番組一覧に戻る

別れが去った~マイ・プレシャス・ワン~

ⓒ 2018 MBC

別れが去った~マイ・プレシャス・ワン~

navcon

番組紹介

ヨンヒの元へ執拗に離婚を催促する電話を掛けるセヨン。しかし、ヨンヒは決して離婚しないと宣言する。サンジンの浮気が発覚したのは三年前。すでにサンジンと浮気相手セヨンの間には三歳の子供までいた。その事実を知っても、表情一つ変えないヨンヒ。冷めきった夫婦関係に、既に準備できていたとサンジンに打ち明ける。一方、妊娠が発覚してしまったヒョ。妊娠事実をミンスに伝えるが、子どもをおろすよう説得されてしまう。そんな中、ヨンヒの元を訪れたヒョは、ヨンヒに対し、一緒に住まわせてほしいとお願いするのだが…。

  • visual01
  • visual02
  • visual03
日本語字幕放送・全28話

出演者・スタッフ

  • cast01

    ソ・ヨンヒ役/
    チェ・シラ

    「優しくない女たち」
    「蒼のピアニスト」
    「インス大妃」

    夢のために工科大学を卒業し、男だらけの会社でその能力を認められていた。しかし、数十年が過ぎ、彼女は自分を閉じ込めた家で鏡を見る自信もないまま引きこもりの生活を送っている。浮気した夫によって‘妻’というタイトルを奪われ、不肖の息子によって‘母親’という立場まで狭くなった彼女にとって、家は唯一自分を守ってくれる空間であり、最後に残された自分の物だ。彼女は夫との離婚を拒みながら、経済圏を掌握したまま生きていく。ただ安全が保障され、自分を隠すことができる家で一日一日を過ごしながらなんとか耐える惨めな立場になった。すべてを放棄してまで守った家庭は、彼女に何も残さなかった。彼女は生きるためにプライドを捨て、離婚を諦める。離婚によって夫の女に妻という呼称と経済圏まで奪われるわけにはいかなかった。最後まで夫を手放さずにいることだけが、彼女が生き永らえる唯一の方法であり復讐だ。彼女の息子、ミンスの彼女チョン・ヒョが現れて子どもを産むと言っても彼女は動じない。ショックを受けたり、本当に息子の子なのかとも聞かない。彼女の情熱と犠牲は今や家を守ることだけに集中している。母性、愛を要求するヒョに対して、彼女は冷ややかだ。ただすべての人を遮断して生きていくこと。それが人生のすべてだ。何度も彼女の心に入り込もうとするヒョを遠ざけることが、いつの間にかまた別の目的として浮かび上がる。

  • cast02

    チョン・ヒョ役/
    チョ・ボア

    「愛の温度」
    「お願い、ママ」
    「美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート」

    ハン・ミンスの子を身ごもった大学生のチョン・ヒョは、堕胎を迫るミンスとは違い命の価値を何よりも優先して考える。しっかり者で責任感があり、男やもめの父親を思いやる孝行娘でもある。父親から愛された記憶を思い出しながら、子どもに対してもそんな母親になろうとする。それでも夢を諦めることはできない。現実との妥協も重 要と考えるヒョは、子どもを産んでミンスの母親であるヨンヒに預けようとする。その後、成功を収めたら再び子どもを引き取ろうと決心する。しかし、ミンスの猛反対に遭い、一人逃げるようにヨンヒを訪ねる。男の財産だとか、男によって女は人生が変わるというヨンヒの言葉に強く反発する。ひどかったつわりが終わり、今度は身体的変化が現れるヒョ。世の中真っ向勝負できると信じていた彼女だが、マタニティブルーを心配したり、取るに足らないネットの記事に涙ぐむ。ヨンヒから母親という存在に対する答えを得ようとしてみる。自分も同じような境遇になるかも知れないという恐れもある。ヨンヒを通じて彼女のような過ちを犯さないよう、予行演習を始める。ヒョのすべての記憶には父親がいた。目を開ければいつでも父親が真っ先にチョン・ヒョの最初の記憶に保存された。ヒョはその記憶が思い出に変わることがどれほど切ないことか気づき、愛に目覚める。妊娠を通じて体の変化を感じるヒョ。彼女は変化の中で母親として生まれ変わる。そして、子どもによって許しを学び、愛を学ぶ。

  • cast03

    ハン・ミンス役/
    ジュン(U-KISS)

    「甘くない女たち~プアム洞の復讐者~」

    チョン・ヒョとの間にできた子を拒否するミンス。浮気者として生きてきた彼はようやくヒョに落ち着くように見えたが、子どもという問題は再び彼を深い彷徨に導く。家にいるだけの母親とは違い、活動的でしっかり者のヒョに強い愛着を感じていた。彼にはトラウマがあった。人生にうんざりし、疲れた父親。いつも酒浸りと罵りながら、父親を刺激する母親の間で彼は幸せを感じることができなかった。ヒョに堕胎を迫りながら、そうすることが自分のためだと考えるが、ふと気づく。ヒョを母親のようにしたくないから、彼が父親のように生きていくことが怖いからそうしたことを。反対しても最後まで首を縦に振らないヒョの姿から母親であるヨンヒが見える。また大声を張り上げ脅迫まがいな言葉を吐き出す自分の姿から父親であるサンジンが見える。そうするほど自分とヒョが嫌になり憎くなる。なぜかヒョに対する執着が強くなり、自分のものにしたくなる。そうしてミンスは父親のようになっていった。あんなに憎んでいたヨンヒとサンジンの姿が恐ろしかったが、子どもは生まれた。同じ姿ではない、新しい家庭の誕生だった。仕事があって、いい男になったとしても、父親という名前が軽くなるわけではないようだ。二人なら乗り越えていけるかも知れないという自信が生まれる。ヒョが母親で、ミンスが父親で、親というペアになれば充分耐えることができるかも知れない。

  • cast05

    ハン・サンジン役/
    イ・ソンジェ

    「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!」
    「魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~」
    「幸せのレシピ〜愛言葉はメンドロントット」

    表向きは常に男らしい。巨大な飛行機のトップであることにプライドを感じている。常に強い言い方にこだわり、幻想的でお飾り的な言い方に執着する。長年連れ添ったヨンヒから逃れようとして犯した一夜の過ちがとんでもない事態を招いた。同じ航空会社に勤めていたセヨンとの一夜がついに家庭を滅ぼした。それによってヨンヒは激しい女に豹変し、二人の女の間で死んだように生きる男に転落してしまう。そのせいで、同僚に対してはさらに見栄を張って生きていく。惨めなセヨンとの生活に終止符を打ち、また別のことを夢見る彼にとって、もはや不可能はない。女を誘惑する金もなくなるや否や、ロマンこそが男が夢見るべき真の目標だと言いながら、日常からの脱出を夢見る。だが、簡単ではない。すでになんとなく彼の事情を知る後輩と息子は、彼を次第に見下すに決まっている。妊娠させた息子に対しても冷静な振りをする。だが、ヒョの父親に捕まって逃げる姿を見せたり、年の離れた実の妹に責められて泣く姿を見られたりもする。セヨンに殴られて後輩の家に逃げ込んだり、一人暮らしをする息子の小さな部屋でその日暮らしのような生活をしたりする。みんなが背を向ける男に転落し、彼はようやくヨンヒとの家庭を懐かしがる。

  • cast04

    キム・セヨン役/
    チョン・ヘヨン

    「九家の書 ~千年に一度の恋~」
    「イタズラなKiss~Playful Kiss」
    「美賊イルジメ伝」

    人は彼女を愛人と呼ぶ。誰かの妻として生きていくことができない愛人だ。なぜこんなことになったのか、いつでも聞くセヨン。ただ長い時間を共に、一人の同僚としてサンジンと接した。後輩たちに尊敬される先輩としてマネージャーの地位までのぼり、そのため口の悪い機長から後輩たちを守ろうと、一人残って酒の相手をしたのだが過ちを犯してしまい、それによってサンジンの子を妊娠する。集団的な考えは正義であり、彼女の正当な声なき叫びは正義ではなくなり、彼女も自然に状況を受け入れる。彼女は子どものために仕事を辞めた。ヒョとヨンヒと彼女は似ている。子どもによって人生を諦めた。それでも彼女は母親というタイトルを手に入れることができない。ヒョと状況が異なるだけで、夫という存在と共に歩むことができない。違う点があるとすれば自分は夫が横にいて欲しいと必死にもがくが、ヒョは一人で生きる準備している点だ。ヨンヒからサンジンを奪おうとするセヨン。あるとき、彼女の敵はサンジンでも、社会の不合理な視線でもない、ヨンヒに向かう。

演出:キム・ミンシク「女王の花」「グロリア」
脚本:ソ・ジェウォン

番組へのメッセージ

合計16件 最新の4件を表示

 

ゆっけ

また早く見たいです!
再放送待ってます!!!!!

2020/06/08(月)06:58

 

ゆい

このドラマは本当に面白く拝見させて頂きました!今までにない斬新な韓国ドラマですね!是非とも再放送して頂きたいです!!
入院生活が長く、韓国ドラマを拝見する事が唯一の楽しみです!!どうぞよろしくお願いします
m(_ _)m

2020/05/03(日)17:09

 

AAA

ミンスは、学生で金も稼いでいないのに、子供作り親に文句垂れる。
親も決してろくなもんでもないけど、責任はとっているんだよね。
悪いのはすべて人のせい。さすがの韓国ドラマ。

2020/04/10(金)15:46

 

レア

「別れが去った」
この逆説的意味合いのタイトルが、ずっと気になっていたのですが、今日の放送でわかった気がします。

チェ・シラさんは他局ASAHIさん「海神」のジャミ夫人のサイケな役や、「愛情の条件」のヒロインが印象的でしたが・・・。
今ではかっての大女優のベテランさんを、このドラマの主演に起用したのが分かる気がします。

2020/04/09(木)23:28

あなたにオススメの番組