番組一覧に戻る

貴公子たちの音楽会 第1弾@重要文化財・自由学園明日館

制作 ライブエグザム / 製作著作 BS11

貴公子たちの音楽会 第1弾
@重要文化財・自由学園明日館

 

番組紹介

近頃、都内の素敵な場所で、音楽上手な貴公子たちがBS11の呼びかけでこっそり集まって、音楽会を開いているとか、いないとか・・・。
今夜は、池袋にある豊島区の重要文化財の建築、フランク・ロイド・ライトが手掛けた明日館の一角、ライトの弟子=遠藤新が建てた講堂から、素敵なピアノの音が聴こえてくるではありませんか。
さてさて、どんな音楽会となるのでしょうか?
貴公子たちの音楽会 開幕です!

明日館

予告動画

出演者

【ピアニスト】
菊池亮太
【ピアニスト】 菊池亮太 プロフィール

国立音楽大学付属中等部・高等部を卒業。日本大学芸術学部音楽学科卒業及び同大学院修了。
数々のコンクールでの入賞経験を持つ。
現在はアーティストのライブサポートや、ゲーム音楽・CMなどへの楽曲提供、バンド・アノアタリでの活動の他、YouTubeにストリートピアノ演奏動画を投稿するなど精力的に活動している。
YouTubeチャンネル:「菊池亮太RyotaKikuchi PIANO」チャンネル登録者数51.7万人
https://www.youtube.com/channel/UC49Kaj6V3vBLsAZnAlDDVSw

【ピアニスト】
石井琢磨
【ピアニスト】 石井琢磨 プロフィール

2016年ジョルジュ・エネスク国際コンクール(ルーマニア・ブカレスト)ピアノ部門第二位受賞。
日本人ピアニスト初入賞の快挙。
東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経てウィーン国立音楽大学ピアノ科に入学、同大学ピアノ科修士課程を満場一致の最優秀で卒業。現在はポストグラデュアーレコースに在籍。国内外で演奏活動を行う。
メジャー流通CD「TANZ」がオリコンをはじめ、Amazon、楽天等のクラシック部門にて第1位を独占。
クラシック・ピアニストとして鮮烈なデビューを飾った。
オーソドックスな古き良きクラシック音楽に主軸を置きながら、「クラシックをより身近に」をコンセプトにした動画配信も行う新しいタイプのピアニストとして活動している。
YouTubeチャンネル:「TAKU-音TV たくおん」チャンネル登録者数21.3万人
https://www.youtube.com/c/TakuonTV

【司会】
宮原浩暢(LE VELVETS)
【司会】 宮原浩暢(LE VELVETS) プロフィール

1979年8月16日生まれ、静岡県出身。
東京藝術大学声楽科 同大学院修士課程修了。
クラシカルクロスオーバーをコンセプトに結成された全員が音大声楽科出身のヴォーカル・グループ「LE VELVETS」のバリトンとして活躍。
深く豊かで、朗々とした歌声には定評があり、クラシックの発声ではありえない"セクシーヴォイス"を自分のものとして幅広いフィールドで使い分ける。10月より全国ツアー「Eternal」を開催。
主な舞台出演作に、『グランドホテル』(16)、『ピアフ』(18)、『笑う男 The Eternal Love-永遠の愛-』(19)、『メリリー・ウィー・ロール・アロング』~あの頃の僕たち~(21)、『ジーザス・クライスト=スーパースターinコンサート』(21)、『アラバスター』(22)、『盗まれた雷撃 パーシー・ジャクソンミュージカル』(22) など。

【司会】
佐賀龍彦(LE VELVETS)
【司会】 佐賀龍彦(LE VELVETS) プロフィール

1981年1月14日生まれ、京都府出身。
京都市芸術大学声楽科卒業。仲代達也氏主宰「無名塾」出身。
音楽大学卒、身長180cm以上の条件としたオーディションを経て、2008年に結成された男性ヴォーカルグループLE VELVETSのテノールとして活躍。
京都府観光大使でもあり、歌手としてだけでなく、舞台制作や作詞作曲、脚本にも興味をもち、2019年には京都府下の自然と音楽を融合したイベント「音絵巻」を立ち上げ、好評を得る。
また、美術にも造詣が深く、美術番組のナレーションや美術館での音声ガイドも務める。
主な舞台出演作に、「WIZ~オズの魔法使い」(’15)、「最終陳述」(’19)、「ボディガード 日本キャスト版」「BLUE RAIN」(’20)、「地球ゴージャス the PROM」(’21)など。
病気療養の為、2021年から休養をしていたが、今夏、ナレーションにて復帰。秋の全国ツアー「Eternal」で一年ぶりのステージ復帰を果たした。

【ヴォーカリスト】
高島健一郎
【ヴォーカリスト】 高島健一郎 プロフィール

東京藝術大学声楽科卒業後、同大学海外留学支援奨学生としてウィーンへ留学。
ウィーン市立音楽芸術大学オペレッタ科在学中の2018年バートイシュル・レハール音楽祭にてオペレッタ 微笑みの国 / フー・リー役にてデビューし、2018/2019シーズンからルッケンヴァルデ市立劇場、ゾーリンゲン市立劇場、レックリングハウゼン祝祭劇場等ドイツ各地の劇場でジプシー男爵タイトルロール / バリンカイ役、伯爵令嬢マリツァ / タシロ役等オペレッタの主役を務めドイツ各地の新聞で好評を得る。
JAM MUSIC LAB音楽大学ジャズヴォーカル科修士課程にてジャズヴォーカルも学び、2022年夏にはヨーロッパ最大規模の野外フェスティバル・メルビッシュ湖上音楽祭にて、ミュージカルでは日本人初のソリストを務める。
YouTubeチャンネル「Vocalist Ken Takashima」も開設し、ジャンルを問わず様々な歌を公開中。
アーティストビザを取得しウィーン在住。

番組へのメッセージ

合計1件 最新の4件を表示

 

ヒロリン

貴公子たちの音楽会、素晴らしい番組でした。
ぜひ、再放送をお願いいたします、
楽しみに待っています。

2022/11/27(日)22:48