ドラマ番組詳細

番組紹介

帝王の娘である“スベクヒャン”の座をめぐり異父姉妹の運命が交錯する

【SOTRY】
時は6世紀の百済(ペクチェ)、第24代王 東城(トンソン)王の治世末期。加林(カリム)城の城主 ペク・カの娘チェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じており、彼の子を身ごもっていた。ユンは佐平(チャピョン)として戦に明け暮れ、チェファが身ごもっている事実を知らなかった。
そんなある日、戦地から帰ったユンはもし子供が出来、娘だったら百済を守る花という意味の“スベクヒャン”と名付けようとチェファに話す。

その頃、チェファの父ペク・カは東城王によって屈辱を受け、怒りを募らせていたが、娘とユンの関係を知り、東城王がいなくなれば娘が王妃になるのではと考えていた。そんな中、ユンの側近ヘ・ネスクから“ユンも東城王の死を望んでいる”とそそのかされ、東城王の暗殺を実行する。東城王を敬遠していたようにみえたが敬愛していたユンは、これに激怒しペク・カを自害に追い込む。ネスクはチェファがユンの子を宿していることを知るが、ユンを王にするためその事実を隠し、ユンにはチェファが命を落としたと伝える。

ペク・カの屋敷が炎に包まれ、父の側を離れようとしないチェファを家来のクチョンが助け、伽耶(カヤ)へ逃げると、そこで女の子を出産し、その子にユンと約束した“スベクヒャン”ではなくソルランと名付ける。一方で、ユンは第25代王 武寧(ムリョン)王として即位し、“息子を守ってほしい”という東城王の遺言に従い、よく似ていると言われる自分の息子と彼の息子を入れ替え、側におくことで身を守り、そして王位につけようと考える。
時が立ち、チェファとクチョンの間に生まれたソルヒは、異父姉ソルランが武寧王の娘だと知って彼女に成り済ますことを考える。

こうして激動の時代に翻弄されながらも次第に権力を掌握していくスベクヒャンの波乱に満ちた物語がはじまる…。

日本語字幕放送・全72話

出演者・スタッフ

CAST
ソルラン / スベクヒャンソ・ヒョンジン (「オ・ジャリョンが行く」「馬医」「三銃士」)
ソルヒソウ (「タムナ~Love the Island~」「シンデレラのお姉さん」「瑠璃<ガラス>の仮面」)
ミョンノンチョ・ヒョンジェ (「薯童謠(ソドンヨ)」「私の期限は49日」)
チンムチョン・テス (「王と私」「トキメキ✩成均館スキャンダル」)
武寧(ムリョン)王イ・ジェリョン (「愛の群像」「商道-サンド-」「愛を信じます」「一抹の純情」)
チェファミョン・セビン (「太陽に向かって」「宮S~Secret Prince」「三姉妹」)
クチョンユン・テヨン (「ストライク・ラブ」「深夜病院」)

STAFF
演出イ・サンヨプ、チェ・ジュンベ
脚本ファン・ジニョン

次回以降の内容

第32話(1月18日放送)

soobaek-hyang_32.jpg ソルランの手柄を認めた武寧(ムリョン)王は、必ず妹を捜し出すと約束し、それを聞いたスベクヒャンは愕然とする。一方、高句麗(コグリョ)の刺客としてクチョンが熊津(ウンジン)へ向かう。そんな中、ソルランはウネ王妃の話し相手を任され、王妃や武寧王に気に入られてゆく。

第33話(1月19日放送)

soobaek-hyang_33.jpg スベクヒャンの侍女ナウンはピムンで王女の偵察をしていた。しかしナウンは、トリムたちに王女に怪しい素振りはないと証言する。そんな中、ウネ王妃はミョンノンに、太子妃を迎えることを提案する。ミョンノンは、チンムがソルランと親しくしていることに気を揉んで...。

番組へのメッセージ

合計16件 最新の5件を表示

ぜひシーンカットをしないでください

ももたろこ:2017/01/13(金)18:30

見ごたえがあってDVDで一気見しました。
しかし、DVDでも日本版としてシーンカットされているらしくそれが残念でした。BS11さんはノーカットをあまりされない局と思っていましたのでぜひノーカット放送してほしいです。特に韓ドラは他局でもカットが多すぎて本当に残念なんです

やはり面白い!

ぱちゃ:2017/01/05(木)09:46

あけましておめでとうございます。
今日で 22話まで見終えました。
ご飯粒飛ばして、鼻血出して喧嘩して、今日は醜女の変顔まで。切ないけど笑える“闘うヒロイン”ソルランが大好きです。演じるヒョンジンさんの表情 一つ一つが可愛い。
太子様はすでにメロメロですね(笑) まだまだ先は長いのに。
チンムの気持ちもわかります。子ども(チンム)には何の罪もないのに あれじゃ可哀想。
しっかり作りこまれた良いドラマです。
帰宅後夜に観て、翌朝もう一度見るという(笑)
韓ドラはたくさん放送されていますが、今はこの1本で十分満足です。

カットが残念です。

ふくしあ:2016/12/22(木)17:34

毎日楽しみに見てますがかなりの場面でカットされてるのが残念です。

大好きなドラマ

ぱちゃ:2016/12/22(木)16:49

私も、以前 他局で途中から見てはまりました。
一話から見て、太子を取り替えたくだりが分かり、武寧王とチンム公の気持ちが分かりました。スッキリです。
ただ、クチョンファンとしては、チェファがもう少しクチョンに愛情を持ってくれたらな、とちょっと寂しく思いました。やっぱり贅沢でしょうか(笑)
今後 胸キュンシーンが満載で今から楽しみです。

守百香…

sarahnaom:2016/12/22(木)14:39

特に男優陣のキャスティングがやや迫力に欠け
本国放送時の反響もそれほどではなかった為、
ずっと視聴を迷っていた作品ですが、今回意を決して
見始めたところ…ごめんなさい、本当に面白いです!

まずストーリーにぐいぐい引き込まれ、
登場人物に自然に感情移入できます。
そして正統派史劇でありながら、シリアストーンで押しすぎず
1話の中での緩急のつけ方が絶妙なので
毎回あっという間に視聴し終えるという感じです。
この感覚は久しぶり!

まだまだ物語は序盤ですが、
これからどのように展開していくのか…
本当に毎日楽しみです。放送ありがとうございます。