見逃し配信スタート!BS11  CM「視点を変える篇」メイキング映像も公開中!

アニメ番組詳細

番組紹介

満天の星に埋め尽くされた夏の夜空、宇宙ロケットの発射台がひと際大きくそびえ立つ種子島。その空に浮かぶ「丸い虹」を見たことをきっかけに、ザワつく胸騒ぎに突き動かされて、17歳の少年・真夏ダイチは、この南の島を訪れた。
そこで彼を待っていたのは、驚くべき出会い。“アースエンジン”と呼ばれる白く輝く巨大ロボット、そして“アースエンジン”を通して、顔をあわせる仲間たち――地下深くで眠り続けていた小麦色の肌の少女・夢塔ハナ。“魔法少女”を自称する天才ハッカー・夜祭アカリ。そして、静かな物腰のなかにどこか狂気を秘めた17歳のデザイナーズチャイルド・嵐テッペイ……。
遠宇宙から地球への侵攻を企む謎の知的生命体・キルトガングに立ち向かうため、チームを結成することになる4人。そしてダイチは、彼らとの絆を通して、自らの“キャプテン”としての才能を開花させていく。ときに寄り添い、またときにはぶつかりあいながら綴られる、少年少女たちの“ひと夏の想い”。決して忘れられないその想いが、美しい夜空に今、軌跡を描く。

出演者・スタッフ

【スタッフ】
原作:BONES
監督:五十嵐卓哉
シリーズ構成:榎戸洋司
キャラクター原案:三巷文
キャラクターデザイン・総作画監督:石野聡
エンジンシリーズデザイン・メインデザインワークス:コヤマシゲト
マシングッドフェローデザイン・メカニックデザイン:柳瀬敬之
メカニックデザイン:荒牧伸志・高倉武史
キルトガングデザイン:浅井真紀・吉岡毅
コンセプトデザイン:okama
グラフィックデザイン:草野剛
デザインワークス:齋藤将嗣
特技監督:村木靖
美術監督:矢中勝・衛藤功二
美術デザイン:高橋武之
色彩設計:中山しほ子
撮影監督:神林剛
CGI監督:太田光希
監督補佐:浅井義之
編集:西山茂
音響監督:若林和弘
音響効果:倉橋静男
音楽:MONACA・神前暁
アニメーション制作:ボンズ
オープニング主題歌:flumpool

【キャスト】
真夏ダイチ:入野自由
アマラ:鈴村健一
嵐テッペイ:神谷浩史
モコ:坂本真綾
夢塔ハナ:茅野愛衣
夜祭アカリ:日高里菜
西久保ツトム:小山力也

番組へのメッセージ

合計4件 最新の5件を表示

見終わりました

絵馬:2014/10/07(火)01:58

「ロボットモノ」とか「青春モノ」とかいうにはちょっとサブカルっ気がないのをずっといぶかしく感じていました。

最終回まで見て思ったことは、もしかしてこれはまっとうなSFじゃないのか、ということです。

どこで見かけたのかは忘れましたが、このアニメは「システムを打ち破った後」のお話なんだ、という文章が妙に心残りで、視聴する際にいつも付きまといました。

今になって思うのは、多分、それって、物語の生成に必要な「不条理」を失ったペンペン草の一本も生えていない荒地で、いかに物語を語るか、ということではなかったのか

そして、不条理の代わりに打ち立てられたのが「死」ではなかったのか、と。

このショーは、正直に言って別段面白かったわけではありません。

ですが、この「たった一瞬の物語の生起に全てをかける」感には、何とも言い難い魅力を感じました。

良くも悪くも、これは10年代のお話だったと思わずにはいられません

 

みのる:2014/08/19(火)08:49

最初の数話を見た時ですが、敵キャラのデザインが昭和アニメみたいで、??と思いました。メカの合体がむつかしく描写された所も??でした。てっきり宇宙船を使った戦いだと思っていたので予想を裏切る意味では楽しいですが、”ロボットもの”という過去に縛られた感覚があり、身につまされます。自分は”学園もの”と”ロボットもの”になぜか惹かれてしまい、見るたびに自分の好みの狭さを思い、精神年齢は未熟なままなんだなと後悔してしまうことがあるからです。

若い4人のキャラクターが前向きで素晴らしい

テミス:2014/06/25(水)14:17

完全機械生命体キルトガングと戦う4人の主人公キャラクターが前向きなのが素晴らしい!真夏ダイチ、嵐テッペイ~ちょっと二人とも引き気味なんですが、困難な局面を前向きに立ち向かおうとする姿勢が素晴らしい。ハナさん、夜桜さんも性格が対照的でよく練れています。動画がきれいなのも申し分ない!いい作品です。OP曲も明るいし、EDは優しいですね。いつも最優先で録画して視聴させていたいてます。ありがとうございます。

かっこよかった!

きゃぷてん・地球:2014/04/11(金)02:56

パーツが合体していく所の迫力がすごかったです!
ストーリーの続きも気になります!!