見逃し配信スタート! 報道ライブ インサイドOUT公式ブログ

番組一覧に戻る

ニッポン柔道 新時代 ~学生柔道にみる強さの源泉~

ニッポン柔道 新時代 ~学生柔道にみる強さの源泉~

番組紹介

東京五輪でのメダルラッシュが期待される日本柔道。その強さの源泉は「学生柔道」にある。とりわけ学生柔道の「華」ともいえる無差別の大学対抗団体戦「全日本学生柔道優勝大会」では、毎年必ず、近未来の日本代表に名を連ねる逸材が火花を散らす。

先日行われた国内最高峰の大会「全日本柔道選手権大会」では、この学生柔道優勝大会で腕を磨き活躍した、ウルフ・アロン(東海大-現・了德寺学園職員)が、100kg級の選手でありながら数十キロ重い超級の選手を向こうに回して、圧倒的な強さでの初優勝を果たした。ウルフは一昨年の世界選手権制覇と合わせ、国内外でチャンピオンに輝いた、まさに「学生柔道から世界へ」を体現した選手であり、日本柔道界を支える学生柔道の存在感を象徴している。

この番組では、東京五輪の代表候補選手たちがしのぎを削って戦った「全日本学生柔道優勝大会」の10年を振り返り、大会の魅力や見どころはもちろんのこと、学生時代から今に続くライバルストーリーや、そこで培われる日本柔道の強さの源泉を紹介する。