番組一覧に戻る

生中継!京都五山送り火2022

制作著作:KBS京都/BS11

生中継!京都五山送り火2022

 

番組紹介

毎年8月16日に行われ、京都の夏の終わりに欠かせない伝統行事・五山送り火。

盆に帰ってきた祖先をあの世に送り返すための宗教行事で、京都の市街地を囲む「大」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の五つの山に地元保存会の人びとの手によって火が灯されます。

いにしえより守り継がれてきた送り火ですが、ここ2年は新型コロナウイルスの影響により、かつてない危機に瀕しました。
感染拡大防止と伝統行事を守ること。2つを両立するため五山の保存会が悩み抜き灯された炎は、私たち一般市民にも行事の意味を教えてくれる大切な火となりました。

おととし去年と、規模を縮小して実施されましたが、今年は3年ぶりにすべての火床で点火が行われます。
番組では今年も、保存会の方々の思いとともに伝統の炎を生中継でお送りします。

送り火イメージ

・写真は例年の送り火のイメージです。

◆メイン放送席
旧三井家下鴨別邸

旧三井家下鴨別邸

豪商・三井家の木屋町別邸として建てられたものを、主屋(しゅおく)として移築、増築を経て1925年に竣工。戦後、国に譲渡され、2007年まで京都家庭裁判所の所長宿舎として使われたのち、2011年に国の重要文化財に指定。
木造3階建てで、「玄関棟」「茶室」「主屋」の3棟で構成されており、最大の特徴は最上階の望楼。広さ3畳半、全面ガラス窓の和室で、東に如意ヶ嶽・大文字を望むことができます。

出演者・スタッフ

司会:
海平和(KBS京都アナウンサー)

解説:
八木透(佛教大学歴史学部 教授)

リポーター:
相埜裕樹(KBS京都アナウンサー)、木村寿伸、久保恵佳

ゲスト:

森口瑤子
森口瑤子(俳優)
1983年『男はつらいよ・口笛を吹く寅次郎』
(諏訪衿子)でデビュー。
多くのドラマ、映画などに出演、多方面で活躍。

森口瑤子さん より


このような貴重な機会を与えていただき、本当に感謝しております。
目まぐるしい毎日に追われ、いつも見守ってくれているであろう先祖への思いをついつい忘れてしまいがちです。
8月16日は先祖へ思いを馳せるとともに、改めて平和への願いを心から祈りたいと思います。
また、今年は3年ぶりに全面点火されると伺いました。夏の夜空に灯される美しい送り火を心から楽しみにしております。

番組へのメッセージ

合計15件 最新の4件を表示

 

TAK

五山の送り火
再放送をお願いしたい

2022/08/19(金)15:29

 

左大の文字保存会より

2022年3年ぶりの五山送り火全山点火を
左大の文字大北山でやり遂げました。
山に向かうバス車内で行ってらっしゃいと
見送られて自分が点火をすることに
誇りを持って汗まみれで松明を点火しました
3年ぶりに五山送り火が帰ってきました。
守りたい残したい伝えたいの思いで
最高の点火だったと自分は誇りを持って
この伝統行事をやって良かったと思い
汗と涙が光りました。御覧頂いた京都市民
の皆様に心から左大の文字保存会より
感謝とお礼を申し上げます。
ありがとうございました、

2022/08/18(木)20:35

 

京の都

アナウンサーさんが浴衣着たらきれいやろうなぁ。
教授さん、腕時計外してほしいなぁ。
五山送り火、出来てよかった。
放送してくださって、ありがとうございます。

2022/08/16(火)20:45

 

ブラックニャース

残業で点火は見れないと諦めていました。

雨で点火が遅れておりテレビで点火を見ることが出来ました。

2022/08/16(火)20:18