見逃し配信スタート! 昭和の名曲

ニュース・経済番組詳細

番組紹介

『あなたと考える10年後の未来』

10年後、あなたは何をしていますか?
10年後、あなたは幸せですか…?

この番組では「あなたと考える10年後の未来」をテーマに、別所哲也が旬のゲストをスタジオに招き、“生活者の目線”で、日本の未来がよりよくなるために必要な話を引き出します。別所哲也だから聞けること、別所哲也だから得られた答えを、10年後の私たちが幸せに生きるためのヒントにします。
そして最大の特徴は、「あなた」つまり「視聴者の皆さま」と考える未来。視聴者の皆さまの生活に即した生の声を紹介し、別所哲也、そしてゲストの方々とともに考えます。


未来先見塾 金曜日:寺島実郎の「未来先見塾」~週刊寺島文庫~
ニュースの背景などについて通常の報道番組では紹介しにくい世界の構造変化にまで立ち入り、その本質を探る対談番組。
各界の第一人者をゲストに招き、政治、経済、国際情勢、地方創生、科学技術など現代人に必須のテーマを徹底討論します。毎週金曜日の夜に、刻々と動く1週間を総括し、次の展開を探る視座を提供します。

企画・製作協力:(社)寺島文庫
http://www.terashima-bunko.com/

サポーター会員募集中!詳しくは寺島文庫HPをご覧ください。
http://terashima-bunko.com/bs11/bs11-supporter.html

出演者・スタッフ

別所 哲也

別所 哲也
月~木曜日
メインキャスター

八塩 圭子

八塩 圭子
月・火曜日
サブキャスター

中島 静佳

中島 静佳
水・木曜日
サブキャスター

寺島 実郎

寺島 実郎
金曜日
キャスター

中西 真貴

中西 真貴
金曜日
アシスタント

次回以降の内容

11月20日(月)
「公明党 議席減でブレーキ役は?」

ゲスト:北側 一雄(公明党副 代表)、角谷 浩一(政治ジャーナリスト)

衆院選で6議席を失った公明党。圧勝した自民党とは明暗が分かれた。党内や支持者からは、自民党との距離を見直すべきとの声もくすぶる。躍進した立憲民主党など野党再編の流れの中で埋没したとの指摘も。存在感を取り戻すためか、選挙後は、党幹部から憲法改正に前向きの自民党をけん制するような発言がつづく。果たして、公明党は安倍政権のブレーキ役を果たせるのか?そして、気になる連立のゆくえは?公明党の北側一雄副代表に聞く。


11月21日(火)
「石破茂氏 ポスト安倍の号砲は?1強おごりに異論あり」

ゲスト:石破 茂(自民党元幹事長)、伊藤 惇夫(政治アナリスト)

来年秋の自民党総裁選に向け、「ポスト安倍」候補の一人として常に名前が挙がるのが、石破茂自民党元幹事長だ。本人も「選択肢を示せるよう努力したい」と意欲をにじませる。しかし、石破派所属議員は20人と小規模。今後は他派閥との連携や世論をどう味方につけるかがカギになる。「いまの安倍政権は、自由な党内議論がない」と苦言のなか、石破氏はどんなビジョンを描き、自民党総裁の座に挑もうとしているのか。石破氏に聞く。


11月22日(水)
「森田実の言わねばならぬ!潔き宰相の引き際とは?」

ゲスト:森田 実(政治評論家)

衆院選大勝で続投、来年には自民党総裁3選も見えてきた安倍首相だが、課題は山積みで、国民からは飽きたとの声も...長期政権のメリット・デメリットとは?「潔き宰相の引き際」について、吉田茂首相以来、歴代政権の栄枯盛衰をウォッチしてきた政治評論家・森田実が鋭く解説する!「汚名」か「美名」かは引き際次第?鳩山一郎、田中角栄、小泉純一郎など歴代首相の「引き際」をパターン化し検証。辞めたくても辞められない?リーダーに課せられた後継者問題とは?安倍首相の「引き際」を大胆予想。


11月23日(木)
「危険な『隠れ高血圧』 メタボより痩せに注意」

ゲスト:新開 省二(東京都健康長寿医療センター副所長 医師)、松井 宏夫(医学ジャーナリスト 東邦大医学部客員教授)

サラリーマンには年に一度の受診義務がある健康診断。企業が行う健康診断で何らかの異常が見つかる割合は4割に上る。現在日本人にとって深刻ながん、心臓病、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、ほとんど自覚症状がない。しかし、こうした病気こそ「病気」に陥ってしまう前に生活改善で修正していく事が重要。定年退職後の在宅生活を過ごしているシニア世代は自分の健康管理をどのようにすればよいのか?そして会社というコミュニティから放置された多くの、特に「会社人間である男性」は老後の精神管理をどうすればよいのか?高齢者の健康管理の第一人者である東京都長寿健康医療センターの新開省二医師と、医療ジャーナリスト松井宏夫氏が退職後の心身の健康維持を提言する。


11月24日(金)
「世界同時好況と政治リスク」

ゲスト:白井 さゆり(慶應義塾大学総合政策学部教授)

アメリカを始め世界各国の経済成長が続いており、それにともない株価の高騰も続いている。北朝鮮の核開発やイギリスによるEU離脱など、世界では政治リスクが増す中、なぜ経済が好調で株高は続くのか?一方、トランプ大統領はアメリカの金融政策を担う新しいFRB議長にパウエル理事を指名した。これまで好調を維持していたアメリカ経済にとって今回の交代劇はどのような影響を与えるのか。日本も経済が好調で株高が続いているが、これはアベノミクスの効果なのか?また経済の好調な状態は2020年の東京五輪後も続くのか?慶應義塾大学の白井さゆり教授に聞く。

番組へのメッセージ

合計92件 最新の5件を表示

公明党 議席減でブレーキ役は?

おじゃる丸のプリン:2017/11/20(月)22:15

北側公明党副代表の報道ライブ拝見しました。憲法改正問題では、自民党も野党も改正ありきで進めていることに静観するしかないのかと思っていましたが、別所さんの丁寧な質問に、北側氏が、先ずは国民の同意を得られるかどうかです。と答え、与野党は議論するばかりで国民に対しての丁寧さが伝わって来ず、国民投票について軽視していると感じました。国民投票は、未だ行なわれたことがなく、北側氏の具体的で大変わかりやすい説明でなるほどと納得しました。公明党は、生活者の目線を今後もブレることなく、しっかりと自民党の舵取りをしてほしいと思います。

それでも安倍外交を評価できるか

きーの:2017/11/13(月)20:22

今回のトランプ米大統領のアジア歴訪に関して、トランプは中国にはもちろん韓国にもツイッターで感謝の意を示しているのに、日本にはそのような表現は無いそうです。ただ武器を売りつけて喜び、自慢しているだけです。
それでも安倍外交を評価できるのですか?

野党の政策をもっと紹介してほしい

あかたつ:2017/11/10(金)23:33

長妻昭さんが出演されるようですので、楽しみにしています。
野党の政策や国会での動きは、地上波(特にNHK)ではなかなか取り上げてくれません。
この番組がじっくりと紹介してくれることを、期待しています。
立憲民主党では、議員の数が少なくても、一人一人の議員が真面目に政策を考えていることが多くの人に伝わってほしいです。

報道ライブINsideOUT

sw:2017/10/18(水)21:38

イージスアショアが一番良いと思われますが、数年掛かるなら、F35Bを いずも や かが に搭載して1~2年の間に緊急に防衛能力を向上したら如何でしょうか。
航空自衛隊の滑走路は1本のものが多く、先日も那覇で航空機が滑走路上で故障し、スクランブルの障害になるのではと懸念いたします。
F35Bには短所もありますが、戦艦と組み合わせれば機動的に対処できるのではないでしょうか。
X2もイージスアショアも国産で出来れば最高ですね。
更に、宇宙部隊も創設されるようですが、日本の欠点は時間が掛かりすぎることです。
相手は待ってくれませんよ。
それまで、日本があれば良いのですが。

報道ライブINsideOUT

袋井シングル:2017/10/04(水)21:25

ギャラリー目線で思うことだが、写真撮影をフリーにしたらどうか?米国では最近寛容になっていると聞くが・・・・。