ドラマ番組詳細

番組紹介

帝王の娘である“スベクヒャン”の座をめぐり異父姉妹の運命が交錯する

【STORY】
時は6世紀の百済(ペクチェ)、第24代王 東城(トンソン)王の治世末期。加林(カリム)城の城主 ペク・カの娘チェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じており、彼の子を身ごもっていた。ユンは佐平(チャピョン)として戦に明け暮れ、チェファが身ごもっている事実を知らなかった。
そんなある日、戦地から帰ったユンはもし子供が出来、娘だったら百済を守る花という意味の“スベクヒャン”と名付けようとチェファに話す。

その頃、チェファの父ペク・カは東城王によって屈辱を受け、怒りを募らせていたが、娘とユンの関係を知り、東城王がいなくなれば娘が王妃になるのではと考えていた。そんな中、ユンの側近ヘ・ネスクから“ユンも東城王の死を望んでいる”とそそのかされ、東城王の暗殺を実行する。東城王を敬遠していたようにみえたが敬愛していたユンは、これに激怒しペク・カを自害に追い込む。ネスクはチェファがユンの子を宿していることを知るが、ユンを王にするためその事実を隠し、ユンにはチェファが命を落としたと伝える。

ペク・カの屋敷が炎に包まれ、父の側を離れようとしないチェファを家来のクチョンが助け、伽耶(カヤ)へ逃げると、そこで女の子を出産し、その子にユンと約束した“スベクヒャン”ではなくソルランと名付ける。一方で、ユンは第25代王 武寧(ムリョン)王として即位し、“息子を守ってほしい”という東城王の遺言に従い、よく似ていると言われる自分の息子と彼の息子を入れ替え、側におくことで身を守り、そして王位につけようと考える。
時が立ち、チェファとクチョンの間に生まれたソルヒは、異父姉ソルランが武寧王の娘だと知って彼女に成り済ますことを考える。

こうして激動の時代に翻弄されながらも次第に権力を掌握していくスベクヒャンの波乱に満ちた物語がはじまる…。

日本語字幕放送・全72話

出演者・スタッフ

CAST
ソルラン / スベクヒャンソ・ヒョンジン (「オ・ジャリョンが行く」「馬医」「三銃士」)
ソルヒソウ (「タムナ~Love the Island~」「シンデレラのお姉さん」「瑠璃<ガラス>の仮面」)
ミョンノンチョ・ヒョンジェ (「薯童謠(ソドンヨ)」「私の期限は49日」)
チンムチョン・テス (「王と私」「トキメキ✩成均館スキャンダル」)
武寧(ムリョン)王イ・ジェリョン (「愛の群像」「商道-サンド-」「愛を信じます」「一抹の純情」)
チェファミョン・セビン (「太陽に向かって」「宮S~Secret Prince」「三姉妹」)
クチョンユン・テヨン (「ストライク・ラブ」「深夜病院」)

STAFF
演出イ・サンヨプ、チェ・ジュンベ
脚本ファン・ジニョン

次回以降の内容

第60話(2月27日放送)

soobaek-hyang_60.jpg ソルランは王宮に戻り、王族の事件を調査する闡庇司(チョンビサ)の職に就く。父を襲った刺客の正体を探ろうとするが、父が刺客の手がかりとして残した数珠の持ち主がチンムであることを知って困惑する。一方、武寧(ムリョン)王は、自分に手紙を渡した男の正体が、チェファの夫であるクチョンだったと知る。

第61話(2月28日放送)

soobaek-hyang_61.jpg 両親を殺した黒幕がチンムであると知ったソルランは、より確かな証拠を手に入れるため、チンムの屋敷を訪れる。チンムの屋敷でピムンの紋章を発見したソルランは、チンムが疑わしいとミョンノンに告げる。ソルランが自分を探っていると知り激怒したチンムは配下の刺客たちを遠くに逃がそうとするが...。

番組へのメッセージ

合計31件 最新の5件を表示

私も思いました

etsuyo:2017/02/19(日)00:41

毎日、楽しく拝見しています。
スニムン王、私もピコ太郎に似ていると思いました。
彼もソルランのことが好きにみたいで、太子と一悶着ありそうですね。

もー最高ですほんとに

さY:2017/02/17(金)02:34

毎日心動かされてますこのドラマには

スニムン王はピコ太郎に

I have a:2017/02/16(木)07:51

似ていると思うのは私だけ?

PPAPを、裸の女達と踊りだしそうで怖い…

BS11 放送に感謝します

キャー:2017/02/15(水)00:45

韓流ドラマは普通にハマるが、

この作品ほどどっぷりとハマるとは思っていなかった。

ソルラン=ソ ヒョンジンの演技の上手さは異常だ。

自分は獏だろうか ハマってしまって今後自分がどうなって

しまうのか怖い


切ないです。。

ソルラン:2017/02/14(火)21:25

ソルヒの憎たらしく厚かましい態度にはムカムカしますが
自分が本当の王様の娘だと名のれないソルランが哀れです。
まして 心から慕っている太子さまを落胆させたくなくて
遠くへ去ろうとするソルランと 理由が分からず呆然とする太子さまと
2人の気持ちが切なくて今日は涙が止まりませんでした。
毎日録画して 食後にゆっくり見るのが待ち遠しいです。
すっかり 史劇にはまりました。