」

ゲスト出演者:河野秋武

大久保彦左衛門が三河以来の合戦記録を執筆していると聞きつけ、連日先祖の手柄を書いてもらおうと、
貢物を携えた旗本たちが後を絶えなかった。
そんなある日彦左衛門の娘だと名乗る愛くるしい武家娘が訪ねてきた。


第24話「あべこべ物語」

ゲスト出演者:村松英子、大辻しろ

太助は銀平に連れていかれた料亭喜楽で、芸者の小りんが誘拐され、
娘のおきよが身代金の工面を喜楽の主人・清兵衛に懇願するのを目撃するが・・・。


第25話「良き哉江戸の春」

明石屋の納めの会が行われた「べんてん」で太助は五十両を拾う。
ところが一向に落とし主が現れず、持ち慣れない大金を前に太助は大弱り。
考えた末喜内に金を預けることに。やっと落とし主がわかり一安心した矢先、喜内は金を騙しとられてしまう。

番組へのメッセージ

合計7件 最新の4件を表示

 

かっちゃん

前回の同心暁蘭之介から毎日拝見させて頂いています。
いまでは観れない懐かしい俳優さんやお仲(妻)役がとても可愛いですね。いつのまにか杉さんのファンになっていました。現代では考え憎い人情溢れる時代劇です。
当初、放送された時代は私は6歳児でした。
今後も貴重な放送なので見逃さなく、楽しく観ます。

2015/03/19(木)21:51

 

一心太郎

太助さんはすぎりょうの捕り物や犯科帖のチャンバラなら
ニヒルでクールなのにここでは任侠魚屋の
江戸っ子気質がたのしいです

2014/04/10(木)11:47

 

jay

私もぜひ再放送して頂きたいです!

2014/02/24(月)15:47

 

johnny x

放送してるのを知らなくて、一話から見れませんでした。

もう一度最初から見たいです。 御願いします!

2013/10/17(木)22:12

あなたにオススメの番組