番組一覧に戻る

第1回 日本演歌歌謡大賞

第1回 日本演歌歌謡大賞

番組紹介

1968年から開催され、日本の演歌、歌謡曲、J-POPのヒット曲を生み出してきた「日本有線大賞」が、装いも新たに生まれ変わった「日本演歌歌謡大賞」。その記念すべき第1回目の表彰式をお届けいたします。

「優秀賞」:「母なる海よ」大月みやこ、「宵待ち灯り」伍代夏子、「勝負の花道」氷川きよし、「素肌」藤あや子、「泣き虫」増位山太志郎、「花咲線 ~いま君に会いたい~」松原健之、「水に咲く花・支笏湖へ」水森かおり、「今日という日に感謝して」山川豊(歌手名 五十音順)
「奨励賞」:「下町純情」辰巳ゆうと、「さよならを嘘にかえて」松尾雄史(歌手名 五十音順)

果たして「日本演歌歌謡大賞」に輝くのはだれか!? 受賞者全員のステージにもご注目ください。

出演者・スタッフ

MC : 小林奈々絵

受賞者

「優秀賞」(五十音順)
大月みやこ
大月みやこ
伍代夏子
伍代夏子
氷川きよし
氷川きよし
藤あや子
藤あや子
増位山太志郎
増位山太志郎
松原健之
松原健之
水森かおり
水森かおり
山川豊
山川豊
「奨励賞」(五十音順)
辰巳ゆうと
辰巳ゆうと
松尾雄史
松尾雄史

番組へのメッセージ

合計6件 最新の4件を表示

 

soty

「第1回日本演歌歌謡大賞」楽しく拝見させていただきました。
優秀賞受賞の方々は、皆さんとてもすばらしい歌唱力で、見ごたえがありました。大賞を受賞された氷川さんはとても謙遜で、最多受賞者にもかかわらず、まるで初の受賞の時のように戸惑っておられる様子が初々しく新鮮でした。圧倒的人気を誇る氷川さんは歌唱力だけではなく、人柄もとてもいいのですね、納得しました。受賞の言葉の途中で後ろを振り返り同意を求めるように「松原さん」と声をかけたのにはちょっとびっくり、でも嬉しかったです。松原健之ファンとしては次回受賞へのエールを送られたような気がしたのです。
これから回を重ねる毎に,この賞がすばらしい意義のある賞となりますように心からお祈りしています。
素敵な番組を提供して下さり、有難うございました。

2019/03/25(月)14:54

 

チーちゃん

第1回日本演歌歌謡大賞受賞の氷川きよしさん本当におめでとうございます。私の母は90歳ですが13年ほど前から家に有線をひいてリクエストを毎日の生き甲斐にしていますのでボケる暇がなく元気な母は氷川きよしさんのおかげだと感謝しています。これからも母と一緒にリクエスト頑張ります(^_-)-☆

2019/03/24(日)21:30

 

葛飾のBS11ファン

こんばんは。
今夜は、素敵な番組をありがとうございました。
受賞された皆様、本当におめでとうございました。
これからも、楽しい番組を作って下さい。
おやすみなさい。


2019/03/24(日)20:10

 

シマエナガ

第一回の放送、大賞の氷川きよしさんはじめ受賞された皆さんおめでとうございます。音楽を取り巻く環境が大きく変わり、演歌・歌謡曲の歌番組も少なくなりました。こうした中、この番組、この賞が歌手の皆さん、ファンの皆さんの励みになり、目標となって演歌・歌謡曲が一段と盛り上がってくれることを期待しています。今晩の番組、楽しみに見させていただきますね。ちなみに私は松原健之さんの大ファンです。

2019/03/24(日)17:17