番組一覧に戻る

アート・ステージ~画家たちの美の饗宴~[字]

アート・ステージ~画家たちの美の饗宴~[字]

放送時間
毎週土曜日 午後6時30分~6時55分

番組紹介

名画コーナーでは、誰もが知るあの傑作から知られざる名画まで、時代も国も超えて多彩にご紹介します。
ナビゲーターのグローバーと美術監修・藤ひさしによる掛け合いも楽しく、作品や画家に関するエピソードも紹介。
トリビアな話題も提供し、幅広い美術ファンに楽しんでいただける番組をお届けします。

出演者・スタッフ

美術監修:藤ひさし(映像作家/美術コンテンツ・プロデューサー/一般社団法人日本美術アカデミー理事)
ナビゲーター:グローバー(ミュージシャン)
ナレーター:上村典子

過去のラインアップ

※画像にカーソルを乗せると内容が開きます。

第3回

カール・ラーション

スウェーデンの国民的画家といわれるカール・ラーションは、家族が食事を楽しむ情景...

内容を見る

第2回

アルノルト・ベックリン

十九世紀末から二十世紀にかけて大きな影響力を持った象徴主義の画家、アルノルト・...

内容を見る

第1回

カミーユ・ピサロ

他の印象派の画家たちよりも年長で、個性豊かな仲間たちのまとめ役だったため、「印...

内容を見る

番組へのメッセージ

合計4件 最新の4件を表示

 

ベックリン5世 part2

この番組は再放送ですね。過去の番組を調べました。新番組とはPRしていません。否、観たことがないからいいか、、、。さて、前回東京で観覧した有名画家は全て象徴主義であったことをこの番組を通して確認できたのだった。象徴主義画家は世界中に圧倒的多数います。まだ紹介もされず、観たこともない画家が、、、。世紀末芸術・アールヌーヴォーにも影響を与えた❢自然主義の反動だと❢ヒットラーが収集したとういのは略奪が正しい。ナチス時代、ユダヤ人やチェコ人等から略奪品は60万点以上と言われ、所有者や相続人に返却されたのは数点、6点程度に過ぎず、大半が焼却・破壊されている。 

2021/10/12(火)22:09

 

ベックリン5世

偶然この番組を発見。食い入る様に拝見。『死の島』は有名だがヒットラーが収集した事は不知でした。ベックリンが象徴主義画家を再確認しました。思い出しました❢嘗て、東京の美術館でアンソール展やムンク、ハンマースホイ、ホドラー、ロセッティ、ミュシャ、大好きなクリムトを観覧しました。Fra印象派全盛期
の同時期にロシアやアメリカを含め、ヨーロッパ全域で印象派以上に広がった象徴派。特にFraのモロー、チェコのクプカ、英国のハント、ワッツ、ウオーターハウスは感銘鳥肌です。この番組継続しますよ。

2021/10/10(日)01:17

 

平凡画家

番組の再開。嬉しいです。
知人、友人にも知らせようと思います。

2021/10/08(金)06:17

 

岐子

15分遅れで放送に気づきました。再開嬉しいです。富嶽百景コーナーも懐かしいです。再放送のようですが、意外と覚えていないもので大変楽しめます。最近MXの映りが悪いのでBS11だとありがたいです。なかなか展覧会にも行けないご時世なので、今後も楽しみです。

2021/10/02(土)19:07

あなたにオススメの番組