番組詳細に戻る

八代亜紀いい歌いい話

番組へのメッセージ

212件中 10件ずつ(1ページ目)を表示

 

ラヴ・AY!

第50回放送。有線放送局に、間違って“八代亜紀の”「恋あざみ」「石狩挽歌」のリクエストが多かったとの話、もとの歌よりもインパクトがあった、ってことですね。7か月前に私が八代さんのファンになったきっかけは、1977年録音(リサイタル)の「恋あざみ」でした。冒頭の「あ~」に衝撃を受けました。あの一音に込められた女性の気持ち。あの声は八代さん以外には出せないですね。フルヴェンが出すブラ4冒頭のすすり泣きのようなもの。74年の若々しい躍動感、79年、80年の深い感情移入、今回の放送での円熟の優しさ。同一の曲から様々な魅力を引き出していて、“聴かせる”歌手・八代さんは、やはり凄いです。「石狩挽歌」も、「自分の歌のように、大切に、大切に、歌ってきた歌」と自ら語る(80年)だけあって、絶品!「霧の摩周湖」「あなたのブルース」「山谷ブルース」、すべて“自分の歌”にしていますね。大好きで、よく聴いています。

2020/03/29(日)21:44

 

ベジタブル キング

〖いい歌いい話〗放送開始1年を迎えて、おめでとうございます。
早いものでもう1年ですか。 毎回、興味津々の番組企画で、楽しませていただきました。今回、皆さんが歌われた 『いい歌』 素晴らしかったです!
特に、ファンの椎名佐千子さんが歌って知った『愛を信じたい』を始めて、八代さんの歌で拝聴出来て、今夜は最高でした!
八代さんの歌、心に響くものがあり、とても良かった! それと、この歌の歌詞がとても好きです。
···陽は沈んでも 陽はまた昇る
愛を信じたい···
椎名さんの、2004年のアルバムにも入っていますね。『いい歌』です!

昨今は、新型コロナウイルスの影響で、世の中が、騒々しいですが、お身体、ご自愛下さい!

2020/03/26(木)21:35

 

太宰府の水

いつも楽しく拝聴してます。生バンドでの歌は良いですね。
ただ少し気になるのは八代亜紀さんの歌が崩しすぎではないでしょうか?
若い頃の声量ではないかもしれませんが私は昔の八代亜紀さんの歌い方が好きなので・・・。

2020/03/26(木)20:30

 

まみ

毎回では無いですけど 拝見してます。
昨年は 「だいじょうぶ」と「大丈夫」が重なって 氷川きよしさんを呼んでいただけないかと 我慢していましたが
今年は 是非出演を望みます。
氷川きよしさんと八代さんはとっても仲良しなのに 出演がないのが不思議で
番組にも華が咲く気がします。 首をなが〜〜くして 待ってます

2020/03/26(木)15:31

 

きーたん

トーク、歌、ゆったりした雰囲気で楽しみにしている番組です。
ぜひ氷川きよしさんの出演をお願いします。

2020/03/26(木)09:02

 

ラヴ・AY!

第49回放送。昨年11月のコンサートで、最近、鈴木・悠木先生から会いたいと連絡があったので、お寿司をたくさん抱えて行って、歓談したの、と八代さんがとても嬉しそうに話していたのを思い出しました。一生続く師弟間の強い絆にほっこり、羨ましく思いました。喫茶店での「同じ値段だからスパゲッティを食べてもいいですか」が印象的。デビューしたものの、売れなくて、貧しく、ひとりで全国のキャバレー回り。自伝によると、3日間何も食べないこともあったとか。でも、ホステスさんやファンに励まされることも。多くの苦難を乗り越えて花開いた「なみだ恋」、心を打たれるはずですね。レコード大賞受賞で頂点を極めた後にも、また長いスランプの時期。デコボコ道があるけれど、負けない、泣かない…、信じたこの道、頑張るよ…必ず誰かが手を貸して、やさしい光も見えてくる…「明日に生きる愛の歌」は、まさに八代さんが詰まったワタシウタですね。

2020/03/22(日)19:00

 

ベジタブル キング

こんばんは。
いい歌、満載。いい話、満載。 楽しませていただきました! ありがとうございました。
毎回、喜怒哀楽、満載で興味津々です。 今回、先週に放送されなかった未公開コーナー良かったです。
悠木圭子先生の手紙には、今回も胸にジーンときました。そして、最後に歌われた「なみだ恋」最高でした!
世の中、騒々しいですが、今しばらく我慢ですね。「明日に生きる愛の歌」明日に向かって頑張って活きましょう!
来週は、以前、ファンの椎名佐千子さんがキャンペーンで、涙で歌われてしびれた、八代さんの歌「愛を信じたい」を八代さんの歌で拝聴出来るので楽しみです!
今後も、機会あれば椎名さんを、宜しくお願いいたします。

2020/03/19(木)22:29

 

レコオ

八代亜紀 様
歌手活動50年の貴重な歌の数々を有難うございます。
第49回では、「なみだ恋」、「女の夢」、「四つのお願い」、「雨に濡れた慕情」など、大好きな曲を聴かせてもらいました。これまで、作曲家、作詞家を知らずに聴いていました。
鈴木淳、悠木圭子の作品にいい曲が多いことに、改めて気が付きました。人の悲しみを歌っても、ほっとするような明るい響きがどこかに入っているのが好きです。
「コーヒーを勧められて、値段が同じだからスパゲッティーでもいいですか」と、さすがだと感じました。歌っている時が最高に楽しいので、休憩は必要ないのでしょうか。すばらしい人生だと思いました。
椎名佐千子「丹後なみだ駅」、「漁火街道」、「漁火街道~追憶編~」、「舞鶴おんな雨」、「出船桟橋」を聴いて見ました。
カバー曲で、いつか聴いた「エリカの花散るとき」もよかったです。
田川寿美「霧笛」などを探しています。

2020/03/18(水)18:09

 

ラヴ・AY!

有線放送特集。有線放送の仕組みを始めて知りました。伍代さんが、大きな目に涙を浮かべて、歌がうたえなくなった姿に感動しました。売れるまでの辛い日々や、ヒットした時の喜び、様々な思いが一気にこみ上げてきたのですね。苦労した当時を「忘れないのが大事なのよ」との八代さんの言葉も重いですね。八代さんのような不世出の天才歌手でさえ、長い下積みの時期があったのですから。「昭和枯れすゝき」の有線大賞は私が高3の頃だったのですね。さくらさんの声を鮮明に覚えていますが、歌の意味が全く分かりませんでした。人生の悲哀に共感できるようになった今は、よく分かり、好きな一曲になっています。八代さんの1976年リサイタルのCDでよく聴いています。「愛ひとすじ」の、あの左手の動きですね、殿キンの宮路さんが真似ていたというのは…そして、八代さんの「エンマコーロギのような眼」(山川静夫)が「獲物を捕らえた猫の目」に変わる…

2020/03/16(月)20:42

 

あかんたれ

亜紀ちゃんが四十才台に入る前に、この先も元気に歌い続けられるのだろうかと馬鹿な心配を本気でしていました。当時は四十才代の本格的な女性歌手は何人も居られませんでしたから。過ぎてみれば鳥越苦労みたいなもので笑ってしまいますが、亜紀ちゃんの歌唱力は小生の想像の域をはるかに超えていて第一人者として五十周年を迎えられました。本当おめでとうございます。「おんなの夢」から入られたのも嬉しかったです。鈴木先生の曲は前奏と間奏がすてきで、リズミカルなおんなの夢は肝心な時に聴かせていただいて悦んでいます。人柄からも慕われて若い人を引っ張って行ってください。

2020/03/14(土)19:51