ゾンビ襲来!警告 感染拡大 バイオハザードシリーズ 一挙放送 バイオハザードを見て当てよう!プレゼントキャンペーンも実施します。ユン・ソクホ監督が描く「四季シリーズ」全4作品 一挙放送中!

ニュース・経済番組詳細

番組紹介

『あなたと考える10年後の未来』

10年後、あなたは何をしていますか?
10年後、あなたは幸せですか…?

この番組では「あなたと考える10年後の未来」をテーマに、別所哲也が旬のゲストをスタジオに招き、“生活者の目線”で、日本の未来がよりよくなるために必要な話を引き出します。別所哲也だから聞けること、別所哲也だから得られた答えを、10年後の私たちが幸せに生きるためのヒントにします。
そして最大の特徴は、「あなた」つまり「視聴者の皆さま」と考える未来。視聴者の皆さまの生活に即した生の声を紹介し、別所哲也、そしてゲストの方々とともに考えます。


未来先見塾 金曜日:寺島実郎の「未来先見塾」~週刊寺島文庫~
ニュースの背景などについて通常の報道番組では紹介しにくい世界の構造変化にまで立ち入り、その本質を探る対談番組。
各界の第一人者をゲストに招き、政治、経済、国際情勢、地方創生、科学技術など現代人に必須のテーマを徹底討論します。毎週金曜日の夜に、刻々と動く1週間を総括し、次の展開を探る視座を提供します。

企画・製作協力:(社)寺島文庫
http://www.terashima-bunko.com/

サポーター会員募集中!詳しくは寺島文庫HPをご覧ください。
http://terashima-bunko.com/bs11/bs11-supporter.html

出演者・スタッフ

別所 哲也 八塩 圭子 中島 静佳 寺島 実郎 長島 瑞穂

別所 哲也
月~木曜日
メインキャスター

八塩 圭子
月・火曜日
サブキャスター

中島 静佳
水・木曜日
サブキャスター

寺島 実郎
金曜日キャスター

長島 瑞穂
金曜日アシスタント

次回以降の内容

5月22日(月)
「第2弾 日本の課題・財政危機 与野党議員が徹底主張」

ゲスト:河野 太郎(自民党行政改革推進本部長)、大串 博志(民進党政務調査 会長)

4月19日、自民党行革推進本部は政府に対し、日銀の大規模金融緩和政策の出口戦略を検討するよう提言。金利急上昇、日銀債務超過などのリスクを警戒し、財政健全化や日銀との連携強化を求めた。
デフレ脱却のための大規模金融緩和を評価しながらも、財政への悪影響を懸念し異例の提言を行った自民党行革本部長・河野太郎と、異常な金融緩和をやめ財政再建に取り組むべき、とする財務省OBの民進党政調会長・大串博志をスタジオに招き、財政危機の実態と対策について考える。


5月23日(火)
「北対策ミサイル防衛は不可欠 中谷前防衛相に聞く!」

ゲスト:中谷 元(前防衛相 / 自民党衆議院議員)、菊池 雅之(軍事フォトジャーナリスト)

対話機運の中、再び『瀬戸際』を選択した北朝鮮は14日、「新型中長距離弾道ミサイルの発射実験を成功させた」と発表。その特徴の一つが"高度2千キロ超"に達する打ち上げだった。また首相官邸幹部は、「日本に向けて普通に撃てば8分程度で届いていた」と語る。
今後、日本では弾道ミサイル防衛体制の見直し議論が加速するのか。自民党が提唱する「敵基地反撃能力」議論の進展は。朝鮮半島情勢をめぐる、安全保障問題の最前線を中谷元前防衛相に聞く。


5月24日(水)
「社会保障の危機!増加する医療費にメス」

ゲスト:南淵 明宏(心臓外科医)、鈴木 準(大和総研 政策調査部長)

制度存亡の危機に直面している社会保障!高齢化に伴う年金の負担増にフォーカスされがちだが、将来的に深刻化するのは実は医療費だ。医療の高度化や高価な新薬などを背景に増加を続け、団塊の世代が後期高齢者となる2025年には50兆円を超えるという試算も!ここまで天井知らずで増加する要因は何か?それは『国民皆保険制度』だ。
誰もが医療サービスを受けられる世界に類を見ない優れた制度だが我々国民の意識はどうだろう?さらに、命を救うためにコストを考えることがタブーだという、医療現場も同様に要因となっている。
今回は、我々の身近な「お薬」をキーワードに制度の抜本的改革を目指す大和総研・政策調査部長 鈴木準氏が提言!
そして、保険があるが故に起こってしまう医療費の無駄遣い。『ブラックジャックによろしく』のモデルとなった心臓外科医の南淵明宏氏がメスを入れる!


5月25日(木)
「日本の課題『東京一極集中を考える』」

ゲスト:片山 善博(元・総務大臣 / 元・鳥取県知事 / 早稲田大学教授)

2014年、日本創生会議は「日本の896地方自治体が消滅する可能性がある」というショッキングなレポートを公表した。つまり、現在1727ある地方自治体のうち半分が消滅する可能性がある事になる。その大きな理由は地方の若者の数が減少して自治体の機能が維持できなくなるからだ。
少子化もさることながら、地方から消えた人口はどこを目指しているのか?浮かび上がるのが『東京一極集中』というキーワードである。
この『東京一極集中』という事態を受けて安倍政権は『地方創生』を最重要政策の一つに掲げ、財政面を中心に自治体支援を決めた。しかし、『東京一極集中』の勢いは止まらないでいる。
このままでは『地方創生』はさしたる効果もないままに終焉を迎えると分析する専門家もいる。
なぜ『東京一極集中』は起きるのか?その現象を止める効果的な方法はないのか?『地方創生』はお題目のまま終わってしまうのか?
人口減少化を迎えた日本で地方が豊かに暮らせる方法を地方自治と社会学のスペシャリストが提言する。


5月26日(金)
「ロシア疑惑と日米ロ外交の行方」

ゲスト:下斗米 伸夫(法政大学法学部 教授)

ロシアのアメリカ大統領選挙への関与が疑われる「ロシア疑惑」が広がっている。この問題でトランプ大統領はFBI長官解任、アメリカのメディアはトランプ大統領が捜査の妨害を狙ったのではないかとの疑惑を指摘。
来週にはイタリアでG7が行われ、ここで大統領当選後、初の米ロ会談も行われる予定だ。果たして今後の米ロ関係はどうなっていくのか?
また北方四島での「共同経済活動」で合意した日本とロシア。その後の進展はどうなっているのか?ロシアの専門家である法政大学の下斗米伸夫教授に聞く。

番組へのメッセージ

合計80件 最新の5件を表示

小池知事に対する評価は的確だと思った

あかた:2017/05/16(火)10:29

5月15日放送について。

「都民と対話としていない」、「メディアを意識しすぎ」。
小池知事に対するゲストお二人の評価は、的確なものだと思いました。
こうした率直は発言が出来るこの番組は、貴重な存在だと思います。
これからも、他の番組との差別化を図りじっくりと掘り下げるというスタンスで、頑張っていただきたいと思います。

インサイドアウト、内側と外側の両方を

あかた:2017/04/27(木)10:45

「東芝危機」の放送は、とても良かったです。
現場の取材を続けている方とこの分野の制度に詳しい方の両方からお話を聴けて、久しぶりにこの番組らしい深みのある内容になっていたと思います。まさに、インサイドアウトですね。
また、八塩キャスターが積極的にゲストに質問されていたのも、良かったです。ぜひ、八塩キャスターの出演曜日を増やしてください。

日本とバングラデシュ

赤丸:2017/04/11(火)00:15

昨年7月1日、バングラデシュのダッカにてテロがありました。親日国で7人の日本人が犠牲になったことは大変残念に思います。
そこで、例えば7月3日の放送では日本とバングラデシュの関係や日本人出張者が心がけるべきことなどを報道していただければ幸いです。

期待しています

あかたつお:2017/04/09(日)22:38

「民進党前原氏の新戦略 成長に頼らぬ新政策は」には、とても期待しています。放送時間に見ることはできませんが、録画予約済です。
井手先生の主張に、とても共感しています。地上波は取り上げてくれませんが、この番組なら政策をじっくりと解説しながらゲストの本音を引き出してくれると信じています。
本当は、以前のように野党の政策をきちんと取材しているジャーナリストにも出演していただきたいのですが…

高齢化・貧困が日本に忍び寄る

オブザーバー:2017/04/05(水)22:21

武藤氏の「社会保障制度維持に経済活性化」の政策対応が「法人税減税」、これが最大の害悪。なぜなら、国民の消費能力・購買力の向上が最大の「経済活性化」の基盤だから。働けるうちは働いて稼ぎ、後は社会保障で安定生活、これら「人間生活の普遍的岩盤保証」の安定的政策化こそ、平和で豊かな社会建設の恒久化をもたらす自然人の「人道主義」であろう。企業・財界の「活性化」」が「トリクルダウン」で民衆に利益をもたらすという論理は、「法人・人道主義」」とでもいうべきもので、究極は「金銭利益の追求」による「成果誇張」に堕落し、国民・民衆の安寧秩序には、むしろ背反する歴史に帰着する。
 大多数の国民に,所得を保証する制度・政策を原理・原則とするなら、国内消費は安定的に向上し、事業者は売上上昇・納税額増大、従って、国庫も充足される結果となるという、シンプルな法則にこそ、真理の源泉が見いだせるのではないだろうか?