番組一覧に戻る

江戸の旋風

©東宝

江戸の旋風

番組紹介

edonokaze.jpg edonokaze.jpg edonokaze.jpg

加山雄三の登場、茶の間のファンを魅了し、5年間にわたって好評シリーズ化された娯楽時代劇の傑作です。
題名からもわかるように捕物帳の一種ですが、いままでの捕物帳と違い、一人の岡っ引や、同心や与力が主人公ではありません。
江戸南町奉行所の同心部屋。そこにたむろする6人の定町廻り方同心全員が主人公です。
年令も性格も得意わざも異なる6人のプロフェッショナルたちが、
あるときは反目しあい、あるときは協力しながら
人間くさい生々しい葛藤を経て、めでたく難事件を解決してゆく1話完結の面白さがねらいです。

原作:島田一男『同心部屋御用帳』
脚本:下飯坂菊馬、田上雄、櫻井康裕、野波静雄 ほか
監督:小野田嘉幹、森一生、田中徳三、池広一夫、高瀬昌弘
音楽:山倉たかし
製作:東宝

全49話

出演者・スタッフ

千秋城之介(同心):加山雄三
由良三九郎(同心):田中邦衛
日下兵馬(同心):木村四郎
早水茂太夫(同心):千秋実
高瀬儀右衛門(同心):近藤洋介
三保木大学(同心):地井武男
三保木佐十郎(臨時廻り方同心):小沢栄太郎
勘八(城之介の小者):橋本功
嘉助(兵馬の小者):守田比呂也
六助(三九郎の小者):中原成男
奉行(根岸肥前守):原保美
お葉(富本節の師匠):浜美枝
ほか

過去のラインアップ

第1話「矢取り女」
第2話「口紅の矢」
第3話「春情遠鳥船」
第4話「かみそり地獄」
第5話「夜桜の女」
第6話「親子島送り」
第7話「女難同心」
第8話「入札女郎」
第9話「十三夜の女」
第10話「質ぐさ女房」
第11話「無実の花」
第12話「厄除け心中」
第13話「脅迫」
第14話「獄門供養」
第15話「切り髪屋敷」
第16話「紅の小指」
第17話「盗賊子守唄」
第18話「六の日の女」
第19話「御用金道中異変」
第20話「怪談鈴をふる女」
第21話「二百両の女」
第22話「安房の夕映え」
第23話「逢引き蔵」
第24話「駆け落ち裁き」
第25話「入れ墨の女」
第26話「秋祭りの女」
第27話「いのちを賭ける」
第28話「おさななじみ」
第29話「帯とりの池」
第30話「宿場てまり唄」
第31話「悪魔の面」
第32話「お千代舟の女」
第33話「刺青の謎」
第34話「地獄の一丁目」
第35話「勘弁ならねえ!」
第36話「お酉様の女」
第37話「悪女の涙」
第38話「幼ない疑惑」
第39話「金色の鈴」
第40話「寒椿の浪人」
第41話「男の敵」
第42話「悲しい罪」
第43話「おみよ観音」
第44話「親子武士道」
第45話「小判女房」
第46話「悪い夢」
第47話「お宮参り異変」
第48話「狙われた女」
最終話「浮世絵の女」

番組へのメッセージ

合計11件 最新の4件を表示

 

tws615

現在「同心部屋御用帳 江戸の旋風」の第1シリーズを放送していますが、第一話からの再放送かオンデマンド配信をリクエストします。それとできるだけ主要ゲスト名も番組詳細説明文に加えて頂きたいです。私は市原悦子さんのファンでありこの番組の36話に出演していますが、私の番組録画のHDDレコーダーの「市原悦子」のワードで自動録画する様に設定していましたが、録画されてなくて観れませんでした。
 理由は番組の内容にメイン出演ゲスト名が記載されていないからです。CS放送の一部のチャンネルでは最近やっと少しづつ古い連続ドラマにも主要ゲスト名が番組内容に記載されてきて番組検索の時にワードが認識してちゃんと自動録画されるようになってきましたのでできるだけ主要ゲスト名も番組詳細説明文に加えて頂きたいです。
 江戸の旋風 第1シリーズの第一話からの再放送かオンデマンド配信をお願いします。ご検討よろしくお願い致します。

2021/04/16(金)00:23

 

ラリマー

普通だったら見る事の無い時間帯の時代劇。テレワーク中に遭遇しました。この作品自体知らなかったので とても新鮮です。若大将のイメージが強い加山さんは苦手でしたが 同心姿の加山さんはクールでカッコいい。田中邦衛さんの飄々とした感じがいいですね。全体的に最近の時代劇と違ってキリッとした佇まいや空気感が魅力だと思います。

2021/04/05(月)00:36

 

ニャフン

面白い!『東京時代劇』の傑作。とりわけ大映京都で辣腕を振るった森一生氏、田中徳三氏ら本格派と加山雄三、池部良らミスター東宝との組み合わせは本当に魅力的。画質も16ミリながらフィルムの良さが発揮されている。こんな作品が毎週放映されていた昭和50年代。今になって良き時代だったと感謝するのです。

2021/03/23(火)23:06

 

かおり

いつもいつも楽しくみております。
先日の「秋祭りの女」、以前にみた他の時代劇とそっくりなお話でした。脚本が同じ方なのでしょうね。びっくりの発見でした。

2021/03/18(木)06:43

あなたにオススメの番組