番組一覧に戻る

京都紅葉生中継2022~

制作著作 KBS京都/BS11

京都紅葉生中継2022
~"キリトリ"限りある空間を愉しむ~

 

番組紹介

今年は、紅葉の名所「圓光寺」から生放送!
美しい秋の世界と風雅な音楽を愉しむ2時間

写真のファインダーや絵画のキャンバスのように風景の一部を“キリトリ”した 限りある空間。この“キリトリ”した 限りある空間には、様々な愉しみ方があります。なぜその場所にフォーカスしたのか、外に広がる風景はどうなっているのかなど、限りある空間に込められた表現者の意図をくみ取ることで、壮大な風景とは違った印象的で魅力的な空間として感じることができます。いつでもスマホで気軽に風景を“キリトリ”ができる昨今、番組では、“キリトリ”された限りある空間に表現された明媚で洗練された様々な世界を、晩秋の古都の名所の紅葉とともに綴ります。

圓光寺 圓光寺 圓光寺

今年は、紅葉の名所「圓光寺」を舞台に、ゲストには、俳優の大塚寧々さん、音楽ゲストには、サンポーニャ&ケーナ奏者の瀬木貴将さん、解説には、国際日本文化研究センター井上章一所長をお迎えし、KBS京都・BS11の共同制作でお送りします。京都の紅葉と明媚で洗練された様々な“キリトリ”の世界、そして、瀬木貴将の音楽と紅葉の壮大なコラボレーションでお届けする風雅な2時間です。

高台寺 高台寺 高台寺
メイン放送席
圓光寺 ~京都洛北の紅葉の名所~

今回のメイン放送席の舞台となるのは、京都でも名高い紅葉の名所、左京区の洛北の一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺院・圓光寺。徳川家康が教学の発展を図るため伏見に建立した学校が起こりで、 1667年に現在の地に移転しました。寺内には本尊千手観世音菩薩坐像(伝運慶作)円山応挙作の雨竹風竹図屏風六曲一双、家康ゆかりの木活字などの文化財のほか、庭園として枯山水の奔龍庭、そして苔と紅葉が美しい十牛之庭があります。

圓光寺
中継場所 その1
高台寺 ~北政所・ねね ゆかりの寺~

豊臣秀吉の正室、北政所ゆかりの臨済宗建仁寺派の禅寺。秀吉の菩提を弔うため、北政所が慶長11年(1606)に建立。 方丈からは小堀遠州作といわれる庭園の中に秀吉遺愛の観月台を望める。秀吉と北政所を祀る霊屋では、高台寺蒔絵と呼ばれる桃山時代の漆工芸の粋を集めた装飾が華麗な姿を留め、春は桜、秋は紅葉の名所として知られる。今回は、2時間の生放送中に中継をつなぎ、高台寺の紅葉ライトアップもご覧いただきます。

高台寺
中継場所 その2
元離宮二条城 ~世界遺産~

江戸幕府初代将軍徳川家康が、天皇の住む京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所とするため築城し、3代将軍家光の時代、後水尾天皇行幸のために城内は大規模な改修が行われ、二の丸御殿にも狩野探幽の障壁画などが数多く加えられました。1867年(慶応3年)には15代将軍慶喜が二の丸御殿の大広間で「大政奉還」の意思を表明したことは日本史上あまりにも有名。二の丸御殿、二の丸庭園、唐門など、約400年の時を経た今も絢爛たる桃山文化の遺構を見ることができ、1994年(平成6年)、ユネスコ世界遺産に登録された。

出演者・スタッフ

【ゲスト】
大塚寧々(俳優)

「写真もそうなのですが、切り取られているからこその美しさを感じます。秋の京都には、紅葉を楽しむ場所がいくつもあるのが魅力だと思います。」

【ゲスト】
瀬木貴将(サンポーニャ・ケーナ演奏者)

「海外の方に日本の代表的な風景として薦めるとすれば、京都の紅葉です。コンサートで何度も訪れている京都の紅葉をひたすら見ることを楽しみにしています。」

【進行】海平 和
(KBS京都 アナウンサー)
【解説】井上章一
(国際日本文化研究センター 所長)

番組へのメッセージ

合計1件 最新の4件を表示

 

単気筒

ちょうど先週末に、京都を訪ねました。
自分なりにこだわりを持って行程を組んで紅葉を写真に収めてきたのですが、それがまさに番組のコンセプトである「キリトリ」そのもので、実は、中継で映るところはどこも訪ねたところばかりです。
せっかくの京都での紅葉なのだから、「京都ならでは」の要素を絡めて楽しまないと意味がありません。そんな魅力を余すところなく伝えていただいている今回の映像は、私の今回の旅の追憶でもあり、次回の旅への誘いでもあります。

2022/11/23(水)20:25