ニュース・経済番組詳細

番組紹介

『あなたと考える10年後の未来』

10年後、あなたは何をしていますか?
10年後、あなたは幸せですか…?

この番組では「あなたと考える10年後の未来」をテーマに、別所哲也が旬のゲストをスタジオに招き、“生活者の目線”で、日本の未来がよりよくなるために必要な話を引き出します。別所哲也だから聞けること、別所哲也だから得られた答えを、10年後の私たちが幸せに生きるためのヒントにします。
そして最大の特徴は、「あなた」つまり「視聴者の皆さま」と考える未来。視聴者の皆さまの生活に即した生の声を紹介し、別所哲也、そしてゲストの方々とともに考えます。


未来先見塾 金曜日:寺島実郎の「未来先見塾」~時代認識の副読本~
ニュースの背景などについて通常の報道番組では紹介しにくい世界の構造変化にまで立ち入り、その本質を探る対談番組。
各界の第一人者をゲストに招き、政治、経済、国際情勢、地方創生、科学技術など現代人に必須のテーマを徹底討論します。毎週金曜日の夜に、刻々と動く1週間を総括し、次の展開を探る視座を提供します。

企画・製作協力:(社)寺島文庫
http://www.terashima-bunko.com/

出演者・スタッフ

別所 哲也 八塩 圭子 中島 静佳 寺島 実郎 中西 真貴

別所 哲也
月~木曜日
メインキャスター

八塩 圭子
月・火曜日
サブキャスター

中島 静佳
水・木曜日
サブキャスター

寺島 実郎
金曜日キャスター

中西 真貴
金曜日アシスタント

次回以降の内容


2月24日(金)
「百貨店は復活できるか」

ゲスト:大西 洋(株式会社三越伊勢丹ホールディングス 代表取締役社長執行役員)

戦後日本の消費を牽引してきた百貨店。日本の経済発展の象徴として成長を続けてきた。しかし消費者ニーズが多様化し、ユニクロやニトリなど急成長を続ける専門店がある中、百貨店は近年売り上げが減少してきている。百貨店はかつてのように輝きを取り戻すことはできるのだろうか?
百貨店売上高トップで、日本百貨店協会の会長も務める三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長に、百貨店復活には何が必要なのか?また、三越伊勢丹の経営戦略について聞く。


2月27日(月)
「万全か テロ等準備罪徹底検証」

ゲスト:平沢 勝栄(自民党 衆議院議員)、宮坂 直史(テロリズム研究 / 防衛大学校教授)

国会に新たなテロ対策法案が提出された。その中で注目されているのが、犯罪を実行する前の段階で、逮捕などを可能にする「テロ等準備罪」だ。
世界各国でテロが多様化する中、インターネットを通じて急激に過激化する、いわゆる「ホームグロウン」型テロ等に、国内の現行法では対応できないという指摘がある。一方で、「テロ対策は現行法で十分」との声もある。安全保障と基本的人権を両立するという極めて難しいバランスをどう取るのか、テロ対策法の課題を探る。


2月28日(火)
「脱北?金正男氏殺害の真実は 「韓国亡命」引き金か」

ゲスト:辺 真一(コリア・レポート編集長)、鈴木 琢磨(毎日新聞 編集委員)

故金正日総書記の長男・正男氏が白昼にマレーシアの空港で殺害された。韓国の情報機関は、暗殺計画は5年前から存在し、この背後には正恩氏の指示があったと報告している。
もはや北朝鮮国内では、何の影響力もない正男氏が、なぜ殺害されたのか。そして、核・ミサイル開発に突き進む北朝鮮の政権内部では、いま何が起きているのか。
殺害事件の今後の展開と金正恩体制の行く末を専門家が分析する。


3月1日(水)
「大相撲新時代到来!注目の3月場所を占う」

ゲスト:旭道山(元小結 / コメンテーター 二宮清 純(スポーツジャーナリスト)

19年ぶりの日本出身横綱となった稀勢の里。ついに横綱としての初めての場所が間近に迫っている。
伝達式では「横綱としての名に恥じぬよう精進いたします」とシンプルな口上を述べたが、横綱は相撲文化を象徴する存在。常に優勝争いを求められ、不甲斐ない成績は、即引退を意味する。
ファンの大きな期待を背負う一方で、そのプレッシャーに押しつぶされることはないのか?そして、モンゴル勢3横綱も稀勢の里の連覇を簡単には許してはくれないだろう。新横綱・稀勢の里の相撲に注目する。
さらに、稀勢の里以外にも宇良や石浦など小兵ながら面白い相撲を見せてくれる力士が増えている。新時代が到来した大相撲、3月場所を占う。


3月2日(木)
「定年後しないと損?確定申告のすすめ」

ゲスト:本間 慶喜(税理士 / ファイナンシャルプランナー)

確定申告の締切まで、残すところ2週間。在職中は、所得税の計算・納税はすべて会社で行うため、馴染みのない手続きに戸惑う人も多いはず...。
しかし、面倒だと放っておくと、うっかり税金を払い過ぎていたということにもなり兼ねないため、正しく知ることが大切だ。
今回は、税理士・ファイナンシャルプランナーの本間慶喜さんをゲストに迎え、確定申告のイロハから、申告することで節税になる項目まで、年金生活者が知っておきたい情報を聞く。
また、近年急増している"還付金詐欺"から身を守るための予防策も伝授!
"老後のおカネ"を守るために、知って得する確定申告を学ぶ。

番組へのメッセージ

合計67件 最新の5件を表示

正月はよかったです。

にょっき:2017/02/19(日)23:00

投稿遅くなりました。正月の池澤さとし先生のインタビューがとっても良かったです。早く家に帰れた時は良質な特集が組まれて大変興味深く見ています。これからも頑張ってください。

東京都改革の討論について

デコポン:2017/02/15(水)21:39

小池都知事に是非やってもらいたいことg
都政の政策論は1番大切ですがそれに関わる議会議員が腐ってるのでは安全安心はできない
特に現自民党議員の反省だけでは大改革は不可能
小池さんの新組織に期待するしかない。

北原照久 様

夢追い人:2017/02/15(水)13:41

港町横浜!常に時代の先端を行く街に相応しい北原さん。2020年へ向けどんな発想で、どんな楽しい街作りを考えていらっしゃるのでしょう!とっても楽しみです。
教育、文化、街おこし等、そこに住む人たちが、夢と希望と感動いっぱいの、ワクワクできる社会を創って欲しいものです。
北原さん、その為の一役、大いに期待しています。

報道ライブINsideOUT

リーマン・シスターズ:2017/01/31(火)22:08

リーマンショックで世界景気が低迷し、2012年頃から拡大したのは世界の株価チャートで読み取れる。景気回復は世界同時進行で進んだ。アベノミクスでの雇用拡大とは言い切れまい。
日本は震災等で回復は遅れた。世界に対し大々的に金融緩和・原発安全宣言をすれば期待で円安・株高になる。宣伝効果はあった。一年程度の景気拡大はそれだけでも出来る。景気停滞は消費増税でなく宣伝効果が薄れたのかもしれない。ただし、原発安全宣言後も福島は混乱し第三の矢は出てこない。また、少子高齢化・団塊大量退職での人手不足は昔から懸念されていた。
企業にも家計にも金を使えと言う。このような事を言う時点で失敗だろう。また、異次元緩和でアメリカよりもユーロ圏よりもマネー供給は多い。歪んだ金融の副作用はこれから出てくる。
自世代の景気拡大の為に将来リスクを無視してないか? 失敗は認められないだろうが将来リスクも真面目に考えて欲しい。

報道ライブINsideOUT

伝説の投資家馬笛賭:2017/01/25(水)21:45

アメリカ大統領発言でソフトバンク・トヨタ等 世界の名だたる企業が対米投資を表明している。一方、日本はアベノミクスで円安誘導・企業減税しても投資話は余り聞かない。更に円安・減税を進めても新たな投資は余り見込めないだろう。
 企業は投資以上の利益が得られる事を見越し投資する。アメリカは人口も増加し、エネルギも食料も豊富な投資に値する国。日本は人口減少に突入し、資源も無く、アジアの中心から離れ地理優位性も無い。
日本は金融政策での見かけの高景気では無く、投資に値する魅力的な国にしなければならない。中国の失策(南シナ海等軍事強化・不自由貿易)での日本再浮上を待つのでなく、独特の文化、先進国としての技術優位性、女性・高齢者の高い労働意欲・世界有数の海等の隠れた資源がある。三本目の矢(成長戦略)はどうしたのだろうか? また構造改革が進まないが日本伝統の政官財仲間政冶を続けている余裕は無い。