番組一覧に戻る

アート・ステージ~画家たちの美の饗宴~[字]

アート・ステージ~画家たちの美の饗宴~[字]

 

番組紹介

名画コーナーでは、誰もが知るあの傑作から知られざる名画まで、時代も国も超えて多彩にご紹介します。
ナビゲーターのグローバーと美術監修・藤ひさしによる掛け合いも楽しく、作品や画家に関するエピソードも紹介。
トリビアな話題も提供し、幅広い美術ファンに楽しんでいただける番組をお届けします。

出演者・スタッフ

美術監修:藤ひさし(映像作家/美術コンテンツ・プロデューサー/一般社団法人日本美術アカデミー理事)
ナビゲーター:グローバー(ミュージシャン)
ナレーター:上村典子

過去のラインアップ

※画像にカーソルを乗せると内容が開きます。

第26回

マネ、モネ、ルノワール

「印象派の父」と称されるマネ。そして彼を兄のように慕ったモネとルノワール。若い...

内容を見る

第25回

ターナー

イギリス絵画最大の巨匠ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーは風景画家として...

内容を見る

第24回

ミレーとコロー

産業が発達し、社会が大きく変わる中、美術の世界でも新しい動きが。それまでの新古...

内容を見る

第23回

ジェリコーとドラクロワ

理性的な新古典主義が君臨した十九世紀のフランス画壇に、人間の感情を劇的に表現し...

内容を見る

第22回

ダヴィッドとアングル

フランス革命後、社会の枠組みが大きく変化したフランス。王侯貴族に愛されたロココ...

内容を見る

第21回

ベラスケス、レンブラント、フェルメール

「絵画の黄金時代」と呼ばれた、十七世紀ヨーロッパは、才能と個性に恵まれたバロッ...

内容を見る

第20回

ヒエロニムス・ボスとブリューゲル(父)

細密に描かれた画面を跋扈する不思議な生き物に、たくましく生きる農民たち。一度見...

内容を見る

第19回

ジョルジョーネとデューラー

古くから国際貿易都市として繁栄したヴェネツィア。この街では、フィレンツェとは一...

内容を見る

第18回

ラファエロ

溢れる才能を持ちつつ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロらからも真摯に学...

内容を見る

第17回

ミケランジェロ

レオナルド・ダ・ヴィンチと並び称される、美術史上の巨人・ミケランジェロ。絵画、...

内容を見る

第16回

レオナルド・ダ・ヴィンチ

イタリア、ミラノを訪れたら、必ず観ておきたい名物の一つが、レオナルド・ダ・ヴィ...

内容を見る

第15回

フランス絵画の幕開け フォンテーヌブロー派

芸術大国フランスは、ロココ美術や印象派、キュビスムなど常に新しい美の潮流を生み...

内容を見る

第14回

イギリス美術の幕を開けた巨匠たち

イギリスの美術は、ヴァン・ダイクやホルバインら、外国出身の画家たちが長年リード...

内容を見る

第13回

ドーミエ

革命後の十九世紀のフランスでは、それまでは「描くに値しない」と考えられていた庶...

内容を見る

第12回

転換期名画③ゴヤ

人類史上の大変革の時に、画家たちはどのように時代を描いたのか。全四回の「転換期...

内容を見る

第11回

転換期名画①ラファエロ

人類の歴史には、世界観を一変するほどの大きな転換期が幾たびも起こってきました。...

内容を見る

第10回

ジョルジョーネ

イタリア、水の都で花開いたヴェネツィア・ルネサンス。その立役者の一人がジョルジ...

内容を見る

第9回

青騎士

ロシア出身のカンディンスキーを中心に、ドイツのミュンヘンで結成された前衛的芸術...

内容を見る

第8回

モリゾとカサット

印象派を代表する女性画家・モリゾとカサット。画壇も社会も男性優位だった時代に、...

内容を見る

第7回

ハドソン・リバー派 アメリカ絵画最初の画派

十九世紀のアメリカで最初に誕生した画派は、「ハドソン・リバー派」と呼ばれていま...

内容を見る

第6回

神話の英雄

世界各地で語り継がれてきた神話は文化の礎であり、画家たちにとってはインスピレー...

内容を見る

第5回

小林清親

文明開化が進む明治時代に、江戸伝来の浮世絵に新たな命を吹き込んで、「最後の浮世...

内容を見る

第4回

オーブリー・ビアズリー

オスカー・ワイルド『サロメ』の世界を、退廃と官能が濃厚に漂うモノクロームのイラ...

内容を見る

第3回

カール・ラーション

スウェーデンの国民的画家といわれるカール・ラーションは、家族が食事を楽しむ情景...

内容を見る

第2回

アルノルト・ベックリン

十九世紀末から二十世紀にかけて大きな影響力を持った象徴主義の画家、アルノルト・...

内容を見る

第1回

カミーユ・ピサロ

他の印象派の画家たちよりも年長で、個性豊かな仲間たちのまとめ役だったため、「印...

内容を見る

番組へのメッセージ

合計7件 最新の4件を表示

 

きんぎょ鉢

西洋絵画が好きなので楽しみに拝見しています。ただ、最近番組の存在を知ったので、見逃した回があるのがとても残念です~。

2022/02/24(木)19:15

 

せかほし

以前他局で見て大好きだったこの番組がBS11でまた見れるとは!どうせ忘れているので(汗)再放送でも嬉しいです。

2022/01/05(水)09:58

 

サンドオイル

以前、突然、終わってしまったのでがっかりしていました。再放送であっても見逃した回もありますから楽しみにしています。

2021/12/28(火)19:35

 

ベックリン5世 part2

この番組は再放送ですね。過去の番組を調べました。新番組とはPRしていません。否、観たことがないからいいか、、、。さて、前回東京で観覧した有名画家は全て象徴主義であったことをこの番組を通して確認できたのだった。象徴主義画家は世界中に圧倒的多数います。まだ紹介もされず、観たこともない画家が、、、。世紀末芸術・アールヌーヴォーにも影響を与えた❢自然主義の反動だと❢ヒットラーが収集したとういのは略奪が正しい。ナチス時代、ユダヤ人やチェコ人等から略奪品は60万点以上と言われ、所有者や相続人に返却されたのは数点、6点程度に過ぎず、大半が焼却・破壊されている。 

2021/10/12(火)22:09

あなたにオススメの番組