見逃し配信スタート!

ドラマ番組詳細

番組紹介

1970年代の映画界を舞台に愛と欲望が渦巻くドロ沼愛憎劇!

貧しい生活から抜け出すためインギョン(ユン・アジョン)は友人を頼ってソウルへと向かう。その途中でカバンと財布を無くし窮地に陥ってしまった彼女だったが、偶然通りかかった脚本家志望の青年ミヌ(ノ・ヨンハク)に救われる。事なきを得たインギョンは借金返済のため働きながら、夜間学校へ通い始めた。そこで、ミヌと偶然再会し、互いの夢を語り励まし合う中、次第に惹かれあっていった。ある日、インギョンの乗ったバスが映画制作会社社長ジョンホ(イ・ミヌ)の車と事故に遭う。謝罪に訪れたジョンホは、トラブルに巻きこまれているインギョンを助ける。それ以降も度々助けてくれる彼に、縁と恩義を感じるインギョン。そんな中、ミヌと初めて演劇をみたインギョンは、その魅力に心奪われ、自然と台詞を暗唱する。彼女の才能を見出したミヌは、彼女を自分の舞台のヒロインに抜擢する。それを知ったミヌに思いを寄せる後輩ヒエ(キム・ヘジ)は嫉妬の刃をインギョンに向け始める。一方で、ミヌの脚本はジョンホに認められ彼の会社で働くことになる。映画界進出のきっかけを掴んだミヌは、ヒエがジョンホの妹だと知り、取り入るようになり・・・。欲望に目覚め変貌していくミヌと、優しく見守り続けるジョンホの間で揺れるインギョンの運命は果たして―

日本語字幕放送・全61話

出演者・スタッフ

【キャスト】
ユン・アジョン(カン・インギョン役)
「福寿草」「バラ色の恋人たち」
ノ・ヨンハク(チャ・ミヌ役)
「一途なタンポポちゃん」「2度目の二十歳」
イ・ミヌ(ナム・ジョンホ役)
「朝鮮ガンマン」「王女の男」
ム・ヘジ(ナム・ヒエ役)
「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」

【スタッフ】
脚本:キム・ジワン「今日から愛してる」 / イ・ジンソク
演出:キム・シニル

次回以降の内容

第16話「決別」(6月18日放送)

anosora-taiyou_16.jpg マルスンや自分に対するミヌの酷い態度に怒り、インギョンはひとりで子どもを育てると決意を新たにする。インギョンにまだ未練があると思い込んでいるヒエは、手切れ金を渡そうとするが、それがインギョンの怒りを招く。ミヌはインギョンを捨て、彼女の目の前でヒエとの交際を宣言する。一方、ヒョンオクからインギョンの妊娠の証拠をつかめと命じられたグンテはカルテを盗み、父親が誰かをはっきりさせるため、ミヌとジョンホに罠を仕掛ける。

番組へのメッセージ

合計8件 最新の5件を表示

テレビ小説

レイラ:2018/06/14(木)20:36

女性を主人公にしたKBSテレビ小説もだんだんと面白くなくなってきましたね。
「夢見るサムスン」「輝いてスングム」なんかは面白く視聴したのですが、ここ2,3年はほんまにあきませんわ~(T_T)
皆さんがおっしゃる通り、主役の女優が意地悪役にすっぽりとはまってて、今回はどうにもこうにも共感できないわ。
盗み聞きとか、偶然居合わせるとか、韓ドラあるあるも今度ばかりは、「勘弁してよ!」と言いたくなるほど、わざとらしい...
KBSって韓国のNHKみたいなもんやと聞いてたけど、違うのかな?

人間関係は例のごとく、近親者で入りくんでますが、イ・ミヌ扮するナム・ジョンホとその妻ソヨンの父イ・ヒョンオクが敵対してるのはどうしてですか?
毎回居眠りながら見てるせいか、理解できてません。
どなたか教えていただければ、嬉しいです。

イギョン

みるきー:2018/06/08(金)12:24

イギョンの女優、(あなたはひどいです)の役でも、悪じえのはたらく女の役してて、ちょっと違和感あり。イギョン役は似合わんねぇ。この女優は意地悪な役の方がにあうのでは?

配役・・・

いせ:2018/06/06(水)20:51

配役の年齢に難ありません?父親役は白髪にしとけば位の考えなの?どっちが何の会長だかも分からない上に娘が片方は親子?という程中年っぽい・・・

しかし題名は日本で考えてるんだろうけど必要?昨日は「グムスンの葛藤」今日は「絶対絶命」見るとそれほどでも無いし逆に次回分のを前日に教えられてる気分じゃね??いらないわー。

盛り上がりにかける

量子:2018/06/04(月)23:53

インギョン役の人って福寿草で悪役だった人?
あの三白眼が苦手。
意地悪されたら倍にして返しそう(笑)
ここまで見てきたけど、何か盛り上がり、面白味に欠けるような感じですね。

よしこ

みるきー:2018/06/04(月)14:13

関係ないけど、インギョンの勤めるバス会社の車掌の監督係の女、ガンバレルーヤのよしこに似てるんですけど。チョーうける